ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アイドルLIVEロワイヤル


ヨミ: アイドルライブロワイヤル

アイドルLIVEロワイヤルとは、ソーシャルゲームアイドルマスター シンデレラガールズ」におけるゲームイベントの一種である。


概要


通称ロワイヤル、アイロワなど。ツアーイベントの1つであり、そこに別プロデューサーLIVEバトルを組み合わせた形式になっている。モバマスイベントでの「20ユニット」を導入した初イベント種別。最近のイベントとしてはしく、1週間を越える較的長い開催期間で実施されることが多い。

イベント仕事で発生した対プロデューサー戦「ロワイヤルLIVE」2連戦に勝利すると、ライバルアイドルユニットゲストLIVE」が発生。これを2セット行うと、「スペシャルゲストLIVE」が発生する、という流れ。イベントLIVEには最大5ポイントのBPが設定された。イベントアイテムは「BPドリンク」「1/5BPドリンク」。プロダクションメンバーの救援要請に攻コストも用いられる。

「ロワイヤルLIVE」はフェス等のLIVEバトルに近く、20名対20名の発揮値を競う。相手フロントの発揮値は表示されるものの、特技の強弱、そして特に特技発動数が大きく影するためにあまり参考にならない。「デバフ艦隊」での発揮値の大幅な減少は強だ (通常のバフ特技の方が強いにしても、見たインパクトは大きい)。「ロワイヤルLIVE×2、ゲストLIVE×1」はワンセットなので、ロワイヤルLIVEで負けると最初からになり、落胆は想像以上になる。
(これを受けてか、後発のトークバトルショーでは相手は特技は発動せずツアーユニットの気を持つようになった。)

ゲストLIVE」「スペシャルゲストLIVE」はツアーライバルユニットと同じ。このように、似てはいるが別の仕組みで行われるLIVEバトルが組み合わされており難解になっている。また連戦を勝ち続けねばならないので途中敗北ゲームへの影が大きく、一部プロデューサーは細かく善された現在も未だに嫌悪を隠さないイベントである。

前述の通りプロデューサーの守備編成が用いられ、そこで勝利する (挑んだ側が負ける) と少しだけだが報酬が貰える。それを敢えて視して、お気に入りのアイドルたちを並べ、それを発見した側が開する「守備フロントし」も行われる。表示されるのは守備編成のフロントメンバー10名のみだが、最近は同一アイドルで10名並べることが較的容易になったので、更に広く行われるようになっている。


一覧


詳細は下記の各回項を参照のこと。ボイス付きマークボイス付きで実装されたアイドル (後日遡ってボイスが付くことがあるが略した)。[画像]マークの上位報酬アイドルは、ランキング報酬に同アイドルぷちデレラが付いていたことを示す。登場アイドル欄は各種報酬アイドル。後半追加は別に区切った (前後半で後半追加がい場合も欄は設けてある)。

# 上位報酬 登場アイドル
1 アイドルLIVEロワイヤル [画像を見る]水本ゆかり [画像を見る]村松さくら
[画像を見る]氏家むつみ
[画像を見る]相川千夏
[画像を見る]野々村そら
[画像を見る]土屋亜子
[画像を見る]兵藤レナ
2 第2回アイドルLIVEロワイヤル [画像を見る]喜多日菜子 [画像を見る]和久井留美
[画像を見る]松原早耶
[画像を見る]仙崎恵磨
3 第3回アイドルLIVEロワイヤル [画像を見る]藤本里奈 [画像を見る]相川千夏
[画像を見る]小関麗奈
[画像を見る]古賀小春
[画像を見る]三好紗南
[画像を見る]長富蓮実
[画像を見る]大和亜季
4 第4回アイドルLIVEロワイヤル [画像を見る]姫川友紀 [画像を見る]桐野アヤ
[画像を見る]椎名法子
[画像を見る]早坂美玲
[画像を見る]財前時子
[画像を見る]杉坂海
[画像を見る]結城晴
5 第5回アイドルLIVEロワイヤル [画像を見る]二宮飛鳥 [画像を見る]槙原志保
[画像を見る]日下部若葉
[画像を見る]大原みちる
[画像を見る]吉岡沙紀
6 アイドルLIVEロワイヤル in SUMMER [画像を見る]川島瑞樹[画像] [画像を見る]工藤忍
[画像を見る]斉藤洋子
[画像を見る]黒川千秋
7 第7回アイドルLIVEロワイヤル [画像を見る]大沼くるみ [画像を見る]瀬名詩織
[画像を見る]浜川愛結奈
[画像を見る]長富蓮実
[画像を見る]奥山沙織
8 第8回アイドルLIVEロワイヤル [画像を見る]並木芽衣子 [画像を見る]榊原里美
[画像を見る]梅木音葉
[画像を見る]難波笑美
[画像を見る]沢田麻理菜
9 第9回アイドルLIVEロワイヤル [画像を見る]桃井あずき [画像を見る]綾瀬穂乃香
[画像を見る]喜多見柚
[画像を見る]工藤忍

10 アイドルLIVEロワイヤル
バレンタインスペシャル
[画像を見る]大和亜季[画像] [画像を見る]片桐早苗[画像]
[画像を見る]相原雪乃
[画像を見る]藤原肇
[画像を見る]月宮雅
11 第11回アイドルLIVEロワイヤル [画像を見る]八神マキノ [画像を見る]藤本里奈[画像]
[画像を見る]北川真尋
[画像を見る]桐野アヤ
[画像を見る]若林智香
12 第12回アイドルLIVEロワイヤル [画像を見る]楊菲菲 [画像を見る]仙崎恵磨
[画像を見る]高橋礼子
[画像を見る]クラリス
[画像を見る]江上椿
13 第13回アイドルLIVEロワイヤル [画像を見る]森久保乃々[画像] [画像を見る]柳清良
[画像を見る]相馬夏美
[画像を見る]服部瞳子(R+)
14 第14回アイドルLIVEロワイヤル [画像を見る]大原みちる[画像] [画像を見る]佐藤心
[画像を見る]伊集院惠
[画像を見る]栗原ネネ

各回概要


第1回:アイドルLIVEロワイヤル (2013年9月26日~10月7日)

初回ロワイヤルは根強い人気を持つ水本ゆかりを上位に据え、末を跨いだ開催となった。メダルチャンス報酬にはニューウェーブの残り2人 (は第12回フェスで登場済み) が前後半それぞれの報酬として登場した。

初回のみ、ラウンド別ロワイヤルパワーが設定されていた。これは名前を定された全アイドルの発揮値が2割増しになるというもの。

プロデューサーの評判はかなり悪い回である。まず「20名編成」という、当時多くのPがそろえていたユニットの2倍のアイドルを要された。さらに当時は「ロワイヤルLIVE×3⇒ゲストLIVE×1」が2セットスペシャルゲストLIVEが発生していた (第9回までこのまま)。ただでさえ特技発動数で大幅に発揮値が変動する上に相手を選びなおすことも出来なかったので、「3戦で負けると最初から」という落胆の大きさは、諸々が緩和された現在では計り知れないもの。

運営も大混乱で、特に後半第3ラウンドより「プロダクションメンバー応援での発揮値が大きかったので削減」という、ルールの変更を実施。クレームが多かったからであろう、次の第4ラウンドより元に戻すという右往左往振りを発揮した。

ただしイベントガチャメダルは潤沢に得られたので、諸所にをつぶって喜ぶプロデューサーも散見された。特にメダルSRさくら亜子両名は較的潤沢に供給され、以降のメダルSRの相場下落の大きな要因になったとされている。

登場ライバルユニット

第2回アイドルLIVEロワイヤル (2013年12月10日~17日)

初回の混乱を受けての第2回はいろいろ心配されたが、特に問題なく実施された。

登場ライバルユニット

第3回アイドルLIVEロワイヤル (2014年1月16日~29日)

第3回はふじりなが上位に抜。当時は意外に思われたこともあり、少なからぬPが驚いたようだ。前半戦メダルSRの千は初回のレアに引き続きのロワイヤルでの登場となる。他イベント種別では同一アイドルの複数回登場自体が稀であるが、ロワイヤルに限ってはそういう原則は当てはまらないようだ (里奈は第11回に、実は第7回にも出ており、亜季は第10回の上位になっている、など)。

初回からこの第3回まではカジノテーマとしていたようで、報酬アイドル衣装もそれをモチーフにしたものになっていた。

登場ライバルユニット


次へ»
最終更新日: 17/08/22 18:55
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ