ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ぷよぷよフィーバー


ヨミ: プヨプヨフィーバー
掲示板をミル!
113カキコ!

ぷよぷよフィーバーとは、落ち物パズルゲームぷよぷよ』のシリーズ第五作であり、コンパイル倒産後権利を引き継いだSEGAによって発売されたゲームである。前作まではコンパイルが開発していたが、今作からはセガが開発・発売をしている。

なお、この項ではぷよぷよとぷよぷよフィーバーを明確に区別する時は「ぷよぷよ」「フィーバー」と表現する。


概要


前作の「ぷよぷよ~ん」から物語舞台キャラクターを一新し、主人公アルルからアミティに取って代わった。

また、今作ではあらかじめ連鎖が起こるように組まれたぷよ「連鎖のタネ」がフィールド上で登場する「フィーバーモード」が追加され、大連鎖が組めないプレイヤーでも手軽に大連鎖を狙えるようになった。その一方CPUがより論理的に連鎖を組むようになったため、前作とべて大幅に強くなっている。


登場キャラクター



旧ぷよぷよとの主な違い



作風が大幅に変わった主な要因


ぷよぷよは元々(株)コンパイルが、同社が発売していた「魔導物語」に出てきたキャラクターベースにして製作した落ち物パズルゲームであり、一時期は落ちモノゲーの雄とまでいわれていた。ところが、1998年コンパイルの和議(現在の民事再生法、いわゆる倒産)の適用に伴い、「ぷよぷよに出てくる魔導物語キャラクタ」及び「ぷよぷよ」などの版権がセガに売却された。一方「魔導物語」の版権は、アイキを経てD4エンタープライズコンパイルハートに移った。

ぷよぷよ」と「魔道物語」は多くの設定が共通していたにも関わらず、版権を所有する会社が別々になってしまったため、ぷよぷよの版権を受け取ったセガ魔導物語の設定が利用できず、設定及びキャラクターを一新させる必要性が出てきた。(一方、魔導物語ではぷよぷよシリーズで登場するキャラクターが利用できなくなってしまったため、登場キャラクターが新規キャラクターに差し替わっている。)

上記の通り、ぷよぷよフィーバー以降の作品がこれまでのぷよぷよシリーズと大きく相違点が多いことから、旧作ファンから痛批判を受けているのが現状である。特に、動画内においてはフィーバーに対しての否定的なコメントが散見されており、フィーバーキャラクターに対する誹謗中傷を行うユーザーが後を絶たない。このようなコメントを見かけたらNGコメントに追加して視するよう留意しておきたい。


関連動画


ニコニコでは「ぷよぷよ」の項でも述べられているようにぷよぷよ差し替えが中心である。
詳しくは「ぷよぷよ差し替え」の項を参照のこと。

この他数にある連鎖ボイスMADに使いやすいようで、ランキングでも時々見受けられる。
もちろん上級者同士による対戦や形の良い連鎖の紹介など、プレイ動画も数多く存在する。


■sm4716322[ニコ動]

■sm5489722[ニコ動]
■sm7145945[ニコ動]
■sm15331756[ニコ動]


関連コミュニティ


■co663
■co8153


関連商品


■azB0002SZVPY
■azB00014N8ZO
■azB00020PWQK
■azB0002FQD68
■azB00014N90S
■azB00014N8ZE
■azB00067HN3O
■azB00014N912


関連項目



最終更新日: 14/08/08 11:52
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ