ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アイク


ヨミ: アイク
掲示板をミル!
673カキコ!

アイク

アイクとは『ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡』『ファイアーエムブレム 暁の女神』の登場キャラクターである。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズスマブラX以降)にもファイターとして登場し、『ファイアーエムブレム 覚醒』では本人ではない「魔符」がゲスト出演している。日本版の覚醒を除く全作品で萩道彦が担当。


蒼炎の軌跡


17歳(物語途中で18歳)のベオク(テリウス大陸における種族の一つ、いわゆる人間)。グレイル(旧名ガウェイン)、エルナ、ミストがいる。FEシリーズ初の民出身+名前に『ラ行が入っていない』主人公である。

牙族の住むガリア王出身だがその頃の記憶はなく、クリミアにあるグレイル傭兵団の砦に住んでいる。ゲーム開始時点では故人、も序盤にデイン【四駿】の一「漆黒の騎士」と対決し殺される。その後アイクは傭兵団の団長を継ぎ、デイン戦争に巻き込まれつつ、強大な宿敵・漆黒の騎士と何度もを交える。

想だが熱血で、熱くなりすぎてベグニオン帝国皇帝サナキに暴言を吐き命を危うくする事も。が好物。は幼少時からに直接稽古を受ける。はある事情からで戦うが、アイクに稽古をつけるときは利き腕とを使う。修行半ばで師であるを失うため、ソーンバルケく「基礎だけは固まっている」状態。

ユニット性能

専用クラスレンジャーロードで成長率は全体的に高め。専用武器はFE主人公伝統のレイピアではなく、リガルソード(性質はレイピア相当)。後半はラグネル
物語終盤は攻守兼ねる専用義『天空』とラグネルの性も相まり、マニアックでも無双なほど強くなる。
 
支援相手はティアマトオスカーセネリオレテ、リュシオン、ライ、エリンシア。ライは支援会話にて「おまえみたいな強引で直線な将軍、どこ探したって居ないって。『めんどくさい!突っ走る!』って どこが作戦だよそれって、呆れるばかりだ」と評している。

余談

ゲーム中はぶっきらぼうで熱いが、一部ムービーでやたらさわやかに変貌する。具体的にはセリノスの復活の「再生の」、エンディングの「結ばれし」。担当の萩の演技も相まり、あまりのギャップからユーザーに「きれいなアイク」などとツッコまれることが多い(ただし他のムービーでは本編同様の性格・の演技)。

開発初期の名前は「パリス」。この名のゲーム画像も発表当時開されていた。このパリスという名は、のちに発売される「覚醒」でアイクの子孫を名乗るキャラクターに引き継がれている。 → パリス(ファイアーエムブレム)


暁の女神


21歳。爵位を返上し、再び傭兵団の団長に戻る。
はベグニオン始祖・三雄の一人オルティナ用した二の一本で、本来ベグニオン至宝のため返還。爵位はいずれ返上するとエンディングでもセフェランに話していて、クリミアの功績で与えられた爵位も諸貴族の反発を嫌ったためか第二部の半年前に返上)。

炎から3年を経たことで、父親そっくりの筋肉質な体格になる。一方、礼儀や言葉遣いは相変わらずで、キルヴァス王ネサラにも「やたら態度のでかいベオク」と評された。

初登場は第二部終章のムービー(それ以前にも前説の回想炎の顔は出る)。ユニット操作は第三部から。第三部の主人公だが、エンディングでもミカヤと共に実質主人公扱いされている。

3年前にクリミアを率いてデイン勝利したが、これがベグニオンによるデイン隷属の間接的原因となり、さらには邪神復活という「大陸全土を巻き込む戦乱」の要因の一つになってしまう。でのアイクはこれら問題の清算と、ナドゥスで倒したはずの漆黒の騎士との決着が描かれる。

炎からクリアデータを引継ぎすると二周以降、アイクの過去に関するイベントが随所で発生する。WiiUだと引き継げなくなるため、アイクやテリウス物語をより深く楽しみたいならWiiで両作品プレイするのがおすすめ。

良く言えば的、少し悪く言えばやや戦闘狂の面が出始め、本人もある程度自覚しているらしく、漆黒の騎士生存が判明した際は「驚きよりも、と再び戦える喜びが勝った自分がいた」と仲間に吐露している。また、後の『if』でのゲスト出演の際も「自分は、どこか平和を望む気持ちより強者と戦いたい気持ちのほうが強い気がする」と己を述懐している。

ユニット性能

専用クラスは上級の勇者[ブレイブ]最上級の将[ヴァンガード]。専用武器はアロダイト(特効なし)、ラグネル物語途中から)。義(天空)は最上級で自動的に覚える。

支援ミストティアマトセネリオ、ライ。炎の引継ぎ次第で、これ以外の支援A相手から一人増える。

炎後半で大暴れした影か弱体化し、物理面に偏ったユニットとなる。
や守備などは相変わらず高く、物理戦なら強い。しかし幸運と魔防にができて魔法スリープ・必殺にとても弱く事故死しやすい。またフルカンキャラが多い中、このの影フルカンはなかなか難しくなっている。義『天空』の発動率も技の影が半減したため、炎のような謀な地雷戦法は厳しい。
炎ではクラスチェンジしてもだけだったが、では将になるとのようにが使え、両方SSにできる。

余談

ムービーではアイクの成長に合わせ萩の演技も変化し、全体的に勇ましい。特に初登場時の「処刑」は字幕セリフがなく「ぬぅん!」という掛けだけだが非常にインパクトがあり、動画コメントが「ぬぅん!」で埋まる。

エンディング二つ名は「蒼炎の勇者」。

ファンの通称は「ゴリラグズ」。「ゴリラ」の「ラグズ」でゴリラグズなのはプレイヤーなら言うまでもない。

これは見たゲーム会話によるもの。仲間にも驚かれた貌や、敵将に「を振るうだと?信じられん」、「の長よ」などと、ことごとく半扱いされたことに起因する(さすがにゴリラとは言っていないが)。アイク自身も竜王に「はベオクだが、あんたよりよっぽどラグズに近い」などと発言している。
FE関連スレでは日常的に使われるが、たまに本気で嫌う人も現れるため使い方には気をつけよう。


覚醒


アイク本人は登場しないが、蒼炎の勇者の伝説が伝わっている。また、他の歴代FEキャラのように魔符という形式で登場するダウンロードコンテンツマップがいくつかある。

アイクの代名詞ともいえる天空クロムが覚え、魔符を除くとルキナ、そのまたにも強制的に引き継がれる。一方でアイクの子孫を自称する男パリスは太陽と月を覚えているが、天空自体は習得できない。


ヒーローズ


配信開始時には実装されていなかったが、後に「蒼炎の軌跡」の英雄としてセネリオティアマトミストと共に実装された。

原作と同じく「ラグネル」「天空」を使用でき、前者は「射程2の武器で攻撃された場合でも反撃できる」、後者は「敵の防御を半分にしてダメージを与え、自身のHPを与えたダメージの半分回復する」という形で再現されている。

習得スキルは「攻撃する際、自身の攻撃値が攻撃先のユニットより高ければ義発動カウント+1」というを持つ「剛」。元々アイクの攻撃自体が高いので大体の相手なら適用でき、カウントが5と非常に高い天空を素く発動できる。
また、使いではしく「殺し」を引き継ぎせずに習得できる。おそらく原作で宿敵がを使用していたことに由来していると思われる。

総合的に、非常に攻撃的で扱いやすい部類のキャラである。「初心者応援英雄祭」ではピックアップキャラとしても登場しており、運営側もその強さを理解しているようだ。


英雄総選挙ver


ゲーム配信前に開催された企画英雄総選挙」では、「蒼炎の軌跡」のアイクが男性部門で1位を入賞した。(「暁の女神」のアイクも5位に入賞しており、めて人気の高さが伺える。)
それを記念して、他の上位キャラロイリンルキナと共に「大いなる英雄versionとして新たな姿で登場した。

アイクは「大いなる傭兵 アイク」として登場。彼のグレイルを彷彿とさせる衣装をしており、武器もかつてが使用していたウルヴァン」を使用する。
ウルヴァンは「敵から連続して攻撃を受ける際、2撃以降のダメージを8割カット」というを持つ。速さの速い相手からの反撃→追撃でも発動する他、強勇者系武器やダイムサンダにも較的強気に出られる。(なお、ウルヴァンは「蒼炎の軌跡」では登場こそするが使用はできず、続編の「暁の女神」終盤で使用可となる。)

習得スキルは、敵から攻撃された場合に義発動カウント+1する「金剛の呼吸」と、騎・飛行相手と戦闘する際に相手の強化を効にする「ベオクの加護」、ターン開始時に周囲2マス内の敵防御を下げる「守備の威嚇」を持つ。「騎〇の紋章」や「飛×の鼓舞」のような強化値の高い強化を化できるのは有難く、攻撃されることで天空を発動を速め、返しのターンで相手の防御を下げた上で重い一撃をお見舞いできる。


大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ


X以降収録されている「アイクのテーマ」とはの曲で、原曲名は「絆永久に」である。なお曲自体は原曲のまま。SPでは題名が原曲名に変更された。


『大乱闘スマッシュブラザーズX』


炎のレンジャー姿で参戦。本来レンジャーでラグネルは使わないが、エンディングでもレンジャーに戻っているためクリア後の設定か、あるいはスマブライメージ世界であることと公式絵はレンジャーが基準なのでそれらイメージが統合された結果か。デザインも少し変更され、衝撃波はゲームバランスを考慮してしに。

両手を片手で振るう剛腕の持ち」。重量20ラグネル・エタルドを二する女性オルティナって・・・

同作初出のデデデには劣るが、ドンキーコングクッパガノンドロフといった面々と同系のパワーファイターロイ・キャンベル大佐く「見た奢だが豪腕の持ち」。特に横スマッシュは隙がかなりデカいが強。全般的にトロいが、小技を使いこなせれば最である。

必殺技として天空も登場。原作にない掛けつき。当然だが太陽(回復)や月光(防御視)効果はない。原作は上から切り下して切り上げる二段攻撃だが、スマブラでは復帰技でもあるため切り上げてから切り下す。最後の切りふだ中で何度も切り付けるオリジナル技「大天空」。 


『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』


当初、前回のロイのように世代交代でリストラを懸念されたが、前作で好評だったのか、めでたく続投。出典・関連作品に『暁の女神』とある通り、装や体格が仕様に。

基本的な性質は変わりないが、Bワザ『噴火』の炎が「負の女神ユンヌ」との連携時のような炎になった。

相変わらずのパワーファイターだが、飛び道具が全くないことと、(本人含めて)カウンター持ちのキャラが増えたことから、突撃するだけでは苦戦しやすい。やはり隙の少ない弱ワザなどを絡めたり、相手の出方をうかがうのがカギになる。余談だが、後にDLCロイが復活参戦し、Xで世代交代した先輩と共演を果たした。さらに蛇足だが、ゲームバランスから原作の衝撃波が実装されなかった割には、後にやはりDLCで衝撃波を飛ばせる士のクラウドが参戦することになる。


『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』


カラーバリエーションとして仕様仕様の2パターンがそれぞれ4種類用意され、さらに炎とで音が変わるようになった(前者は若々しく、後者は野太く)。基本カラー仕様
どちらを選んでも体格は変わらないが、仕様を基準にしているためか仕様はちょっと頭でっかちに感じられるかもしれない。

モーションも立ち状態やダッシュなど一部が一新された他はやはり前作同様基本的な性質は変わりない。
やはりクラウドは衝撃波を飛ばせる一方でアイクは飛ばせない。
ちなみにダッシュモーションは『蒼炎の軌跡』でのグレイルVS漆黒の騎士ムービーで見せた走りが元ネタ


関連動画



次へ»
最終更新日: 19/08/19 10:50
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ