ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


らくだ


ヨミ: ラクダ

らくだとは落語の演である。正式名称は「駱駝の葬礼」(らくだのそうれん)。動物駱駝ラクダを参照のこと。

上方発祥の演だが、らくだという名前は東京で行われたラクダの見世物に因む。な演者に一世一代の大ネタと言わしめた笑福亭松鶴のほか、桂米朝治、古今亭志ん生三遊亭圓生といった顔ぶれであり、40分~50分に及ぶ大ネタとして知られる。

なお、なぜ登場人物(とは言っても死んでいるが)が「らくだ」なのかは、当時両の見世物で開された「らくだ」の印として、動作がゆったりとした役立たずの動物という見方がされていた(実際は暑さと燥に耐え、砂漠の船とも言われるほど優秀な動物である)ため、うすのろの役立たずを「らくだのよう」と形容していた時代があったことに因むらしい。


あらすじ


好きな暴れ者、渾名は「らくだ」、彼の長屋兄貴分の男がやってきたが、返事がない。彼が訝って中に入ると、彼はフグに中って死んでいた。速彼は葬儀をしてやりたいと思うがなどあるわけがない。そこに屋がやってきた。彼はしめたと思い、屋を捕まえ、部屋の一色を引き取ってもらおうと言い寄るが、断られてしまう。

ならばと男は、長屋番の所に遣わせ香典を回収するように命する。渋々ながら屋は番の所に行くが、番はあの厄介者が死んだときいて大喜び。赤飯代わりに香典を出すように長屋連中を集めてくる」と了承する。安心した屋も束の間、今度は大家料理を出すように言うのだ。

困った屋、その大家嗇で知られていたからで案の定「あんな一度も店賃をもらったこともない男にやるものはなにもない」と即座に断られてしまう。それを伝えるや兄貴も手を打ち、らくだの亡骸を文楽人形のように操り、”かんかんのう”を大家の前で演じるよう仕向けた。屋は乗り気ではなかったが、仕方なく演じるや大家はすっかりを抜かしてしまい、やめる引き換えに料理を手配してもらい、棺桶代わりに古い漬物を受け取って、らくだの遺骸を放り込んだ。

こうして2人で葬礼を始めようと、男は屋にを勧めようとする。彼は仕事中だからと断るが、「が飲めないのか?」と脅迫する。だが、それは飲めないのでなく、飲ませてはいけなかったのである。

一度飲むと彼は次第に態度が変していき、全に立場が逆転してしまい、とうとうお代わりのまで手配される始末。挙げ句に屋は踊りまで始めてしまった。


続き


大抵はこの辺りでお開きとなっている。実はこの噺は1時間以上あるのだが、下げがイマイチ蛇足気味なのでカットされることが多く、最後まで演じていた噺笑福亭松鶴、三笑亭可楽など少数となっている。ちなみに、その後の展開は以下の通り。

~~~

…ふたりともできあがってしまい、明日にしようと言っていた葬礼を本日中に済ませてしまおうと、く火屋(葬式場)に駆けつけようとする。二人は棺桶代わりの漬物を掲げ、陽気に歌いながら葬礼をしていたが、うっかり古い漬物の底が抜けており、らくだが姿をましていた。

二人は泥酔していたのもあり、そこにたまたまで酔って眠っていた生臭坊主を亡骸と勘違いして理に詰め込んでしまう。そして、火屋に投げ入れてしまい、はっとした坊主を熱さにを覚ました。

「ここはどこだ?」と坊主が尋ねると、ここは「火屋(火葬場)だ」と答える。坊主

「火屋でもいいからもう一杯よこしてくれ…」

~~~

このように、火屋と冷を掛けた地口落ちとなっているのだが、なんかイマイチな下げとなっているのも端折られる理由である。また、亡骸を手入れするときにで引きちぎったりとけっこうグロテスクな描写もあるので、そこも敬遠されている理由となっている。


かんかんのう


カンカン踊りという名称で知られ、江戸時代後期、長崎の人が堀江の盛り場で披露した唐人踊りに始まり、後に江戸や全にも広まる庶民的な踊りとなった。なお、漫画家あさりよしとおの「宇宙家族カールビンソン」というSF漫画でも、ヒロインコロナが、この「かんかんのう」を踊ろうとして、お母さんに「やめい!」と忠告されるシーンがあるが、今日「かんかんのう」といえば、落語の「らくだ」を連想させる、縁起の悪い(気味が悪い)踊りと誤解されている節がある。


関連動画



■sm9318372[ニコ動]

■sm6336125[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 19/04/21 10:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ