ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


へちょい日本昔ばなし


ヨミ: ヘチョイニッポンムカシバナシ
掲示板をミル!
51カキコ!

へちょい日本昔ばなしとは、すえ[動]氏による、角川ゲームス開発・運営DMM.comより提供されている艦隊育成シミュレーションゲーム『艦隊これくしょん~艦これ~』MMDユーザーモデルうめてんてーへちょ絵モデルへちょモデル)」を用いた、一連のMMD紙芝居シリーズである。


艦へちょとは


うめてんてーへちょ絵モデルへちょモデル)」とは、タワシP氏作成によるタワシ式CHAN×COミクベースに、鼻8P氏が蒼樹うめ氏の画に合わせて作成したMMDユーザーモデルである。

そのうち、艦これキャラクターを使用した動画に、「艦へちょ」というタグが付けられるようになった。

艦これでは、鼻8P氏のへちょモデルとは別に、namifrog[外部]氏作成によるタワシ式CHAN×COミク改造モデルが数多く開されていて、本シリーズでも、効率厨提督役として登場している(02[動]08[動])。

これらのモデルは、タワシモデルを共通のベースとしてはいるものの、あくまで艦へちょとは別系統のモデルなのでタグ付けには注意が必要である(namifrog氏ブログ記事[外部])。


すえ氏とは


艦これ動画を上げるようになる前は、『あずまんが大王』『けいおん!』音系MADに作成・投稿していた。

シリーズにあっても、随所にこれら日常系作品が元ネタとして顔を出していて、氏の情の深さをうかがい知ることができる。


概要、はじまりはじまり、じゃな


コンセプト

利根が、第六駆逐隊第七駆逐隊、あるいはの面々に、紙芝居を使って、古くから伝わる民話や童話をって聞かせる、という体裁をとっている。

登場人物に艦娘キャスティングしている点、史実ネタや、艦これゲームシステムおよび艦娘への批評をさりげなく盛り込んでいるという点で、艦これ二次創作にあたる。同時に、公式四コマ鎮守府アンソロジーコミック元ネタにした、いわば三次創作的な面も兼ねそなえている。

さらには、艦これとの親和性が摘される『機動戦士ガンダム』シリーズや、前出の日常系作品をふんだんに取り入れることで、そういった作品の二次創作をも兼ねるという、変幻自在なスタンスをとっている。元ネタがあまりに細部に入り多岐にわたるため、「ネタが多すぎてタグに困る動画タグがつけられることもあるくらいである。

音声および画面素材

り手担当の利根や、聴き手の艦娘だけでなく、紙芝居に登場する艦娘セリフもすべてSofTalk(いわゆる「ゆっくり声」)を使用している。

金剛の放置ボイスの節回し(10[動])や、龍驤芸人ばりのマシンガントーク14[動])など、ゆっくり声に対する“で抑揚に欠ける”という印を覆す、豊かな表現を見せる。

利根および聴き手の艦娘の画面素材は、利根第六駆逐隊に三毛また氏作成「ゆっくり艦これ」が、第七駆逐隊ドイツ艦にゆるこた氏作成「ゆっくりかんむす」が使用されている。

音楽は、艦これ本編で使用されている楽曲をメインに、元ネタの作品から選曲されることがある。

フォーマット

始めにり手の利根による導入があり、本編たる物語パートが続き、最後に聴き手の艦娘たちが感想を述べて終わる、という3部構成はシリーズを通して一貫している。

話数を重ねるにつれ、中核をなす物語パートの構成は変化していき、初期にあっては較的忠実に原作民話の流れを踏襲していたものの、やがて原作の内容は前半で消化し、後半に見せ場としてバトルシーンを据えるという、大胆な展開が試みられるようになった。

それにつれ、動画全体の尺も長くなり、初期にあっては10分に満たないものだったのが、10分えもしくなくなり、やがて20えのものも出るようになった。


むかしむかし、あるところに、レギュラーの登場人物がおったそうな


語り手と聴き手

紙芝居本編におけるスターシステム

紙芝居本編レギュラーが置かれることはなく、そのつど原作イメージに合った艦娘が起用されているが、ある作品に登場した艦娘が、初登場時の設定を踏襲して、後の作品に再登場することがある。
とは言え、必ずしも設定の引き継ぎがなされるわけではなく、ケースバイケースである。


各話リストじゃ、めでたしめでたし



次へ»
最終更新日: 19/04/13 00:37
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ