ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アコーディオン


ヨミ: アコーディオン
掲示板をミル!
41カキコ!
国語表記
cs akordeon
tahací harmonika
de Akkordeon
Handharmonika
Ziehharmonika
en accordion
es acordeón
fi harmonikka
fr accordéon
hu harmonika
it fisarmonica
armonica a manticino
ja アコーディオン
手風琴
ko 코디언
nl accordeon
no trekkspill
trekkharmonika
pl akordeon
harmonia
pt acordeão
ru аккордеон
баян
sr хармоника
sv dragspel
dragharmonika
zh 手风琴
手風琴
ザックスホルンボステル分類
412.132
気鳴楽器 - 自由気鳴楽器 - 中断層気鳴楽器 - 自鳴的中断層気鳴楽器または簧 - 両面開閉簧 - 複式両面開閉

アコーディオンとは、形の本体を両手でかかえ、を操作して送しながら演奏される、気鳴楽器の一種である。日本語では「手風琴」(てふうきん)とも呼ばれる。

に欧民謡演奏するのに使用されるほか、ポピュラー音楽ジャズクラシック音楽にも用いられる。


構造


右手部分にはピアノのような鍵盤、あるいはボタンが配置されており、これらを押さえることで、各音程に対応したリードに通じる空気弁が開く。弁が開くことによってリードが送られ、このときリードが振動して音を発する。右手部分の鍵盤は演奏するのに使われ、「トレブル鍵盤」あるいは「メロディー鍵盤」などと呼ばれる。

楽器中央部には(ベロー)が取り付けられており、これを広げたり縮めたりすることによって、リードに送する。の伸縮に強弱をつけることによって、音にも強弱が生まれる。

左手部分には「ベースボタン」と呼ばれるボタンが取り付けられており、これを押さえることでベース音や和音を発することができる。ベースボタンに伴奏に使用される。

なお、以下本節ではクロマティック・アコーディオンを例にとって解説する(ダイアトニック・アコーディオンについては後述)。


鍵盤


右手トレブル鍵盤部にはピアノ式のものとボタン式のものがあり、歴史的にはピアノ式の方が後発である。日本では圧倒的にピアノ式が優勢だが、ヨーロッパ、特にアコーディオンのさかんな々ではボタン式の人気が高く、とりわけフランスではボタン式のものが流である。

ボタン式アコーディオンは標準的なモデルで5列のボタンを持つ(ロシアや旧ユーゴスラビアには6列の楽器も存在する)。ふだん演奏に使用するのは手前側3列で、側の2列は手前2列と同じ鍵の繰り返しとなっている。この側2列分は運自由度を高めるために取り付けられており、小モデルでは省略されていることもある。ボタン式アコーディオンのボタン配列にはいくつかの種類がある。要なものを以下に示す。

     C System              B System               G System

C# E G Bb C# E G Bb D F G# B
C Eb F# A D F G# B C# E G Bb
D F G# B C Eb F# A C Eb F# A
C# E G Bb C# E G Bb D F G# B
C Eb F# A D F G# B C# E G Bb

Cシステムフランスイタリアをはじめとする多くの々で用いられている。Bシステムロシアドイツで用いられており、後述するバヤンは基本的にこの配列である。GシステムはCシステムを一段手前側にずらし配列で、これはほぼフィンランドでのみ用いられている。

かつてはピアノ式やボタン式の他に、ヤンコ鍵盤を採用したモデルも作られたことがあったが、これは普及しなかった。

ピアノ式とボタン式の違い

ピアノ式は、他の鍵盤楽器に慣れ親しんだ人にとって取っつきやすく、演奏技術もある程度はそのまま応用することができる。

一方ボタン式は、ピアノ式とべて鍵が密集して配置されており、ピアノ式では不可能な広い音域を片手で押さえることが可である。そのため、手の小さな人でも演奏しやすく、また広い音域を駆使する技巧的なパッセージ演奏するのにも向いている。さらに、ピアノ式とは異なり鍵と鍵が区別く並んでいるので、のかたちを変えずに移調できるという利点もある。ただし、ボタン式は鍵の配列が一直線ではなくジグザグであるため、ピアノ式にくらべ、広い音域にわたるグリッサンドやレガートを演奏しにくいという欠点がある。

ピアノ式とボタン式の違いは、楽器の大きさにも影してくる。一般に、鍵の密集しているボタン式のほうが、狭い面積に多くの鍵を配置できるので、同じ音域のピアノ式とべて楽器が小さくなる傾向にある。


■sm1488616[ニコ動]

cobaによるピアノ式アコーディオンの演奏例。使用楽器フランスのキャヴァニョロ(Cavagnolo)製。日本で「アコーディオン」といえばこのかたちの楽器を連想する人がほとんどのはず。
■sm7177118[ニコ動]
リシャール・ガリアーノによるボタン式アコーディオンの演奏例。使用楽器イタリアのヴィクトリア(Victoria) Ac420(?)で、ボタン配列はCシステムを採用している。鍵が短い間隔で密集配置されているボタン式の特長を生かした、技巧的なパッセージに注

鍵の数

ピアノの鍵盤数は88鍵が標準と決まっているが、アコーディオンにおいては、ピアノほど厳格に標準規格が定まっているわけではない。それでもおおむねの標準と呼べるものは存在しており、ピアノ式の場合は41鍵(クラシック演奏する場合は45鍵)が一応の「標準」とされる。小のものでは、37鍵や34鍵のモデルもある。

ボタン式の場合は92鍵(55音)が標準だが、クラシック奏者は一般に106鍵(64音)のものを使用する。


リード


ひとつの鍵に対し、ピッチの異なる複数のリードが組み込まれているのが普通である。鳴らすリードの組み合わせを変えることによって、さまざまな音色を発することが可となる。リードはそのピッチによって、音の高いほうから順に「H」、「M」、「L」に分類される。HはMの1オクターブ上、LはMの1オクターブ下の音である。また、Mリードが2列以上搭載されているモデルでは、それぞれのMリード微妙ピッチを変えてあるのが普通である。

これら複数種のリードのうち、どれを鳴らすかは、レジスタスイッチによって切り替えることができる。たとえばHMの組み合わせは、タンゴ等で好まれる輪のはっきりした鋭い音になる。また、ミュゼットを演奏するさいには通常、MMMの音が用いられる(cobaがよく使用する音もこれである)。

標準的なアコーディオンは3列(MMLもしくはMMM)~4列(HMMLもしくはMMML)のリードを搭載しているが、安価モデルや小機種では1列(M)あるいは2列(MLもしくはMM)のものもある。また、少数ながら5列(HMMML)のリードを持つ大高級機種(Victoria A470V、Hohner Morino V等)も存在する。アコーディオンの重量の大部分はこのリードが占めており、リードの多い楽器はそれだけ重いものとなる。

同種リードのチューニング法

アコーディオンには同種のリード(通常はM)が2列以上搭載されていることが多いが、このときそれぞれのリードピッチをずらすことによって、音色に独特のゆらぎが生じる。このずらし方が非常の小さいチューニングを「ドライチューニング」と呼び、これはくっきりとしたいた音色になる。

一方、ずらし方の大きいチューニングを「トレモロチューニング」と呼び、典的なものとしては、3枚のMリードをそれぞれ半音づつずらして鳴らす「ミュゼット・チューニング」がある。このような音色は「ドライ」に対して「ウェット」であると言われる。


チャンバー


一部の機種では「チャンバー」とよばれる、音を共鳴させる機構が組み込まれている場合がある。チャンバーを通すと豊かでやわらかな独特のきになるが、この機構を持つ機種はかなり高価なものに限られる。


ベース


アコーディオンの左手を伸縮させるのに使うため、演奏中は右手べてあまり自由が効かない。しかし、ベースボタンを使うことによって、左手でも簡単に伴奏をつけることができる。

ストラデラベース

ベースボタンは一般に「ストラデラベース」(あるいは「スタンダードベース」とも)と呼ばれる、五度圏FCGDAEB順)に基づいた配列方法にしたがって並べられており、単音ベースボタン2列(対位ベース、根音ベース)およびコードボタン4列(長和音、短和音、属七和音、減七和音)の計6列で構成される。標準的なモデルには下図に示す20行×6列の計120ベースが搭載されているが、小モデルでは特定の行や列を省略して、これらボタンの数が減らされている。

 C# G# Eb Bb  F   C   G   D   A  E  B  F# C# G# D# A#  F   C   G   D
A E B Gb Db Ab Eb Bb F C G D A E B F# C# G# Eb Bb
---------------------------------------------------------------------
AM EM BM GbM DbM AbM EbM BbM FM CM GM DM AM EM BM F#M C#M G#M EbM BbM
Am Em Bm Gbm Dbm Abm Ebm Bbm Fm Cm Gm Dm Am Em Bm F#m C#m G#m Ebm Bbm
A7 E7 B7 Gb7 Db7 Ab7 Eb7 Bb7 F7 C7 G7 D7 A7 E7 B7 F#7 C#7 G#7 Eb7 Bb7
Ad Ed Bd Gbd Dbd Abd Ebd Bbd Fd Cd Gd Dd Ad Ed Bd E#d C#d G#d Ebd Bbd

フリーベース

ボタン式アコーディオンの右手トレブル鍵盤部と同じような、単音を発するボタン左手ベース部に配したシステムを、「フリーベース」と呼ぶ。このシステムでは左手で自在に旋演奏できるので、演奏自由度が増し、たとえばピアノ曲をそのままアコーディオンで演奏することも可となる。クラシック奏者は一般に、このフリーベースを搭載した楽器を使用する。

フリーベース楽器にはいくつかの種類がある。まず、ストラデラベース部とは別に3列ないし4列のフリーベース部を持つもの。その他には、ストラデラベースフリーベースを相互に切り替えて使用できるもの(「コンバータシステム」と呼ばれる)や、ベース部がフリーベースのみからなるものが存在する。

■sm8663673[ニコ動]
シュテファン・フッソングによるフリーベース・アコーディオンの演奏例。使用楽器ドイツのホーナー(Hohner) Gola Nr.911で、1960年代後半にジョヴァンニ・ゴラ自らの手で作られたものだという。この楽器は、6列のストラデラベース部から少し離れた位置に3列のフリーベース部を持っている。

ベースレス

日本小学校音楽室に備えられているアコーディオンは、その多くが、上記のようなベースシステム全に省略してしまっているモデルである。こうしたベースレスのアコーディオンは「合奏用アコーディオン」と呼ばれ、左手を使わずに右手のみで演奏される。


アコーディオンの種類



ダイアトニック・アコーディオン


ダイアトニック・アコーディオンは固定調の古典的なボタン式アコーディオンで、ヨーロッパアメリカ民謡演奏に用いられる。を押したときと引いたときとで異なるピッチの音を発するのが特徴。地域・文化圏によって様々な種類のものが作られているが、トレブル鍵盤部には10~13個のボタンからなる列が1~3列ついているものが多い。


次へ»
最終更新日: 15/11/23 00:28
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ