ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アシストパワー


ヨミ: アシストパワー
掲示板をミル!
35カキコ!
ポケットモンスター > ポケモンのわざ > アシストパワー

アシストパワーとは、ポケットモンスターに登場する技の一種である。

基礎データ
名前 アシストパワー 効果範囲 敵味方一体選択
タイプ エスパー コンテスト
分類 ロマンとくしゅ アピール
ポイント
20(+20n)
命中 100 ポイント
PP 10・12・14・16 世代 第五世代
わざマシン なし
アシストパワーを覚えるポケモン
[画像を見る]

[画像を見る][画像を見る]

[画像を見る]
ちくせき された パワーで あいてを こうげきする。じぶんの のうりょくが あがって いるほど いりょくが あがる。

技説明

ポケットモンスターブラック・ホワイト
ひらがな)ちくせき された パワーで あいてを こうげきする。じぶんの のうりょくが あがって いるほど いりょくが あがる。
漢字)蓄積された パワーで 相手を 攻撃する。自分の が あがっているほど 威が あがる。

概要

ポケットモンスターブラック・ホワイト』(第五世代)が初出の、エスパータイプの攻撃技。

ポケモン対戦では「アシパ」という略称で呼ばれることがある。

基本の威20しかないが、上昇した自分のランク1つにつきここに20加算される

例えば「めいそう」という技は自分の特攻ランクと特防ランクをそれぞれ1段階ずつ上昇させる技だが、めいそうを1回使ったあとのアシストパワーの威は、2020×2で60となる。めいそうを2回使えば威2020×4で100となり、この時点で特殊エスパー基本技である「サイコキネシス」の威える。

下降ランクに関しては計算に入らず、例えば攻撃ランクが-2、防御ランクが+2の場合は差し引きプラマイ0ということにはならず、防御ランクの+2分だけ威が上昇する(威60)。
またこの状態から攻撃ランクを1上昇させ、ランクを-2から-1に上げてもアシストパワーの威には加算されない(威に反映させるには攻撃ランクプラスにまで上げる必要がある)。
逆に、防御ランクが1減少してランクが+2から+1に下がると、アシストパワーの威もその分落ちてしまう(この場合威60から40に落ちることになる)。

仮に、攻撃・防御・特攻・特防・素さ・命中率・回避率7種のランクを全て最大(6段階)まで上昇させたとすると、2020×(6×7)では860となる。この、実質的に上限が存在せず、もはやポケモンとは思えないダメージをたたき出す可性を秘める技であることこそが、ロマン技と呼ばれる所以である。

コンボ・活用法の一例

アシストパワーの威を上げるためのコンボ活用法の一例を以下に挙げる。


じこあんじ


[画像を見る]
「じこあんじ」や「めいそう」を使ったコンボが得意なエーフィ。特攻種族値130からのタイプ一致ランク上昇アシストパワーはまさにロマン特性マジックミラー」のおかげで相手からの補助技も怖くない。

エーフィムシャーナシンボラーなどが使えるコンボ

「じこあんじ」は、使用した対ポケモンランクコピーする技。

積み技を積んできた相手に対して使っても良いが、ダブルバトルにおいて、相方耐久ポケモンに積めるだけ積ませて、それをコピーする戦法が存在する。この戦法をとるパーティのことを「暗示パ」と呼ぶこともある(アシストパワーを用いるとは限らないが)。


めいそう


サーナイトエーフィムシャーナなどが使えるコンボ

「めいそう」は、前述したように特攻と特防を1段階ずつ上昇させる技。一回につきアシストパワーの威は2段階(+40)上昇する。

1回の使用でランクが合計2段階上昇(アシストパワーの威が+40)する上に、何より特攻のランクが上がるので効率が良い。

たんじゅん+めいそう(ドわすれ)
[画像を見る]
特性「たんじゅん」を持つココロモリ変動が2倍になるため一気にアシストパワーの威を上げることが出来るが、同時に下降スピードも2倍になるので注意。

ココロモリが使えるコンボ

「たんじゅん」は、ランクの変動が2倍になる特性。「めいそう」1回で特攻と特防がそれぞれ2段階ずつ上昇、合計4段階上昇(アシストパワーの威が+80)するので、1回積むだけでもうサイコキネシスの威えてしまう。


コスモパワー・バリアー・ドわすれ・ちいさくなる等


ピクシーシンボラームシャーナなどが使えるコンボ

コスモパワー」は防御と特防を1段階ずつ、「バリアー」は防御を2段階、「ドわすれ」は特防を2段階、「ちいさくなる」は回避率を2段階上昇させる技。

一回につきアシストパワーの威が2段階(+40)上昇する上に同時に自分の耐久や回避率を大きく上げることができる。単純に寿命が長くなるので更に積む機会を多く作ることができる。


バトンタッチ


バトンタッチ」は、自分の変動などを引き継いだ上で控えのポケモンに交代する技。

積み技を何回か積んだ上で、アシストパワー持ちのポケモンバトンタッチすれば、1ターンから高威のアシストパワーを使うことが出来る。

ムラっけ+バトンタッチ
[画像を見る]
(ほぼ)全ての技を習得することができ「画伯」と賞されるドーブル。胞子で眠らせ、ターンを稼ぎ、殻を破り、エースバトンを繋ぐサポートも全てドーブルでOK。

ドーブルが使えるコンボ

ムラっけ」は、毎ターン終了後に自分のいずれかのランクが2段階上がり、代わりにいずれかのランクが1段階下がる特性。どのが上がるかはランダムだが、特に何もしなくとも毎ターンランクが上昇する。「からをやぶる」などの上昇率の良い技を使っておけば、更に合計ランクが上昇していく。

頃合いを見てアシストパワー持ちにバトンタッチすれば、色んなが上がっている状態で高威のアシストパワーを放つことが出来るようになる。

技「まもる」「キノコのほうし」などを併せて使えばなお効率が良い。

ドーブル自身もアシストパワーを覚えるのでバトンを繋がなくても一応一体でコンボが使える。ドーブル自身の素の火力お察し

かそく+バトンタッチ

テッカニンが使えるコンボ

「かそく」は、毎ターン終了後に素さが1段階上昇する特性バトンで繋げば、超スピードで高威のアシストパワーを放つことが出来るようになる。

主な敵一覧

アシストパワー使いにとっての宿敵を以下に挙げる。

若干ネタが含まれています。

「くろいきり」「クリアスモッグ」を持ったポケモン

「くろいきり」「クリアスモッグ」は、あの凄まじい威を持つアシストパワーをなんとたったの20にしてしまうという非常に悪な技。

「くろいきり」や「クリアスモッグ」が技の威そのものを下げる対はアシストパワーのみである。アシストパワー使いとして有名なエーフィは変化技をはね返す特性マジックミラー」を持つことも強みだが、これらの技は二つともはね返す対にならない。アシストパワーがいかに対策必須の強な技であるかがおわかりいただけるだろうか。

能力下降特性・技を持ったポケモン

なんと繰り出しただけでアシストパワーの威が落ちてしまう可性がある非常に悪な特性「いかく」を持つポケモンやスワップ系の技など、アシストパワーの威を一気に下げる技を持った非常にいやらしいポケモンもいる。

これらの特性や技が、技の威そのものを下げる対は上と同じくやはりアシストパワーのみである。

レッドカードを持ったポケモン

レッドカード」というアイテムは、持たせたポケモンが攻撃を受けると攻撃してきたポケモンを強制的に交換させる効果を持つ。加えて何よりも、このアイテムにはアシストパワーの威をたったの20にまで下げるという恐ろしい隠し効果まで存在する。

幸い、相手がこのチート級のアイテムを持っていたとしても一撃で倒してしまえばレッドカードの効果は発動しない。

強制交換技を持ったポケモン

ふきとばし」「ほえる」「ともえなげ」「ドラゴンテール」を使われると強制的に交換させられてしまう。そして上に同じくアシストパワーの威20にまで下げるという隠し効果が設定されている。

あくタイプのポケモン / ヌケニン

ラスボス。ありとあらゆるポケモンを一にして殲滅する破壊を持つアシストパワーを、あろうことか一切効化してしまうほどの耐久を持つ要塞ポケモン

ミラルアイ」を決めておけばあくタイプは突破できる。

能力ランク上昇手段(参考)

ランクを上げて、火力アシストパワーを決めよう!!


次へ»
最終更新日: 13/07/12 23:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ