ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ほんこーん


ヨミ: ホンコーン
掲示板をミル!
369カキコ!

デフォルメほんこーん[画像を見る]

ほんこーんとは、ニコニコ動画で活動している女性歌い手の一人。


概要


香港出身で、ニコニコデビュー当時は中学6年生(香港の学制は小学校6年、中学校7年、大学3年)。現在中学卒業し、日本に留学中。

イラストが得意で、投稿した『歌ってみた動画の最後にサムネを兼ねた自作イラストを追加するのが恒例となっている。
また、不定期ではあるが過去ニコニコ動画での活動以前)の作品や生放送でのリクエスト画等をニコニコ静画に投稿している。[外部]

 デビューの頃は「外国人にしてはうまい歌い手」という評価だったが、今では「うまい歌い手」という評価で通用している。

その外国人とは思えない流暢な日本語の歌と、動画ラストコメント早口歌詞で見せるナチュラルなカタコト(舌たらず)のギャップが特徴。本人く「日本語はまだ勉強中」とのこと。
一方で英語の発音は香港公用語のひとつが英語であることもあってネイティブそのものである。


ニコニコデビューの経緯


小学生時代から日本漫画アニメに親しみ、「サクラ大戦」がきっかけで日本語を学び始めたり、中学生時代には同人誌を作成したこともあるなど、「小学生時代からのオタク(本人談)」。

2007年5月ごろからニコニコ動画も視聴するようになり、11月ニコ動上にアップロードされた「日本人が台湾人にお返しの組曲作ってみた[動]」に心を打たれたことから、自身も12月組曲『ニコニコ動画』を歌った動画投稿した。
本人は「1000人も聴いてくれれば十分」と思っていたこの動画10万再生える人気動画となり、これをきっかけに次々と「歌ってみた動画投稿していくことになる。


名前の由来


組曲動画内で使用された少女キャラクターが「ほんこーん」とつぶやいていること、ラストで「ほーんこーんでーす」としゃべっていることから。この少女香港特別行政区擬人化したキャラであり、区旗のバウヒニアモチーフとした飾りをつけている。

ただし組曲の時点では"香港人の私"と名乗っており、まだほんこーんは名乗っていない。
エンディングでの「ほーんこーんでーす」の台詞は「日本さまが台湾さまにうつつを抜かしているのに嫉妬している香港」という動画キャラ妄想台詞であり、動画投稿者としての生の台詞ではない。インパクトのある台詞であり、動画内のイラストの印も強い為勘違いしがちなので注意。

実際にほんこーんを名乗ったのは次回作の『【ニコニコ國際】「メルト」を歌ってみた【ほんこーんVer.】[動]』(ただし、この動画現在アップロード者削除している)からである。組曲での視聴者からのコメントでうp=ほんこーんが定着した為、本人もほんこーんを名乗るようになった。

ほんこーんの名が定着するにともなって香港擬人化キャラ「ほんこーん」もほんこーん自身の代理キャラとして認識されるようになっていくが、あまりに当たり役すぎたことから、後に歌い手「ほんこーん」を悩ませることになる。(この件は後述)


メルト


組曲発表後、メルトを4作続けて発表している。最初の動画メルトPVを作成するつもりが、時間がないので先に歌だけうpした動画とのことである。この後、メルトPV製作経過において50%ver., 完成版, 原曲ver.を順次発表。
ほんこーんの作成したメルトPVの画像はメルトの関連動画において多数使用されているため、ほんこーんの名前を意識したことがない人でも一度はにしたことがあるかもしれない。

ちなみにメルトから動画編集にはNNT団のあてっくす[動]が協。歌唱導も受けており、自身が「ほんこロイド」と呼称されるのにちなんで「マスター」と呼んでいる。


国際交流


【ほんこーん】「想い出がいっぱい」日本語と広東語Ver.を歌ってみた[動]』で、ほんこーんからの香港事情説明が聞ける(読める)。
動画内をフルに使い、文字でのメッセージも伝わる動画ある意味、ほんこーんの人柄が一番伝わってくる動画である。
がいらくパンダ氏kkryu)と友達になったこと、リアルパンダ氏に会ったこと等が報告されている。特にパンダ氏との心温まるエピソード視聴者え苦しむことであろう。世界が実際に近くなったことを共有してほしい。
広東での歌も披露。

この動画にとどまらず、ほんこーんは積極的に際交流を体現していく。
がいらくとは後日『【ほんこーん】「シアワセうさぎ(再)」を歌ってみた【がいらく】[動]』で共演。がいらく浮気リンクの一員になる。
また『【ほんこーん】「peace of the world」を歌ってみた【りる】[動]』で、韓国のりるとコラボを実現する。
【ほんこーんxENEx衣世乃】「pradera」を歌ってみた[動]』で、韓国ENE沖縄衣世乃とのコラボを実現する。
桜ノ雨プロジェクトにも参加している。


流星群


【ほんこーん】「ニコニコ動画流星群」を歌ってみた【国際】[動]』は、ある意味ほんこーん動画の集大成であろう。
どれだけニコニコ動画が好きなんだよ! といいたくなるくらい、ほんこーんのニコニコ動画に対する造詣の深さが滲み出ている。爆笑モノのネタ曲と、鳥肌が立つほどのガチ曲が適度にミックスされた名作
コメントでは組曲の頃からの成長に驚きのがあがった。

サービス精神

ほんこーんは視聴者に対するサービスも旺盛で、バレンタイン直前にアップした動画の最後に「ニコニコのみんなさん」あてのチョコの画像を挿んだことも。
それぞれの動画に使用される自作イラストには視聴者への突っ込ませどころを盛り込んであることが多く、楽しませてくれる。同人誌制作をしていた片鱗を伺わせるセンスを感じる。

オレオレ動画

ほんこーんの動画では、コメントにおいて「これはのことを歌っているんだ(描いているんだ)」という書き込みが続出する、いわゆるオレオレ動画になることもしばしばある。視聴者の醜態をニヤニヤしながら眺めるか、積極的に参加するかはあなた次第だ。

また、ニコニコ組曲系の動画では各県誘致合戦が繰り広げられるのが恒例となっている。

が、ほんこーん誘致タイムとなっており、ほんこーんを日本に、それも自分の地元に誘致しようというコメントで溢れるように。微笑ましいだが動画の雰囲気というものがあるので、他動画や他の時間帯でほんこーんを誘致をするのは控えるように心がけたい。


メディア取材


NHKの番組「ザ☆ネットスター!」からの番組出演オファーを受け、番組に出演する。
スタジオ内でインタビューの後、つきうさぎ[動]を生歌で披露した。ほんこーん本人は緊して実が発揮できずに不本意だったようだが、生でも高いレベルを伺わせる歌唱を披露した。
この番組のOPソングムゲンノホシゾラ」は本来初音ミクが歌うが、この回はほんこーんが歌ったバージョンが使用された(9月号OP[外部])。
また、番組収録の為に来日した際に他のメディアからも取材を受けている。

取材過程(開順)
開日 内容
2008.9.5 ITMedia News 「日本人が優しすぎるから」――ニコ動で“育つ”香港の歌姫[外部]
2008.9.5 上記記事がmixiニュース紹介される
2008.9.6(00:00) ザ☆ネットスター!9月号 放映 (ほんこーん版OP[外部])
2008.9.6 ねとすた9月号大反省会 開(その6[外部], その7[外部]に登場)
2008.9.9 講談社MouRa THE BIG BACHELOR'S NEWSニコニコ動画インタビュー 第7話 歌にを「ほんこーん」
2008.9.9 ニコニコ動画にて【ほんこーん】letter song練習中【MouRaBBN】[動]開(リンクは再アップされたもの)

一大決心


香港擬人化キャラ「ほんこーん」で動画投稿していたがファンをついているのではないかと心を痛めていたほんこーんは、番組出演を機に、顔出しで出演するという一大決心をする。

それに、「これが本当のほんこーんです。」と、皆に教えたいです。
今まで、香港擬人化キャラ「ほんこーんちゃん」の姿で投稿してたね。
キャラかわいいと褒められたのは、論嬉しいけど、
本当の自分は全然キャラに似てないから、皆にをつけてるみたいで、
これは嫌なんだ。
「本当のほんこーん」は泣きだし、緊しやすいし、いつも恥ずかしいし、
顔がすごく普通女の子です。
本気で私の歌を好きなファン達にをつけたくないんから、勇気を出して、
テレビデビューを受けた。

が嫌です。歌が大好きです。
普通な子でも、本当の姿で歌を続けたいんです。

これは私の決心です。荒らしが来るでも、後悔しない。

ほんこーんのブログ 2008年9月6日日記より一部抜し、引用

ザ☆ネットスター!9月号に顔出しで出演した結果、心コメントをする者もいたが、それ以上にほんこーんを応援するコメントが書き込まれた。ほんこーんは荒らしが殺到すると予想していたらしく、この温かい応援についてブログで"奇跡"と表現している。
今後のコメントは、擬人化キャラ「ほんこーん」にではない、歌い手「ほんこーん」に対するコメントとして素直に受け止めてもらえるといいと思う。(一編集者感想
また、メディア取材で多くの人のにとまったことで、新規にファンを獲得。動画再生数が急増した。


そして、組曲


2008年12月10日ニコニコ動画組曲『ニコニコ動画』投稿してから丁度1周年にあたるこの日に新作を発表。投稿作品は再び組曲『ニコニコ動画』だった。
イラストも歌唱も録音環境も1年前からの進化を感じさせる、動画を見る人を楽しませてくれる作である。
ちょっとしたほんこーん裏話を見られて思わずニヤニヤしてしまうであろう。


カレー


日本カレーが大好き。

【ほんこーん】letter song練習中【MouRa】[動]内でカレーイラストの横に『日本料理最高!』『カレー人間になりたい』と書いて「カレー日本料理なのか」という論争を巻き起こした。
日本料理じゃねー!」というコメントに反論すべく?、【ほんこーん】一周年記念に「組曲『ニコニコ動画』」を歌ってみた[動]で、堂々とカレーに関する自説を展開。自らのカレー好きを明らかにするとともに、日本カレー日本料理である
という根拠を提示した。そしてついに【ほんこーん】「カレーの歌」を歌ってみた[動]を歌うに至る。
二十歳の誕生日記念動画[動]ではカレーケーキなるものを料理する動画料理カテゴリから投稿している。


iTunes Store にてデビュー


2009年4月 iTunes Storeにてザ☆ネットスター!テーマ曲がiTunes Storeリリースされる事が決まり、ほんこーんは、第1期ねとすたテーマ曲「ムゲンノホシゾラ」(作詞作曲creazuma)を担当した。


CDデビュー


2009年7月 iTunes Storeリリースされた『ザ☆ネットスター』のテーマソングイベント限定でCDとして販売された。その中にほんこーんの「ムゲンノホシゾラ」も収録されている。ちなみにイベント当日、緊急来日したほんこーんが直接手渡しをした。(この時、ほんこーんはウェブマネーファンから貰いプレミアム会員になった)

そして2009年11月11日には商業CDデビューとなるミニアルバムつきうさぎ」がMOERから発売となった。詳細は商品記事を参照(→つきうさぎ[商品記事])。


生放送


プレミアム会員になった為か、ときおり生放送を実施している。
事前コミュニティブログTwitter等で告知を出しているので(タイムシフトされないこともあるので)生放送を聞きたい人は小まめに情報収集することを推奨。
2011年1月3日ニコニコ神社に参拝して生中継に映る。

代々木公園チャリティーライブ騒動


次へ»
最終更新日: 13/04/18 23:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ