ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アウトラン


ヨミ: アウトラン
掲示板をミル!
28カキコ!

アウトランとは、1986年SEGAが発売したアーケードドライブゲームである。


概要


アウトランはSEGA体感ゲームシリーズの第4弾として1986年に登場した。「スペースハリアー」や「アフターバーナー」と並び、人気を博している代表作である。

スポーツカーを操り、いかにチェックポイントへ到達するかを競うというゲーム内容。タイトル画面で3種類の曲が選択できるのが話題になった。

プレイヤーが操作するスポーツカーフェラーリスタロッサがモチーフになっている。

ゲーム中の音楽は、「MAGICAL SOUND SHOWER」、「SPLASH WAVE」、「PASSING BREEZE」の三曲である。(それぞれの曲にまつわるエピソードは各該当記事参照)
作曲HIRO師匠が担当。当時SEGAに存在していたミュージックバンドS.S.T.BAND」ではもちろん、現在氏の率いるH.でも演奏される数々の名曲の原点はここにある。


コースヨーロッパイメージしており、1~4ステージは分岐が存在しており、どちらか分かれを選択することにより5種類のゴールへとたどり着く。

筐体の種類は4種類ありDXタイプスタンダードタイプ、コックピットタイプ、そしてアップライトタイプである。DXタイプスタンダードタイプは一軸式の可動筐体で、ゲームに合わせてムービングをする構造になっている。

操作方法はハンドルギア(LOWとHI)アクセルブレーキである。このギアを使った「ギアガチャ」なる技も存在し、これによりギアが破損する店舗が続出。全ゲームセンターゲームコーナーで「ギアガチャ禁止」のが出される異常事態に発展した。
この他多数の裏技が発見され、その都度タイムアタックの熱は加速していった。

続編には「ターボアウトラン」や「アウトランナーズ」、そして「アウトラン2」などがある。

移植されたハード
セガマークⅢ」、「PCエンジン」、「メガドライブ」、「セガサターン」、「ドリームキャスト」、「プレイステーション2」、「XBOX」、「ゲームギア」、「ゲームボーイアドバンス」、「MSX」、「MSX2」、「コモドール64」、「ZXスペクトラム」、「アムストラッドCPC」、「アミガ」、「アタリST」、「IBM PC」、「Windows9598」などがある。
ほかにも携帯電話アプリなどにも移植がされている。

各々移植verの相違点など

マークⅢ
ハード限界からかアーケード移植とはならないものの、コースアップダウン背景描写など元々の作品に忠実な再現を、という試みを感じさせる。
FMサウンドユニット発売以前の作品であるが、隠しでFM音源に対応しておりちょっとした話題になった。

PCエンジン
全体的にハード限界に踏み込んだ移植であり、ドットが欠ける描写などがある。
ハード内蔵の音により非常に面BGMアレンジがなされており評価は高い。

マスターシステム
未発売マークⅢ版を上回る美麗グラフィック、別売りの3Dグラス装着により立体的な背景描写を楽しめる作品となっている。
BGMPSGは中々のクオリティを発揮しているが、FM音源アレンジがいまいちとの評価も。

この度、ニンテンドー3DSでの裸眼立体視に対応した形で復刻したものが、セガ3D復刻アーカイブスに収録された。

ゲームギア
BGMセレクト画面がシンプルだったり、ゴール時のグラフィックCG一枚で全ルート共通と携帯機の宿命とも言える容量問題が。
地味に本作オリジナルの対戦要素もあるのだが、プレイするにはゲームギア本体二台にソフト二本、そして通信ケーブルSEGA人には絶望的に高いハードルが存在していた。

メガドライブ
それ以前の移植はなんだったのか。そう思わせるほど忠実な移植がなされた作品。それまで簡略されていたクラッシュ時のアクションなどが細かな再現がされた。背景描写も非常にハイクオリティである。
の部分での制約はあったが、ノイジーながら心地良いドラムの音などこのバージョンこそが最高と言う人も多い。

セガサターン
SEGAが威信をかけて次世代ゲーム機戦争に投入したサターンにも当然移植されている。それまでのハードとか一線を画す性で初代アーケード版の璧な移植が行われている。
隠し要素としてアーケード版では毎30フレームであった描画速度を上回る毎60フレーム描画モードが搭載されており、流れるようなドリフト世界観には感動した者も少なくない。
BGM面では初代の三曲とそれぞれのアレンジが収録。余談になるがHIRO師匠はこのアレンジバージョンが非常にお気に入りとのこと。

ドリームキャスト
SEGA最後の名機ドリームキャストにも当たり前のように移植がされているが、シェンムー内のミニゲームとしての収録である。全く同じ内容の作品が「鈴木ゲームワークス VOL.1」にも収録されている。
プレイヤーの操作するマシンデザイン若干変更、BGMアレンジ版のみ収録と言う変更点を除けばストレートな移殖となっている。
なお、元々はCD-DAで楽曲も再生される予定だったが、シェンムーの容量的都合で内蔵音で再生している事が判明。危うくアウトラン20thアニバーサリーボックスからあぶれる所だったとか。

i-mode
(この編集者プレイしていないため記事が書けません)

ゲームボーイアドバンス
未発売。全体的な再現度は非常に高いが、携帯機と言う事でチープさは否めない。
また楽曲に関しても全体的に面アレンジがされているが、異様にノイジーであったりする点などもあるため好みは分かれる。

プレイステーション2
次世代ハード戦争には敗れたものの、転んでもタダでは起きないとばかりにソフト提供
グラフィック全に3Dポリゴンになった点は大きなインパクトがあるが、背景や雰囲気は当時の物を再現。正当なる進化を辿ったと見ても良い移殖作。
楽曲面もオリジナルストレートアレンジし、評価は高い。また特典としてアーケード当時の開発資料などを載せたライナーノートが付属。ファンアイテムと言う側面も持つ。

ニンテンドー3DS

セガ3D復刻プロジェクトシリーズラインナップとしてダウンロードソフトとして配信。他の体感筐体タイトル同様にムービングモードや、至れり尽くせりのオプション設定は論の事、3DSオリジナルとして新曲が二曲追加され、並木学作曲のCruising LineJane-Evelyn Niseros作曲のCamino a Mi Amorが収録されている。

最初はスペシャルモードが設定されており、60フレームの描画設定かつ立体視というヌルヌル動いてしかも臨場感抜群という中々の作となっている他、各ゴールにたどり着くとカスタマイズパーツを入手出来、ステアリングバンパーエンジンタイヤパワーアップする事が可。ちなみに肝心のであるが、残念ながらアーケード版からデザインが変更されているが、パーツの組み合わせ次第では新しく追加されたで走る事ができる。一度クリアした場合、アーケード版を限りなく再現した(バグまでも)ノーマルモードが選択できる。後にセガ3D復刻アーカイブスに収録。


BGM



Magical Sound Shower


アウトランといえばこの曲が有名である。なお、もっともアレンジが多いのもこの楽曲


Splash Wave


疾走感のあるロックフュージョン。アウトラン一番の人気曲。でも記事がないのでそろそろかお願いします。


Passing Breeze


高中正義を彷彿とさせるフュージョン曲。


Last Wave


ネームエントリー曲。後年の移植作にはこれをBGMに走れるモノもある。
初代のイメージから、波の音が曲中に含まれていると思いがちだが、実際には含まれていない。
そんなときは、各自で内補するか、コメントで波の音を流そう。


関連動画



■sm6981154[ニコ動]

■sm10582890[ニコ動]

■sm482100[ニコ動]
■sm15219174[ニコ動]


関連商品


■azB000069T84
■azB001BQUA66

■azB000LILRK8
■azB00013YS18


関連コミュニティ


■ch5029


関連項目



最終更新日: 14/12/20 17:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ