ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ひこうタイプ


ヨミ: ヒコウタイプ
掲示板をミル!
332カキコ!
ポケモンのタイプ一覧 > ひこうタイプ
 「さあ わたし と ポケモンが おりなす
  かれいな まいを みせましょう!」 空を飛んでるエアームドやホウオウなど

ひこうタイプとは、ゲームポケットモンスターシリーズに登場するポケモンタイプの一つである。
他のタイプについては、ポケモンのタイプ一覧を参照のこと。

概要

種類は非常に多だが、タマゴグループや外見から見て、大まかに分けて以下の四つに分類される。

タマゴグループ「ひこう」のものを中心とする、鳥型ひこうタイプ

ピジョットエアームドネイティオクロバットサンダー


一部の例外はあるものの、いわゆる「ポケモン」が属し、ひこうポケモンの中でも最も数が多い。作中に登場するひこうタイプ使いはにこれらのポケモンの使い手である。序盤のむらにおいて、各地方独自のノーマル/ひこうタイプのポケモンが登場することが定番となっている。

ブレイブバード」「ドリルくちばし」等の強なひこうタイプの技を覚えることができ、また、多くのポケモンが「とんぼがえり」「ねっぷう」を覚えることができる。

タマゴグループ「むし」のものを中心とする、虫型ひこうタイプ

バタフリーガーメイルストライクメガヤンマグライオン


の成などの、を飛ぶが属する。大半がむし/ひこうタイプ。シナリオでは序盤に登場し、々に最終進化系まで達し、序盤では戦になるが、最後まで連れ回すには辛いとなっているものが多い。むしとひこうで耐性が思いっきり被っており、むしポケモンの中にはひこうタイプでないのに「はねやすめ」を覚えるポケモンも少なくなく、ひこうタイプであることによるメリット微妙

ではないので最大の威のひこう技は「つばめがえし」か「エアスラッシュ」となるが、タイプ一致「とんぼがえり」は強(というか本来の使い手は彼らだろう)。

タマゴグループ「ドラゴン」のものを中心とする、ドラゴン型ひこうタイプ

カイリューボーマンダリザードンギャラドスレックウザ


いわゆる「飛竜」や東洋の「」のイメージポケモンが属する。最終進化形になって初めて「ひこう」タイプが付くものが多い。どちらかというとと見たの印を合わせるためであったり、ステータスの高いポケモンに4倍弱点を付けるためにひこうタイプにされているような感はあるものの、どくびしを回避できたり、かくとうタイプに優位に立てたり、ダブル相方じしん打ち放題だったりと利点も少なくない。

やはりではないので「ブレイブバード」等は覚えられず、体が大きく、鈍重なイメージからか、「とんぼがえり」のような器用な技も覚えることは出来ない。

翼を持たないのにひこうタイプに属する、「風タイプ」型飛行タイプ

トルネロスボルトロスランドロスフワライドワタッコスピンロトムメテノテッカグヤ


いままでの3タイプと異なり、どう見てもく一見すると特性ふゆう」でもよさそうに見えるポケモン
特に、フワライドは「ふゆう」が多いゴースト系でありながらひこう複合で、スピンロトムに至っては特性ふゆう」である。
では、なぜこれらにひこうタイプであるのかと言えば、を飛ぶ際にを操っており、を使いこなせるからであり、スピンロトムの場合「ふゆう」で宙に浮きながら扇風機羽根を操っている。

ブレイブバード」などは当然使用できないが、「アクロバット」「そらをとぶ」などは使用できる。

タイプの特徴

エキスパートトレーナー

ハヤト ナギ  フウロ カヒリ
[画像を見る] [画像を見る] [画像を見る] [画像を見る]

タイプ相性


次へ»
最終更新日: 18/07/14 12:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ