ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アイドルマスター ライブフォーユー!


ヨミ: アイドルマスターライブフォーユー
掲示板をミル!
23カキコ!

『アイドルマスター ライブフォーユー!』 (THE IDOLM@STER Live For You!、略称:L4U!) は、2008年2月28日に発売したバンダイナムコゲームスが発売したXBox360専用ゲームである。

もしかしてL4D
…それとも:P4U
573プロなら:B4U
好き者ね…:F4U[外部]


アイドルマスター ライブフォーユー!』 (THE IDOLM@STER Live For You!、略称:L4U!) は、バンダイナムコゲームスが発売したXBox360専用ゲームタイトルである。『アイドルマスターシリーズ生作品。


概要


プレイヤーファン代表としてファン感謝祭イベントの「特別プロデューサー」となり、感謝祭イベントを成功させるのが的。

手拍子やかけ打楽器で会場のボルテージを高めるリズムアクションゲームの「応援モード」と、前作のTV出演と同様の「撮影モード」がある。 新曲や新アレンジの追加機や、コミュニケーションシーンの演出スクリプト衣装アクセサリの強化などの良がおこなわれており、毎発表されるDLCをより楽しみやすくしたプラットフォームともいえる。

なお、アイドルプロデュースするモードはないので、育成シミュレーションゲームとしてのアイマスを楽しみたい場合は『アイドルマスター』もしくは『アイドルマスターSP』を購入する必要がある。


応援モード


L4U!で初登場するモードライブに参加するファンとなり、曲のリズムに合わせてコール(合いの手)を送るリズムアクションゲーム(音ゲー)である。1人プレイ用のみで、2人以上の多人数プレイダブルプレイ(2人用のコントローラを1人で操作するモードDP)は非搭載。
L4Uプレイ動画タグ検索するとプレイ動画を多数見ることができる。

譜面形式は「太鼓の達人」と同様、画面上を右から左に流れるマーカーが判定位置に到達した間に対応するボタンを押すというもの。ただしボタンはABXYと方向キー←→の6種類となっており、それらが同一レーン上に流れるので、BEMANI系に代表される各ボタン独立レーンに慣れたプレイヤーにとっては、最初のうちは若干戸惑う場合がある(太鼓の達人も1レーン制だが、こちらは2色のみなので迷いにくい)。なお、複数のボタンの同時押しはない。

譜面難易度EASY(掛け)、MEDIUM(楽器A)、HARD(楽器B)の3種類。譜面の難度自体は他の音ゲーべてそれほど高いものではないが、その分判定が厳しいため、ハイスコアを出すためには相当のやりこみが必要である。

なお、本作は液晶等の映像遅延を考慮した判定の補正機がないため、押しでタイミングを合わせようとすると悲惨なにあうので注意が必要。音合わせでボタンを押すと割とまともな判定になる。(ただしXbox360標準コントローラボタンはかなり押しにくいので、めに押していく必要がある)


撮影モード


アイドルマスター』のオーディション合格時に流れるTV番組出演シーンをさらに発展させたモードユニット編成、衣装、曲、会場、パートなどを自由に選んでPV映像写真の撮影ができる。

前作『アイドルマスター』では、ライブシーンオーディションに勝たないと見ることができない、アイドルレベルに応じた頻度でアクシデントが発生し、歌や ダンスが中断する、何度もプレイしないと衣装アクセサリの種類が増えないなど、思ったようなライブにするためには、かなりの手間が必要だった。また、曲 や衣装アクセサリには属性値(ビジュアルボーカルダンスのパラメータ増減)があるため、ゲームを進める上で都合の良い組み合わせというものがある。 初期のニコニコ動画に登録された動画の中にはそういった事情から衣装アクセサリが決められているものも多いため、そういった制約から解放されて自由にコーディネイトを組めるのも本作の魅である。

アイドルマスター アイドルマスター ライブフォーユー!
1ユニットの人数は1~3人だが、同時にプロデュースできる人数の上限はプロデューサーレベルに応じて変わり(初期1人、最大9人)、それによって同時登録できるユニット数も制限される。
1人を同時に複数のユニットに組み込むことはできない。(例:春香千早ユニットセーブデータがあるときは、プロデュース終了まで春香千早を含む別ユニットを作ることはできない)
ユニット中の立ち位置(1st/2nd/3rd)は、各キャラの親密度に応じて自動的に決定されるため、自由定することはできない(調整は可だが、手間はかかる)。
ユニット 初期状態から1~3人のユニットを最大10組まで自由に登録できる。1人が複数のユニット重複して所属することも可
真美茶髪美希(覚醒美希)も最初から使用可(後述)。
ユニットの立ち位置(1st/2nd/3rd)や、歌うパートカメラ位置を最初から定できる。
全16曲(アーケード版は10曲)。
ただし、1ユニットにつき、プロデュース終了までに選べる曲は5曲まで(アーケード版は3曲)。曲を変えると前の曲は使えなくなる。
曲自体に属性値(パラメータ増減や持ち歌補正、BPMなど)があり、PVを録りたい曲ですんなりオーディションに勝てるとは限らない。勝つにはしっかりした計画と調整が必要。
選曲 22曲(2008年12月現在。うち初期登場曲16曲)。各曲にアレンジ版が2種類ある(REMIX-A/B)。アレンジ版は、応援モードで解禁されるものと、DLCとして購入するものがある。
オーディションの勝ち負けを気にせず、1つのユニットで曲数制限なく自由に選曲できる。
オーディションに勝つことがまず大事であるため、PVを録りたい衣装と勝てる衣装が一致しない場合がある。 衣装 オーディションの勝ち負けを気にせず自由にコーディネイトを組むことができる。
アイドルレベルに応じて、アクシデント(ボーカルダンスビジュアル)が強制的に発生する(制御不可)。 アクシデント
3色のアクシデントは発生しない。
ラストコンサート失敗に相当するシーン応援モードに失敗すると発生。

ニコニコ動画におけるL4U!


L4U!は一般的には「アイドルマスターファンディスク」的な扱いをされているが、動画投稿者にとっては「MADを作るためのソフト」とも言っていいほど、MAD作成者が泣いて喜ぶ機が満載されている。
反面、ゲーム性の薄さ、あまりに簡単にステージ動画を量産できることから「制作者はMADを助長しているのか?」という疑問のも聞かれる。


ユニットを育成しなくても自由にPVが録画できる


アイドルマスター』でオーディションに合格したときに流れるPVは、アイドル(ソロもしくはユニット)のレベルが低いとアクシデントシーンが強制的に発生し、そのままではMAD素材としてはほとんど使用できない。そのため、実際に録画する際には数時間ゲームプレイして、アクシデントが出にくいレベルまでアイドルを上げる必要があった。ノーマルPVと呼ばれる動画群も、実際には何度もプレイして納得のいくものを録画するという苦労の賜物であった。

L4U!ではこれらの手間が全て省略され、初めから好きなユニット構成で(立ち位置の順番も定可)好きな曲を選択し、アクシデントの一切ないPV一発で録画できる。これにより、MAD素材として録画する際に必要な時間とHDD容量が大幅に減少した。


字幕を非表示にできる


アイドルマスター』では映像の元歌の歌詞が強制的に出てMAD製作の邪魔になるため、投稿者は各自工夫して歌詞を隠すようにしていたが、全に消せるわけではなかった。

L4U!ではPVリプレイ時にYボタン歌詞を非表示にできるため、字幕隠しの手間がけ、素材としてより使いやすくなった。また、冒頭に表示される曲タイトルも非表示になるため、イントロの振り付けをイントロ以外の場所で使うことも容易になった。


新ステージ


「野外ステージ」… 9:02pm蒼い鳥等、一部の曲でアイドルの足元に出ていたスモークが、野外ステージでは出ない。そのため、スモークのある曲とない曲の振り付けを自然に繋ぎ合わせられる。(照明)の当たり方が全曲共通なことも、振り付けを自然に繋げる際に重要。

ブルーバック」… 七夕革命により存在が明らかになった、キャラを抜き出して他の背景と合成させるためのステージ背景色はブルーグリーンレッドグレーの4色から選択できるため、様々な衣装に対応可765comm@ndの項を参照


真美&茶髪美希標準装備


アイドルマスター』では真美ステージに出ない(厳密には、真美が「双海亜美」を演じているため見分けがつかない)ため、MADでは亜美グラフィックを左右反転させて(髪留めの左右を反転させて)表現していた。が、衣装背景、陰まで左右反転されるなど、グラフィック若干不自然な部分があった。L4U!では真美が標準で出せるので、この問題も解決できる。

また、2周で裏シナリオを発動させるまでの長い時間プレイが必要だった茶髪ショートヘア美希(通称、覚醒美希)も、初期状態から出すことができる。


関連商品


■azB000XUGLAK
■azB000YGO04M
■azB001P30BKU
■azB001P30BKK


関連チャンネル


■ch765


関連項目



外部リンク



最終更新日: 13/03/24 18:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ