ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ゆりかもめ


ヨミ: ユリカモメ
掲示板をミル!
42カキコ!

[画像を見る]

ゆりかもめとは新橋駅豊洲駅を結ぶ、"株式会社ゆりかもめ"の路線称である。

ちなみに「ゆりかもめ」の同音異義鳥類の方はカタカナ表記で「ユリカモメ」である。


概要


路線の正式名称は「ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線」であるが、この名称が一般に使われる事はほとんどい。むしろ称であるはずの「ゆりかもめ」が路線名をす言葉として日常的に用いられているのが現状である。

いわゆる「新交通システム」の一種であり、車両は高架上に設けられたコンクリート製の走行路(ガイウェイ)をゴムタイヤ輪で走行する。列車ATO自動列車運転装置)による人運転で運用され、各列車の運行状況は中央制御室で管理・監視されているが、有人運転も可であり、ごくまれに有人運転を見る事ができる。

開通当時臨海副都心地区は開発が進んでおらず、乗客数の不振が懸念された。しかし開通後東京湾大華火祭当てに客が乗り入れるようになり、建設後に当時の東京都知事の方策によりお台場臨海副都心地区の開発が急速に進み、またコミックマーケット開催地が晴海コンベンションセンターから同線沿線の東京ビッグサイトに移ったため、ゆりかもめは一転黒字路線になった。

特にコミックマーケット開催地変更の影は大きく、同イベント中に想定をえる数の乗客(3日間で約50万人)が乗り込んだ事によって路線途中で車両が自動停止、立ち往生する事故が時々起こるようになった。そのため当初は約7分間隔だったダイヤを年ごとに増便させ、現在は約4分間隔が日中の通常ダイヤとなっている。また、東京ビッグサイトでの大イベント開催時やお盆・大休暇の際は更に増便され3.5分間隔の高密度ダイヤで運行される。

また、2008年12月31日2009年1月1日は、ゆりかもめで初めての終運転が行なわれる。終運転での運転間隔は4~12分で、この種の営業運転としては高頻度である。

は「お台場から見た都心」が中心となり、前述お台場周辺の各種ビル群のほか、臨海地区や東京湾を一望でき、天気の良い日は東京タワー東京スカイツリーをも撃できるかもしれない。

2019年3月16日に船の科学東京国際クルーズターミナル駅に、国際展示場正門駅東京ビッグサイト駅にそれぞれ名の称を行った。


延伸計画


ゆりかもめの終点である豊洲駅は終端が左カーブして途切れているが、これは晴海・豊を経由して勝どき駅まで延伸する計画が存在するため。2013年現在は事業免許は未取得である。
なお、都心部と臨海副都心を結ぶ地下鉄計画が別に存在し、それと競合するため、2016年答申では見送りになっている。


イメージキャラクター


ゆりも」というイメージキャラクターがおり、ポスターパンレット等に使用されている。Twitterに登場することもある。
りんかい線りんかる君と一緒に映った動画もある。

ツイートを読み込み中です
https://twitter.com/yurikamome_info/status/961413919716794370[外部]
https://twitter.com/TWCAssociation/status/1202770578504966144[外部]

声優による音声ガイド


2006年度より、構内のバリアフリー案内機に声優によるアナウンスを導入した。
元々声優仕事の一つとして鉄道の自動アナウンスがあるものの、アニメなどで活躍している声優を各別々に起用した事と、それを全面に押し出してプレスリリースした鉄道事業者は、ゆりかもめが初めてであった。

この事は当時、アニメファン声優ファンの間でも話題になった。また、沿線で大イベント開催時(コミックマーケット等)には通常とは違うバージョンの音が流れる事になっている。バリアフリー案内機は乗車券売機、自動精算機、バリアフリートイレ等の近くに設置され、音に加え、案内機上部の点字と立体マップで触覚による誘導も可にしている。

なお、2008年フジテレビ催によるイベントお台場冒険王ファイナル」が開催された際、2008年8月1日8月31日までの期間限定で駅構内放送らびにゆりかもめの車内放送フジテレビアナウンサーが担当していた。担当アナウンサー等、詳細は後述の路線図を参照されたい。
但し、この駅構内放送に関しては、前述のバリアフリー案内機とは役割の異なる「構内アナウンス」の担当であった。


利用できるICカード系乗車券



路線図


 【例】  ■:乗り換え路線 ○:周辺施設
 ※全列車に停します。

 灰色背景は延伸計画区間です。途中は想定されるであり、実際と異なる可性があります。


次へ»
最終更新日: 20/04/20 20:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ