ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ぷよぷよ


ヨミ: プヨプヨ
掲示板をミル!
648カキコ!

ぷよぷよとは、テトリスと並ぶ知名度を持ついわゆる「落ち物パズルゲーム」の一つである。

タイトル画面
♪ BAROQUE OF PUYOPUYO
ぷよぷよ
ジャンル 落ち物パズルゲーム
開発 コンパイル(ぷよぷよ~ぷよぷよBOX)/セガみんなでぷよぷよ~)
対応機種 MSX2、ディスクシステムファミリーコンピュータアーケードメガドライブゲームギアPC-9801スーパーファミコンFM-TOWNSPCエンジンX68000ゲームボーイWindows 3.1Windows 95Macintosh PPC、CX-100Panasonic U1Windows CEWii/3DSバーチャルコンソール)、S!アプリWILLCOM
発売日 1991年10月25日MSX2、FC-DS
アーケード版稼動 1992年10月

ぷよぷよ通』以降の作品、及び『なぞぷよ』等の番外的作品の詳細は各リンク先記事を参照のこと。
#ぷよぷよシリーズタイトル一覧

ゲーム内のキャラクターとしてのぷよぷよは次の記事を参照のこと。
ぷよぷよ(ゲームキャラクター)

概要

『ぷよぷよ』はそれまでのテトリス等に代表される「どれだけミスせず続けられるか」という一人用ゲームだった落ち物パズルに、対戦要素体のゲームシステムを取り入れたことで大ヒットした。
特にシリーズ2作の『ぷよぷよ通』は新しく追加された「相殺」等のシステムにより戦略の幅が広がり、1994年アーケード版稼動から17年以上経った今なお、全ぷよプレイヤー(通称ぷよらー)達により新しい戦法が研究・開発され、大会も開催され続けている。

かつては株式会社コンパイルが開発・発売していたが、な経営がたたり1998年に経営破綻。再建できず倒産してしまったため、現在株式会社セガが版権を引き継ぎ販売を続けている。

ニコニコ動画では有名プレイヤーによるプレイ動画がよくうpされる他、TAS動画キャラボイスや画像を他のゲーム・アニメキャラ等のものに差し替えた「差し替え」、ぷよぷよという題材をネタにしたMADや作品など較的多岐にわたる動画がある。
なお、差し替えについては別項で紹介されているのでそちらを参照にされたい。
ぷよぷよフィーバー
ぷよぷよ差し替え

ニコニコ最古の動画某出演者は当動画内で自身がアンチぷよぷよであることを言しているらしい。ぷよぷよするな!

作品共通の基本的なルール

横6マス縦12マスフィールドに2個1セットで落ちてくる様々な色のぷよぷよ(以下ぷよ)を積んでいき、同じ色のぷよを縦横4つ以上にくっつけて消すというのがシリーズ共通の基本ルールである。
また、4つくっついたぷよが消えることでその上に乗っていたぷよが下に落ち、再度4つくっついて消えることで起こる連鎖という現システムの根幹を成しており、ぷよの消した数や連鎖した回数に応じて相手のフィールドおじゃまぷよという4つくっついても消えないぷよを対戦相手のフィールドに降らすことができる。(おじゃまぷよは隣接した色ぷよが消える際にあわせて消滅する)
最終的にぷよが落下してくる個所(左3列)が上まで埋まってしまうとゲームオーバーとなる。

現在セガが出してる『ぷよぷよフィーバー』以降のシリーズではシステムが大幅に変わり、「フィーバーモード」等様々なルールが追加されているが、「同色のぷよが4つつながると消える点」「ぷよが消えると上に乗っていたぷよが落下してくる点」という基本的な部分について差異はない。

シリーズ1作目の『ぷよぷよ』

[画像を見る][画像を見る]

1992年10月AC版稼動。後にメガドライブを初めとし、当時流通していたほぼ全ての家庭用ゲーム機向けに製作・発売された。
ぷよぷよ通』以降の作品と区別するため「初代」「無印ぷよ」「ぷよ1」等とも呼ばれる。

CPUを相手に対戦し勝ち進んでゆく「ひとりでぷよぷよ」、プレイヤー同士で対戦する「ふたりでぷよぷよ」、どれだけの間プレイし続けられるか競う「とことんぷよぷよ」、与えられた条件でお題(○連鎖せよなど)をクリアしてゆく「なぞなぞぷよぷよ」(GG版と一部PC作品のみ。通称なぞぷよ)等のモードがある。

 ~プロローグ
魔導の書、時の書に記されているオワニモ呪文
の狭間へ魔物を消し去る究極の呪文の一つである。
だがこの呪文、この世に生まれてからただの一度も使われたことがない、とまで言われている。
難しいからではない。
使用価値がないからである。
なぜなら4匹の同じ色の魔物えなければ、
どこにもふっ飛ばすことができない難儀な魔法だからだ。
うーん、こじつけ。
しかし、封印にも似た長い眠りにあったこの究極の呪文にも、
つい日のを見る時がやってきた。
アルルよ、このぷよぷよ地獄
思う存分この呪文を使いまくってくれ!
たのむから!

メガドライブ版『ぷよぷよ』説明書より引用

AC版参考動画

■sm2935296[ニコ動]

ぷよ通以降の「相殺」(相手から送られたおじゃまぷよを打ち消す)システムがまだなく、相手からのおじゃまぷよを防ぐ方法が皆無だった。(5連鎖できればほぼ致死量であり、それ以上の連鎖はかえって相手へ付け入る隙を与えてしまうことになる。)そのため、この初代ルールにおいてはいかにすばやく相手を攻撃できるかの速攻勝負となる。(参考記事:ぷよm@s#初代ぷよぷよの特徴

後に発売されたシリーズのほぼ全作品にてこのルールで遊ぶことができる。

MSX2版・FC版(旧ぷよ)

1991年10月25日、最初に発売されたMSX2版とファミコンディスクシステム版(後にROM版も発売)にはCPUと対戦するモードはなく、「とことんぷよぷよ」「なぞなぞぷよぷよ」「ふたりでぷよぷよ」の3種類のみだった。

他にも

等々アーケード版以降のものと異なる点がいくつかある。

AC版等にべてあまり話題に上がらないため定まった呼び方はないが、AC版以降と区別する際はしばしば「旧ぷよ」「元祖ぷよ」「最初期ぷよ」等と呼ばれることもある。(ただし、現在では「旧ぷよ」と言えばコンパイル製の、「新ぷよ」はセガ製のぷよシリーズすことが多い)

プレイ動画(左:MSX版、右:FCロムカセット版)
■sm7511291[ニコ動]
■sm196913[ニコ動]

海外版ぷよぷよ(『Dr. Robotnik's Mean Bean Machine』、『Kirby's Avalanche』)

欧州向けに発売される際に、登場するキャラクターメガドライブ版、ゲームギア版、セガマスターシステム版ではアニメソニック・ザ・ヘッジホッグの、スーパーファミコン版では星のカービィキャラBGMにそれぞれ差し替えられた。しかし、どちらにおいてもブロックであるぷよぷよのデザインは変更されず元のぷよぷよの形のままとなっている。

↓参考動画(左:『Dr. Robotnik's Mean Bean Machine』(ドクターエッグマンのミーンビーンマシーン)、右:『Kirby's Avalanche』(カービィズアバランチ欧州でのタイトルは『Kirby's Ghost Trap』))
■sm13585959[ニコ動]
■sm4758536[ニコ動]

カービィ版の詳細は記事を参照のこと→Kirby's Avalanche

ぷよぷよシリーズタイトル一覧

シリーズ本編(ナンバリングタイトル)

ぷよぷよ通

[画像を見る][画像を見る]

シリーズ2作1994年9月AC版稼動。
相殺」「クイックターン」「NEXT2ぷよ」などの新システム追加により現在のぷよぷよシリーズの基礎が完成した作品。以降のほぼ全作品においてもこの「ぷよ通ルールで遊べる。機種によっては4人までの同時対戦が可
単に「ぷよぷよ」と言った場合、この「ぷよ通」のルールしていることも多い。

コンパイルによる公式大会(ばよえ~んツアー全日ぷよマスターズ大会 他)が大々的に行われたのがこの時期(1995年頃)からであり、ぷよSUNが発売された1997年以降も通ルールが採用され続けていた。

ニコニコにあげられている対戦動画のほとんどがこの通ルールによるものである。

詳細は記事を参照のこと→ぷよぷよ通

ぷよぷよSUN

[画像を見る][画像を見る]

シリーズ3作1996年12月AC版稼動。
連鎖中に巻き込んで消すことにより相手に送るおじゃまぷよの量が大幅に増える「太陽ぷよ」が登場。他にも主人公以外の各キャラクターにも連鎖ボイスカットインが追加され、演出が強化。見た手になった。
SUN以降で太陽ぷよルールが登場した作品は『GBぷよぷよ~ん』『ぷよぷよBOX』のみだったが、『ぷよぷよ!! 20th anniversary』にて実に11年ぶりの復活を果たした。

詳細は記事を参照のこと→ぷよぷよSUN

ぷよぷよ~ん

[画像を見る][画像を見る]

シリーズ4作1999年3月4日ドリームキャスト版販売。
ルールが特殊なものになる「ステージ」の概念が登場。また、逆転要素のある「特技」によりキャラクター毎にはっきりと性の差を持たせたぷよ最初の作品である。(これらのルールは定着する事はなかったものの、『ぷよぷよ! 15th anniversary』ではよ~んの遺跡ステージと類似した「はっくつ」ルールが登場する。)
この作品では「ちぎり」(組みぷよを横に置いたときに片方が落下するまでの時間)が遅い

作中イラストCGは、初代のぷよパッケージから多くのシリーズを担当してきたに代わり戸部淑がつとめている。また、SUNまではキャラクターボイスコンパイルの社員が担当していたが(PCエンジン版を除く)、今作ではプロ声優が担当している。

詳細は記事を参照のこと→ぷよぷよ~ん

ぷよぷよフィーバー

[画像を見る][画像を見る]

シリーズ5作2003年11月26日AC版稼動。
今作から倒産したコンパイルに代わりセガが開発・販売を行っている。

条件を満たすことで降ってくる「連鎖のタネ」が特徴の新システムフィーバーモード」が登場。組みぷよに3個組み、4個組みなどの種類が増え、またキャラクター毎におじゃまぷよのレート等の性質が異なる。これらのフィーバールールが以降の作品の標準ルールとなる。

登場キャラクター世界観も一新され、主人公アルルからアミティに交代した。

今作からCPUがより論理的に連鎖を組むようになったため、コンパイル時代の作品とは較にならないほど強くなっている。

詳細は記事を参照のこと→ぷよぷよフィーバー

ぷよぷよフィーバー2(チュー!)

[画像を見る][画像を見る]

シリーズ6作2005年11月24日プレイステーション2版発売。
基本的なシステムは『ぷよぷよフィーバー』と同じだが、対CPU戦でのみ使用可な「アイテム」が登場した。

新たな舞台・新キャラクターが登場、さらに各キャラクターからのメール博物館等の要素でフィーバーシリーズストーリー的広がりを見せた作品。コレクション要素もあり、それらを含めて攻略するのにはなかなかのボリュームがある。

詳細は記事を参照のこと→ぷよぷよフィーバー2

ぷよぷよ7

[画像を見る][画像を見る]

シリーズ7作2009年7月30日ニンテンドーDS版発売。
過去作品のルール(初代、通、フィーバーなぞぷよ)に加え、新ルールだいへんしん」登場。
このルールでは、「へんしんゲージ」をためることでだいへんしんモードに突入。 ぷよが小さくなることで相対的にフィールドが大きくなり、最大47連鎖まで可になる「ちびぷよフィバー」、でかぷよを素く連続で消すことで連鎖数が加算されていく「うわのせれんさ」が可な「でかぷよラッシュ」で一発逆転を狙える。このルールにおいてはぷよを高速に落とす「クイックドロップ」が使える。

今作では新キャラクターあんどうりんご主人公となり、舞台も「地球チキュウ)」に移行。『ぷよぷよ! 15th anniversary』にて復活したコンパイル時代のキャラクター達もそのままの流れで登場した。

詳細は記事を参照のこと→ぷよぷよ7


次へ»
最終更新日: 18/07/29 07:52
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ