ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ふぅ(実況プレイヤー)


ヨミ: フゥ
掲示板をミル!
15738カキコ!
ほんわかレス推奨 ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしばしい論争が起きています。
コメントを書くときはスレをよく読みほんわかレスに努めてください。

ふぅ(実況プレイヤー)とはニコニコ動画にてゲーム実況動画生放送ブロマガ配信等を多面的に行っている男性アイドル実況プレイヤーである。

現在ユーザー名は「ふぅ[動]」(左記、ユーザーページへのリンク)。検索タグは「ふぅ(実況プレイヤー)」。

現在Twitterアカウントは、「https://twitter.com/Sage_who[外部]」。

2016年4月 ふぅチャンネル[外部]540円(税込)開設。同年9月に新規入会を停止し閉鎖するとのことを告知し、10月に入って閉鎖了した。

チャンネル跡地

http://ch.nicovideo.jp/Fooooooooon

■ch2620356

ゼロから、自由に楽しくゲーム実況をする氏のこれからにご期待ください。


概要



実況


2009年3月19日から動画投稿を開始し、アクションを始めRPG恋愛シミュレーションソシャゲーなど数多くのジャンルゲーム実況している。

ノイズ除去、カット倍速の多用、テロップ、SEの挿入、OPMADの制作など編集に特にを入れている。
"1回噛んだら画面にキス!!『キミキス』" [画像][動] や"1回死んだら即リタイア!『MHP2G』を『回復禁止+α』" [画像][動]
"【FF13トロフィー100%&やり込み解説【実況】"[画像][動]など縛りプレイを課すことも多い。
なかでもダークソウルRTA[画像][動]トロコン解説[画像][動]、対人講座[画像][動]など複数回実況シリーズ投稿好しており、数々の名(迷)言を生んでいる。

なお2014年3月現在、自称代表実況シリーズは"【FF13トロフィー100%&やり込み解説【実況】"[画像][動]である。

“やりたいようにやる”実況スタイルとは本人の談だが、その反面上手くいかなかった動画お蔵入り削除する傾向(初期の動画群、エルシャダイ関連、直近ではBloodborneDARK SOULS3)が見受けられる。

どういうわけか機材が都合の悪い時期に壊れたり調子が悪くなることがままあり、呪われているという噂もある。


人物


名前の由来は単純に一息ついた時にでるの「ふぅ」から。
実況者としての名前がなかった頃、視聴者によって癖を摘され決められた。

しかし本人は気に入っておらず度々ユーザー名・固定タグを変える傾向があった。
過去ユーザー名は「ぬたあん」「ファルシ=フゥ」「相対性理論」「ぱないの!」「幻想世界とガラクタの都市」など。) 

なお現在は、名無しwhoふぅ (2015/11/22より)だとっているが上記と矛盾する。

基本的にサボり・虚言癖責任転嫁の傾向があり、活動予定通りに活動することは稀である。
守れない期限を提示し続けることについて「いつも期限言っちゃってるから、まぁいいかなって」とのこと。

童貞彼女がおらず、自称そこそこのイケメン。熱心なファンはそのにじみ出る育ちのよさにメロメロ

自称「に衣着せぬ人物」で、好きな芸人として伊集院光を上げている。
ゲームソロプレイでやるものを好み、配信においてはラーメンゲーム漫画の話がループする。
普段の発言やコメントにその影が見て取れる、というか飛び出す言葉のほとんどが漫画セリフパロディである。「覇権」、「裏の計画」等々実態の分からない一昔前の厨二病じみたフレーズを好んで使う。

甘いモノが好きなようでアマガミ実況ではチョコホールケーキを食べるためにカルピス、ホットココアFantaグレープ味を用意している。

スマホゲームアプリはやらないと言っていたが宗旨替えをしたようで「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」にハマっており、数万円程度の微課金勢である模様。担当アイドル一ノ瀬志希さん。
ハマりようにはすさまじいものがあり、かなりのハイペースレベルをあげており動画も数点投稿している。
最近始めるきっかけとなった双葉杏の限定SSR獲得し、大奮。 彼女をはじめて使用した際には替え歌まで披露し、最終的にICO初見以来の涙実況となった。ファン必見の動画である。

■sm29213506[ニコ動]

艦これアカウントを所持しているがと電の区別がつかずやめたと発言している。

自身もよくゲーム実況動画を見ていて、おすすめの動画公開マイリス[動]にまとめている。

実況の題材になるゲームについて新作はやるべきではないというスタンスをとっていることもあるが、彼にとって”新作”である期間は半年~一年と安定しておらず、また自身は2012年3月15日発売の「風ノ旅ビト」をわずか一週間後の同22日にアップロードしたり、近年では2016年3月24日発売の「DARK SOULS III」を三ヶ後の6月28日アップロードしたりと、ダブルスタンダードめいた行動をとっている。(ただし風ノ旅ビトに関しては体験版+1ステージで終了させているため、一種の広報活動としての意味合いが高い)

これに関して「現状を覆すためあげられるのがエルシャダイダークソウル3しかなく、エルシャダイはやりこみに時間がかかるためダークソウル3を選択した」とのこと。

以前は自分の動画が気に入ったらマイリストしてほしいと常々り「結果」としての数字にこだわっている。
再生数を戦闘力か何かのように考えているらしく、極限ダクソの時の自分は強かったなどと発言していた。

あまりSNS活用していないとっていた時期もあったが、2010年頃は@OTLooorz(アカウント削除済み)のTwitterアカウントで診断メーカーの結果をツイートしていたりと、かなりのめり込んでいたようだ。
当時のツイートによればロリコン測定ったー[外部] の結果は「泣く子も黙るほどの、性犯罪を冒しそうなロリコン」である。
2015年より別のツイッターアカウント[外部]を取得、前述のデレステガチャ結果や動画チャンネル配信の告知に利用していたのだが、「染めない」として告知用に再取得していたはずのアカウントでの告知をしておらず、そもそもログインしていないと発言していた。なおTwitterで告知するつもりがないことを当該アカウントで周知させていないため、未だにTwitterでの告知を待っているフォロワーが存在している可性があった。

なお摘があったためかTwitterでの告知は再開され、今後こまめに更新されると明言した。
なぜか自己都合の延期でも謝罪しないかしても「申し訳。」などフランクな文面である。

その後このアカウントは爆破された。

本人く、ニコニコ市場ポイントプレゼントなどによるポイントで他実況者広告を行っていたこともあるという。

直接的・間接的問わず視聴者から銭を受け取ることをよしとしない義で後述の通りの活動を行っていたが、
ユーザーチャンネルの開設の折、ユーザーチャンネルでの有料コンテンツの拡充、クリエイター奨励プログラムを利用していくことをチャンネルブロマガにて宣言している。

2016年12月1日になり、3代目となるTwitterアカウント[外部]を新たに取得した。


ゲーム実況ランキング制圧騒動について


■sm27285739[ニコ動]

この動画てふぅ氏はスーパーマリオメーカーランキングを席巻しているために様々な問題が起こると問題提起した。

この論の是非はともかくこれに感化された一部の視聴者が関連ゲーム動画荒らしたことは事実であり、一部の動画投稿者が活動を休止ないし引退に追い込まれた事例もある。
また当該ゲーム及びメーカーについてある種のネガティブイメージが流行したことも否めない。

これに関して後にふぅ氏は「(当時人気実況者を3人あげて)彼らを批判したかっただけ」「自分の再生数が上がっただけでもいい」とある種の私がもとにあった炎上商法であったことを認めた。

この際ゲーム及びメーカーについて含みはないとっていたが普段より「オワリオメーカー」など蔑称をよく用いている上、発言自体がよくころころと変わるため信憑性は薄い。

20日には再度「オワリオメーカーはオワリオメーカーでしょ」と発言した。
24日にマリオメーカー動画投稿。しかし恒例の隠し文字ブームが過ぎたころにやっていくスタイルと発言しており、やはりゲームを「弾」と表現する性根は変わっていないようだ。

チャンネル取得により同じ立場になった彼らや風評被害をうけたメーカー及び新人実況者に対しての謝罪は今のところなく(”騒ぎになったこと”自体を謝罪することにとどまっている)、7月1日の生配信にて上記の実況者3名の動画して「当時も”それほど”荒れていなかったから」とあくまで自分に非はないという姿勢を崩していない。

後述するがやはり反省はなく「惑わされる視聴者が悪い」としている。


チャンネル開設後の活動に関して


チャンネル開設時に有料コンテンツをしっかりやっていく、というスタンスを明確にした。
これは以前までのスタンスと明確に異なっているとして批判が多く寄せられた。
ただし積極的に歓迎している層や動画クオリティが変わらなければ受け入れる層もまた多く存在していた。

■1460300971[ニコ動]

ここで動画は変わらずに投稿していくと宣言しているのだが投稿ペースが鈍化し、シリーズの即打ち切りなど約がほぼ守られていない。

初の公式出演である 【DARK SOULS】ふぅの12時間耐久トロフィーコンプチャレンジ【闘TV】 [外部]にて事前試走やチャートの詳細な確認を怠たり2時間以上の延長を行ったこと、延長の際の態度など仕事として活動していく者としての意識が薄弱ではないかという批判が上がった。

これに関連して6月20日ふぅトーク5(冒頭30分の無料放送)において運営からまだチャンネル収益が支払われておらず、意識は変わっていないと発言した。

またチャンネル開設時に有料コンテンツの配信曜日等を明言したのにもかかわらずそれを遵守しないことがままある。
これに関しては後述のチャンネル関連での問題行動を参照されたし。
7月13日以降水曜日の定期更新を守れないとのことからブロマガは不定期の4配信となるとのこと。

5月ごろには私生活の忙しさを理由に投稿活動の小休止を宣言しており、定職の繁忙期とチャンネルコンテンツ等で時間を取られること事前に予測できたのにもかかわらず「変わらない」宣言をしたのは不実であるというもある。
これについて「昔からいつも何ヶけてる」と発言したが、有料チャンネルを取得し責任ある立場にありながらまた継続中の動画が存在している状況での説明のない休止というのはか問題があるだろう。

また休止については有料コンテンツ内での告知に留まり、進行中だった動画の説明文は一ヶ以上に渡り変更されていなかった。(6月22日深夜現在投稿予定は7月上旬に修正されている)
それについてふトーク5にてTwitter同様ニコニコ投稿アカウントログインすらしていなかったと前置きしつつ、21日中に「トトリのアトリエ」の動画投稿の延期についての動画説明文の変更を行うと明言した。
ところが実際に修正されたのは22日であり、発言に責任を持てていない。
また後述の理由により投稿されるのか不安視されていた。

こういった動画チャンネル活動の休止・延期について18000人がフォローしているTwitterで告知しないことについて、「染めない」ことを理由としているが、そもそも前述のとおり5年前から利用しており、ガチャ報告などまでしているため到底「染めていない」ようには見えず納得できていない視聴者も少なくない。

またTwitter及び投稿アカウントに”ログインしていない”という発言についても、法事を理由とした延期の後に投稿されていたる実況動画に言及していることから、私用のアカウントにせよニコニコ動画アクセスできる環境と時間があったことは明であり、何故”ログインしていなかったのか”について一切説明はなかった。

最近のほとんどの告知は会員のみが見返すことが出来るチャンネル生放送無料部分でこそ告知しているがほとんどが有料部分なため非会員としては見に行きにくいブロマガで行われている。
現在Twitterでの告知が再開されたが、動画説明文Twitterという非会員も見やすいコンテンツでの告知を行っていなかったことについての説明はほとんど行われていない。

ふぅトーーク!8よりアーカイブの配信が決定した。


次へ»
最終更新日: 18/05/24 06:12
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ