ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アイドルマスター ミリオンライブ! Blooming Clover


ヨミ: アイドルマスターミリオンライブブルーミングクローバー
掲示板をミル!
18カキコ!

アイドルマスター ミリオンライブ! Blooming Cloverとは、「アイドルマスター ミリオンライブ!」のコミカライズ作品である。

作者は稲山覚也。KADOKAWA刊「電撃マオウ」にて2017年5月号から連載中。


概要


矢吹可奈北沢志保の2人をメインに据えたストーリー漫画

対照的な2人の関係と、箱崎星梨花高坂海美を加えたユニットClover」の活動を軸に、アイドル一人一人のパーソナリティステージに懸ける思い、彼女たちを取り巻く人間模様を丁寧に描いていく。志保の美のなど、本作で初めて詳細が描かれた設定のみの登場人物もいる。

連載開始に先駆けて、2017年4月号に予告編として第0話が掲載された。こちらではミリオンスターズ37人の顔見せと可奈と志保の対がされている。

第6話から連載開始後に配信開始した「アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ」で新たに登場した青羽美咲桜守歌織白石紬が登場し、登場人物の名前表記も「シアターデイズ仕様に変化した。単行本では1話からこちらに統一されている。

電撃マオウBlooming Clover特設サイト[外部]で0話〜3話全編が開されているほか、4話〜最新話の試し読みができる。現在は「シアターデイズゲームメニューのナビ>コミックからもURLアクセスできる。

連載開始時点で「電撃マオウ」誌では「ぷちます!」「アイドルマスター SideM ドラマチックステージ」「アイドルマスター SideM 理由あってMini!」が連載されており、本作を含めてアイマス関連作品が4作同時に掲載されることになった。


登場人物



ミリオンスターズ


765プロライブ劇場シアター)をホームに活動する、765プロの新人アイドル達。可奈のみ審で揉めたため1ヶ遅れての初顔合わせになった。

Clover

本作の中心となる4人によるユニットリーダーは志保。

矢吹可奈矢吹可奈

第1話から登場。

小さい頃からアイドルに憧れていたものの自分がなるのは理だと思っていたが、765PRO ALLSTARSライブを見に行って心を動かされ、ステージを夢見るようになった。

オーディション評価は10段階評価でダンス2点、歌0.5点で本来不合格のレベルだが、聴く人を笑顔にするを認められて合格となった。

北沢志保[画像]

第1話から登場。

一人前のアイドルになるためにストイックに練習に励んでいるが、周囲を遠ざけがちなところがある。

が伴わない可奈への印は良くなく、彼女の歌を聴いても一人だけ笑顔にならなかったが、プロデューサーに可奈の導係に選ばれてしまう。

本作で初めて幼少期のとの記憶が描写されたが、同時に厳しい現実も暗示された。の顔と名前(陸)も本作で初登場。

箱崎星梨花[画像]

キービジュアルに登場。本編初登場は第2話。

可奈の初ステージでは志保を含む3人でバックダンサーを務めるも、3人って転んでしまった。

世間知らずでアイドルライブの事もよくわかっていなかったが、自分が知らない世界を知るためにオーディションを受けた。可奈に誘われて先輩達のステージを見て、アイドルに憧れを抱く。

高坂海美[画像]

第1話から登場。

初めて劇場を訪れた可奈を案内し、765PRO ALLSTARSステージへの憧れで通じ合う。

Cloverではユニットお姉さん役として4人を引っる役割を期待される。

本作ではバレエの経験がクローズアップされる場面が多い。プロバレエダンサービジュアルも本作で初登場。

トライスタービジョン[画像]

第8話で結成された新ユニットの一つ。ユニット名の由来は原作で3人がって写っている恵美カード名から。3人で行動する場面はゲームでもよく見られるが、本作で初めてユニット名がつけられた。リーダーは琴葉。

田中琴葉[画像]

第1話から登場。

所恵美[画像]

第1話から登場。

島原エレナ[画像]

第4話で紹介。

に相談され、緊を解消する秘としてステージを楽しむ気持ちを伝える。

ダブルエース

第8話で結成された新ユニットの一つ。リーダー奈緒。第11.5話として2人が役の番外編が掲載された(通常回より短いが20Pある)。

横山奈緒[画像]

第4話で紹介。

事務所オーディションを前に悩む可奈を見つけ、彼女の特訓にを貸す。

佐竹美奈子[画像]

第5話で紹介。

シアターデイズ」で触れられた一緒にオーディションを受けた友人二人も度々登場、アイドルになれなかった二人の気持ちを背負い、応援を受けてステージに向かっている。

シグナル

上述の3ユニット半月前に活動開始したミリオンスターズ第1弾ユニットユニット名の由来はそのまま信号機トリオと思われる。リーダーは静香。

最上静香[画像]

第2話で紹介。

可奈の初ステージでは奈と共にメインを務めた。

ユニットリーダーとして先に活躍を始めていることで志保に意識されている。

物語の裏で彼女の問題も小さな進展をしていたことがられる。

伊吹翼[画像]

第3話で紹介。

先輩の中でも美希に憧れており、共演した際の経験から彼女を「美希先輩」と呼ぶようになる。

原作ゲームでもから美希への呼称は初期のみ異なり(LTP06発売後に描写を拾ったと思われる)、本作で初めて切っ掛けが描写された。

春日未来[画像]

第8話で紹介。

合同レッスンの後、落ち込んだ様子の可奈を心配して春香に相談した。

舞台でも物怖じせず、劇場でもアイドル達の輪の中心であり、落ち込んでいた可奈を気後れさせるが、未来は自分にはない可奈のを認めている。

その他のアイドル

百瀬莉緒[画像]

第1話から登場。

初登場時はプロデューサーの手伝いをしており、可奈にプロデューサーと勘違いされた。

プロデュースの方針を明かされるなど、何かとプロデューサーとの距離感が近い。

二階堂千鶴[画像]

第1話から登場。

第7話と第8話の間にメインの短編が掲載された。単行本1巻におまけとして収録されている。

ロコ[画像]

第1話から登場。

北上麗花[画像]

第1話から登場。

可奈の初顔合わせの日に彼女の歌を聴き、可奈が初めから持っている才に気付いていた。

望月杏奈[画像]

第2話で紹介。

可奈と志保よりステージで歌っており、初ステージを前にした可奈に「うすかった」と感想を伝えた。

真壁瑞希[画像]

第2話で紹介。

篠宮可憐[画像]

第3話で紹介。

先輩達と共演したステージでは緊から固まってしまうが、律子にフォローされた。

中谷育[画像]

第4話で紹介。

下校途中の制服姿が本作で初登場。率直な感想で可奈にダメージを与えつつも、可奈の上達法に悩む一同を持ち前の前向きさで元気づける。

3ユニット合同ライブでは勉強のため環と一緒にこっそり客席に座っていた。

七尾百合子[画像]

第4話で紹介。

可奈の特訓に協し、本の知識で上達の糸口を見つける。

豊川風花[画像]

第5話で紹介。

理をしすぎる志保に元・看護師の顔を見せる。

徳川まつり[画像]

第6話で紹介。

志保を応援する可奈の姿を見て、ライブの土壇場でを通す。

桜守歌織[画像]

第7話から登場。

初登場時から歌唱を披露して志保に焦りを抱かれるが、大人っぽい彼女に逆に憧れを抱いて戸惑わせる。

音楽講師の経験を買われ、可奈を導することに。ステージに向かうと活発で邪気な顔が出る。

白石紬[画像]

第7話から登場。

初めて劇場に向かう際にで偶然可奈に出会った。彼女の歌のの当たりにし、憧れを抱く。

彼女ネガティブな言葉に対するプロデューサーの反応はゲームプレイしていると共感しやすいもの。可奈を始め、アイドルに対しては率直に賞賛している。

大神環[画像]

第7話で紹介。

歌織の初舞台の日に憧れていた歩と一緒にステージに上がることを楽しみにしていたと話し、歌の練習で悩んでいた彼女ダンスも歌も楽しむ気持ちを気付かせる。

野々原茜[画像]

第8話で紹介。

合流が遅れた歌織導係を務める。ファンの前でく姿に加えて、ゲームでは中々見られない気持ちの翳りも印的に描かれている。

3ユニット合同ライブでは当日がステージデビューと一緒にオープニングを務めた。

松田亜利沙[画像]

第8話で紹介。

ユニットのために何ができるか悩むファン線からエールを送る。

高山紗代子[画像]

第8話で紹介。

可奈の歌の特訓にを尽くす。

オーディションに連戦連敗で後がない状況で765プロオーディションを受け緊ガチガチだったが、先にオーディションを受けていた可奈の歌ので緊が解けて合格できたと彼女感謝している。

舞浜歩[画像]

第9話で紹介。

美のダンスの才を理解し、バレエをやめてアイドルを選んだことに後悔がないのか問いかけた。

苦手な歌のレッスンに苦労する中、歌織のレッスンとステージ、環の言葉で歌を楽しみたいと思えるようになる。

馬場このみ[画像]

第11話で紹介。

学生組から相棒の莉緒までフォローを欠かさない最年長。

永吉昴[画像]

第11.5話で紹介。

悩んでいる様子の奈緒に気付いてキャッチボールに誘った。奈緒適当につけられたと思っていたユニット名の「ダブルエース」を野球の用と解釈し、美奈子の気持ちを怖がらずに受け止めるように勧める。


765PRO ALLSTARS


765プロダクションが世に送り出した今をときめ大人アイドル達。今でも事務所に集まることが多いため、劇場を中心に活動するミリオンスターズと顔を合わせる機会は少ないらしい。


次へ»
最終更新日: 19/06/27 09:38
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ