ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アイラ(ファイアーエムブレム)


ヨミ: アイラ
掲示板をミル!
65カキコ!

アイラとは、ゲームファイアーエムブレム 聖戦の系譜』に登場する女性士である。


概要


CV.折笠愛(ファイアーエムブレムヒーローズ)

主人公シグルドであるグランベルと戦争中のイザーク王女であり、自身も優秀な士である。グランベルとの戦争化するに伴い、王位を継いだ息子シャナンを連れて滅亡寸前の祖国を脱出。いつの日かの再起を信じて遠くヴェルダンに潜伏することになる。しかし、グランベルとの戦火を避けてたどり着いたヴェルダンでもヴェルダン第二王子であるキンボイスシャナンを人質にとられ、シグルド率いるグランベル軍とを交えることになってしまう。

シグルド軍がキンボイスを倒しシャナンが解放されるとアイラシグルド軍への協を申し出てくれる。その後はヴェルダン・アグストリアシレジア・イード砂漠シグルド軍に付き従い、その最後まで戦った。その途中、甥のシャナンはイザークに戻ったのだが彼女はそれを見送るだけだった。シグルド軍に従軍する中で成長したシャナンにはもはや自分の保護は必要ないと判断したと思われる。

そして、バーハラの悲劇以降の彼女の消息は不明である。


ユニットとしてのアイラ


FE伝統の盗賊シスター傭兵の組合せで登場する。

クラスソードファイターソードマスタースキルは「追撃」「見切り」「流星クラスチェンジすると「連続」も加わる。

聖戦の系譜最強の武器である器の存在、そして騎兵として活躍できるように設定されている。
その時点で器も持たず歩兵であるアイラは最初から条件が不利なのだが、それでも彼女トップクラスの戦に数えられる。
その理由としていくつか上げられるが、その中でも最大のものは「流星の存在である。

で発動する流星は、5連続攻撃を放つというかなりチートじみたスキルである。などの弱い武器を装備していない限り、受けて生き残れる敵はまれであろう。
このスキルの存在により、わざわざリセットによる成長調整などしなくともアイラは強いということが知れ渡っているといえる。

その他細かいアドバンテージを上げると、

弱点としてはやはり防御の低さ、そして運の低さである。
彼女の強さを過信して地雷戦法や単騎突撃させるとやっつけ負けすることも多い。
また、回避率が高いとはいっても兵相手にはさすがに不安があるので相手の武器には注意すること。


母親としてのアイラ


聖戦の系譜では女性ユニット結婚して子供を生むことができる。子供は両親のを受け継ぎ、より強ユニットに成長する。その中でもアイラは特に優秀な母親として知られている。

最大の特徴はどの男とくっつけてもほとんどはずれがないということである。

王道であるレックス(「エリート」「待ち伏せ」、ネール傍系による守備補正)、ホリン(「月光」、継承、オード直系によるHP・技補正)をはじめとして、どのユニットでも弱点の補正や武器・スキルの継承によってそれなり以上に強ユニット完成する。

吸収する特殊太陽』を持ち不死身死神兄妹を誕生させることが出来るデューとの組み合わせも面いが、こちらはステータスがひと通り上がりやすくなる反面HPが伸び悩むのが痛い所(それでも95%あるが)。
に困らないキャラ特性上値切りがほとんど役に立たない(人にあげるのもいいが)、「太陽」を過信しすぎると危険、など癖があり玄人向けな組み合わせである。

例え相手が魔道士系のアゼルレヴィンクロードであろうとも、魔法の使用などにより十分に使える上に、アゼルクラスチェンジすれば継承可レヴィンスキル「必殺」で50武器要らずでスカサハスキル「連続」が付く(ただしフォルセティは使えなくなる)、クロード魔法防御補正で後半のスリープ地獄回避(ただしバルキリーは使えなくなる)と使いどころが何かしらあるのである。

はずれと考えられる組合せとしてはアレクおよびミデェール。アレクの場合はスキルアイラと丸かぶりなため子供たちにスキルが増えない。が上がりにくいこともあわせると、やはり他の父親べると見劣りしてしまう。
ミデェールの場合はスキルこそ「突撃」が増えるものの、武器継承なしとの伸びが弱いこと、そして突撃を継承するなら他にもジャムカノイッシュなどのライバルがおり、そちらのほうが別スキルが付いてくる点などを考えるとやはりはずれといえるかもしれない。
ただし、この二人を父親にしたところでアイラが生む双子それなり以上の強さを持って生まれてくる。それほどに母親としてのアイラは優秀なのである。

故に彼女子供たちは死神兄妹としてプレイヤーからは全幅の信頼を寄せられ、敵軍からは恐怖の対照として恐れられ、ヨハンとヨハルヴァから熱狂的なを受けることになるのである。

カップル結成する際の最大の注意点は、3章までは親密になり過ぎないようにすること。
序盤から登場するので親密度を上げやすい彼女だが、勇者入手イベントが発生しなくなってしまうのである。
とはいえ、意識して上げない限りはそうそうカップル成立はしないはずだが。


雑記



FETCG版


原作同様ソードファイターとして登場。
追撃・見切り・流星と高い打点、そして高い武器レベルと必要なものはひと通りっている。
機動こそ難があるが、大半の相手を一度の行動で沈められる流星が非常に強
ゲームバランスの関係で5回攻撃から初期装備による3回攻撃になってしまったが、アイラ自身の打点が高いのでそれで十分。
ユニットを一人出撃させることが出来る位のコストを払う必要があったが、その凄まじい威には多くのユーザーが虜になった。
後にりかかるアイラが描かれた流星カードも登場したが、こちらはアイラが使った場合コストが安くなるというメリットがあり、実用性もファンアイテムとしての価値も高い素晴らしい一枚だった。

レアリティが高く、キャラ自身の人気もあり当初はシングルの値段が高く入手が難しかったが、公式からイザークパックも出たためデッキの構築難易度は下がった。
クラススキルが同じラクチェスカサハ流星が共有出来るシャナンマリータガルザスなどデッキ理なく投入できるユニットも多く、機動的につらい面があった歩兵の中では強いカードだった。

ちなみにクラスチェンジするとスキルコストが下がったり打点に補正がかかったり機動が上がったりといったメリットがあるが、手間の割りにはちょっと物足りないので理にクラスチェンジする必要はない。
また、後に登場した低い打点2回攻撃する勇者を持った別バージョンは、初期装備で3回攻撃する流星特性上受けが非常に悪かったことにも触れておく。


ファイアーエムブレム覚醒


英雄の魔符として登場。兵種はソードマスター(Lv14、DLC「王対王」では士)。
非常に高い技と速さを持つ反面、守備・魔防はかなり不安。計算式の仕様上回避を活かした戦いもできないわけではないが過信するとえらいにあう。

通常士で習得するスキルの他に、「移動+1」を習得している。また、DLCでは下級職にもかかわらず「流星」を習得しているため油断してるとタコ殴りにされてしまう。


ファイアーエムブレムヒーローズ


シグルドたちと時期をほぼ同じくして実装

専用武器として「アイラ」、専用義で「流星」を持つ。「アイラ」は相手よりも速さが3以上高ければカウント変動+1される効果を持ち、「流星」は2カウントで自身の速さ40%ダメージに加算する効果を持つ。元の速さ40と非常に高く、「飛燕の一撃」でさらに底上げされるため、大体の相手に追撃と義をぶちかませる。
BスキルにはHP一定以下で追撃可な時、連続攻撃になる「攻め立て」を持つため、下手をすれば高耐久の重装ユニットですら叩きることも可という攻撃的なスキル構成。その一方で守備も悪くはない値であるから敵に回すと余計厄介
ただし魔防は低いため魔法攻撃が弱点である他、「殺し」や「相性化」を持ったユニットには弱い。

上記の性が中々ぶっ飛んでいることもあり、多くの歩兵イラナイツに近い状態にしてしまったため、実装当初はかなり騒ぎになった(現在は武器錬成やスキル継承でテコ入れができるようになったこと、強スキルを持つユニットが増えたこともあるためそこまで酷くはないが、それでも普通に強い部類)。


関連動画



■sm7600313[ニコ動]

■sm2219493[ニコ動]
■sm6401902[ニコ動]
■sm135930[ニコ動]


関連静画


■im5698995(静画)
■im7539246(静画)
■im2038515(静画)
■im2966709(静画)


関連項目



最終更新日: 19/07/24 00:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ