ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ひょうきん懺悔室


ヨミ: ヒョウキンザンゲシツ
掲示板をミル!
18カキコ!

ひょうきん懺悔室とは、伝説バラエティ番組「オレたちひょうきん族」(フジテレビ)のエンディング前に放送さてていた名物コーナーである。


概要


番組収録時にNGを出した出演者やスタッフが懺悔室で神様による「○」か「×」の判定を受け、「○」なら吹雪、「×」ならをかけられてしまうというものである。

元々はあまりにNGが多すぎる出演者に対するめとして1983年より始まったコーナーであるが、後に出演者に限らずヘマをしたスタッフフジテレビ関係者らにまで拡大、スピンオフコーナーとして一般人に行われる「出張懺悔」のコーナーまで誕生した。
また、「ひょうきん族」での失敗のみならず、ひょうきん族出演者が他の番組やプライベートでやらかした失敗にまで懺悔の対が広がり、番組を問わず知られるようになった。

をかけられると後始末が大変(自分のならまだいいが、貸衣装だった場合は自前でクリーニング等を行う必要があった。)なため、なんとか判定を自らに有利なものにしようと、神様に賄賂(フルーツ盛り)を差し出そうとしたりする出演者も居た程である。また、せっかく「○」の判定を受けても、受けた後に余計な一言を言ってしまったがためにそのをかけられてしまう、といったケースもあった。

ただ、「(風邪を引くなどして)出演タレントの収録後のスケジュールに支障を来さないように」という配慮から、実際にかけるはぬるま湯が使用されていたようである。このことは島田紳助島崎俊郎が後に出演した番組で言している。が、まれに冷インクがかけられる場合があり、このときの衣装代はタレントが自で弁償させられていたというエピソードもある。

ちなみに神様を演じていたのはブッチー武者である。グレート義太夫ではないし、太シローでもない。

判定を下す間のBGM宇宙刑事ギャバンBGMギャバン変身(蒸着1)」が使われている。amazonで試聴できる。


ネタが使われた作品



関連動画



■sm13090856[ニコ動]

■sm5107053[ニコ動]
■sm16550086[ニコ動]
■sm32041105[ニコ動]
■sm2908246[ニコ動]
■sm1823266[ニコ動]
■sm12733592[ニコ動]


関連商品


■azB0001A7V9C
■azB00005FVBL
■azB00008MTZ6


関連項目



外部リンク



最終更新日: 19/08/20 16:55
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ