ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アイバン・ウーズ


ヨミ: アイバンウーズ
掲示板をミル!
1カキコ!

アイバン・ウーズIvan Ooze)は、アメリカ合衆国映画作品『パワーレンジャー・映画版』に登場する架の人物である。

演じたのはポールフリーマン。日本語版の声優穂積隆信


概要


パワーレンジャー・映画版』のメインヴィラン。ユーモラスな言動をとるが本性は残リタ・レパルサく「理想の男」。ウーズ液)の名が示すとおり、液状に姿を変えていかなる場所にも出入り出来る。液に触れた者を操るも持つ。ロード・ゼッドの攻撃を受けてもダメージにならず、等身大のままでクレインゾードを破壊寸前に追い詰めるなど、パワーも高い。

開前特番『パワーレンジャーのすべて』にも出演し、インタビューを受けている他、ゲーム作品『パワーレンジャーファイティング・エディション』においてもストーリーモードボスキャラクターとして登場しており、裏技を使ってプレイヤーキャラクターとして使用可


劇中での活躍


6000年前に地球を支配していた悪の化身。2体の究極兵器エクト・モーフィコン・タイタン完成させたが、ゾードンと当時のパワーレンジャーに敗れ、時カプセルに封印され、地中に埋められた。

6000年の後、建設工事の影カプセルパワーレンジャーの宿敵、ロード・ゼッドに見つかってしまい封印を解かれる。パワーレンジャーが現場に駆けつけるが彼は自身の分身であるウーズマンにレンジャーの相手をさせ、その間にコマンドセンターを襲撃し、ゾードン瀕死の重症を負わせ、パワーレンジャーパワー消失させた。

しかし、パワーレンジャーを倒さなかったことをリタに責められる。彼は「弱い者ほどよく吼える」と一括し、自分が組織の頂点に立つことを宣言し、リタとゼッドをカプセルに封印する。組織の乗っ取りに成功した彼は自分の液からテング・ウォーリアーを生み出して惑星フェイドスに向かったパワーレンジャー殺を命じる。

その後、寝返ったゼッドの部下たちを引き連れてエクト・モーフィコンを発掘するために地球に向かう。自分の液を玩具だと偽って子供たちに配り、その液の子供の親たちを洗脳奴隷として使役する。その最中、テング・ウォリアーが帰還。彼等がパワーレンジャー殺に失敗したことを知るや、処刑し、エクト・モーフィコンを夕方までに復活させねば自分に危険が及ぶと考え始める。

発掘作業が了後、用済みとなった親たちに自殺を命じ、起動したエクト・モーフィコンを操って破壊の限りを尽くすが、伝説のニンジェッティパワーを得て地球に帰還したパワーレンジャーによってエクト・モーフィコンの1体は破壊される。激怒したアイバンは残った一体と合体し、パワーレンジャーニンジャメガゾードに挑む。戦いは地球を越えて宇宙にまで及ぶ。最後はニンジャメガゾードに内蔵された非常ボタンにより発動した金的蹴りにより地球に接近していたライアン彗星突、消滅した。


関連動画



■sm4198817[ニコ動]


関連商品


■azB000P0I67E


関連コミュニティ


■co7510


関連項目



最終更新日: 11/01/16 12:41
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ