ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アイスリボン


ヨミ: アイスリボン
掲示板をミル!
8カキコ!

アイスリボンとは、2006年6月20日に旗揚げされた女子プロレス団体である。
事業運営有限会社ネオプラス、アイスリボン事業部が行っている。


概要


2006年3月20日に始動した格闘演武研究会『ホットリボン』としてのファンクラブ活動を経て、同年6月20日に正式旗揚げ。当時は通常プロレスリングを使用せず、低反発マットの上で試合を行っていた。
(通常のリングと違い、ロープやコーナーポストが存在しないため、上位選手に相当なプロレスめられる。)
この形式によるメリットは、『持ち運びが容易』、『予算削減』、『観客との距離が狭まる』など。
同年末にはこの低反発マット東京の雑居ビルの一室に設置した常設会場を設ける。
現在でも、このマット出張行で用いられている。

2009年に入り、埼玉県に一回り小さいリングが設置された場兼試合会場「レッスル武闘館」を開設。全機から移転。同時にDVDやアイスリボンが制作に協した映画などで関わったネオプラスによる法人事業に移行する。元々ネオプラスは本業であるネットコンテンツビジネスと並行して、大日本プロレスをはじめとするプロレス映像制作に携わっており、満を持してのプロレス業界本格参入となる。

同年8月には後楽園ホールに進出。更に大阪名古屋札幌仙台長野地方行も開催される様になる。地方行は単独行の他、大日本プロレスや、大阪プロレスなどの地元インディー団体との合同行になる事もある。
2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)による建物の損傷で閉鎖された後楽園ホールの再開一発となったのも、同年3月21日のアイスリボン・大日本プロレス行となった(福島第一原発事故の影節電しながらの大会となっている)。

出張行も頻繁に行われており、前述のマットでの試合は論、リングを使っての試合も行われている。但し、アイスリボンには、「場外に出た場合に20カウント以内に戻らないと失格」というルールがない為、これを利用した場外乱闘(とあるブログではこれを「大戦争」と呼ぶ)がある意味名物とも呼べる。

選手の年齢層は従来の女子団体よりもかなり幅が広い。
当時存在した異色女子プロ団体『』から移籍したさくらえみをはじめ、
アイス生え抜きの現役中学生レスラーであるりほ、元引きこもりという経歴を持つ琴などが在籍。
最近ではりほと同じ中学生選手のつくしデビュー当時小学5年生のくるみなどの若手などもデビューし、
主婦、芸人などが参戦する団体の層により厚みが増した。
技量では他団体の選手に劣るが、独自の選手管理システムによる定着率が高いのも特徴で、
現在USTREAM専門の生団体『19時女子プロレス』の選手を含めると在籍人数は20人以上。
2009年にはさくらえみ選手代表が2003年から該当者なしが続いていた女子プロレス大賞を受賞しており、
今最も勢いに乗っている女子プロレス団体ともいえる。

2011年8月からはニコニコ生放送でも同時中継を開始し、そして10月にはアイスリボンchが開設、
同時に放送を公式からチャンネル放送に切り替える。

2012年1月7日に、団体創設者で選手代表でもあったさくらえみが退団。さらに、選手であったRay、りほ、帯広さやかも離脱。藤本つかさが新選手代表となる。この危機的状況によって一時は集客も伸び悩んだが、その後も新人を次々にデビューさせており、勢いを取り戻しつつある。

2013年藤本志田光の「マッスルビーナス」が団体を引っり、他の選手がそれに食らい付いていく構図となっていたが、志田2014年3月に退団。
これと前後して団体は、藤本世羅りさを中心に、フリーランスから複数団体所属契約で合流した紫雷美央を加え、「団体」をスローガンに掲げ、を拡大。2014年2月に記録的大で開催が危ぶまれながらも仙台での大会を成功させると、3月21日大日本プロレス博多スターレーン大会で初めて博多での試合(WAVEとの対抗戦)を敢行。5月6日横浜ラジアンホール大会でニコニコプロレスチャンネルで生中継されたニコ生実況鈴木健.txt、解説:須山浩継、休憩ゲストアブドーラ小林)で、メジャー団体が持っていたニコプロニコ生総合視聴者数を更新タイムシフト含めて6704人が視聴)。更に5月中のマッチ均入場者数が100人を記録する。8月中旬の後楽園ではつくしが全面的にプロデュースし、10代もしくは若手が中心となった行を開催。この大会以降、「鎖国」と称して他団体交流を基本的に断っていたスターダムとの本格的な交流を開始。そして12月28日、JWP行として行われた後楽園ホール大会では、アイスシングル王座ICE×王者・藤本つかさと、JWPシングル王座JWP認定差別級王者・中島安里紗、それぞれの次期挑戦者に名した事を受けて、で王者・挑戦者を入れ替えてのタイトルマッチをそれぞれの大会で実施するという初めての試みが行われた(この2大会もニコプロニコ生中継)。

そして団体創立10周年となる2016年5月4日横浜文化体育館で、団体最大のビッグマッチを敢行。1552人の観衆を集め、成功を収めた。


所属及びレギュラー参戦選手



スタッフ


団体代表:佐藤肇(有限会社ネオプラス代表取締役社長
広報:牛木美郷
フェリー佐藤一・斉藤一二三MIO紫雷美央
リングアナウンサー:千 ・山口ルツコ


団体の所持する王座



関連チャンネル


■ch16


関連動画



■sm10436085[ニコ動]

■1318920073[ニコ動]


関連商品


■azB003SLPFVC
■azB00343DD6I

■azB00363TTAA
■azB003439LZ0


関連項目



外部リンク



最終更新日: 16/05/15 10:11
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ