ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アジョ・モータースポーツ


ヨミ: アジョモータースポーツ

アジョ・モータースポーツ[外部]とは、MotoGPCEVに参戦するレーシングチームである。

KTMの多大な支援を受けており、実質的にKTMワークスとして活動している。
 


ライダー


2019年は、MotoGPMoto2クラスMoto3クラスに参戦している。また、CEV(スペイン5ヶ所、フランス1ヶ所、ポルトガル1ヶ所で行う若手育成選手権)[外部]Moto3クラスにも参戦している。
 

Moto2クラス

名前 出身地 身長・体重 誕生日
41 ブラッド・ビンダー[外部] 南アフリカ ポチェフストルーム[外部] 170cm62kg 1995年8月11日
88 ホルヘ・マルティン[外部] [画像を見る] マドリード[外部] 168cm62kg 1998年1月29日

Moto3クラス

名前 出身地 身長・体重 誕生日
61 ジャン・オンジュ[外部] [画像を見る] アランヤ[外部] 168cm59kg 2003年7月26日

CEVのMoto3クラス

名前 出身地 身長・体重 誕生日
53 デニス・オンジュ[外部] [画像を見る] アランヤ[外部] 2003年7月26日


スタッフ


チームオーナーチーム監督フィンランド語版Wikipediaの記事がある[外部]

1968年9月11日フィンランドアカー[外部]トイヤラ[外部]で生まれた。

若い頃はバイクレースに明け暮れており、モトクロス[外部]凹凸のある土の路面をジャンプしながら走る競技)、アイスレース[外部](凍り付いたの上をスパイクタイヤ付きのバイクで走る競技)をしていた。フィンランドというのはが非常に多く、内に18万8000のがある。緯度が高くて北極に近いので、カチカチに凍り付き、アイスレースをするのにぴったりとなる。

1996年28歳の頃に負傷してしまい、それを機にバイクレースから引退した。翌年の1997年にはアジョ・モータースポーツというレーシングチームを立ち上げており、2001年にはMotoGP125ccクラスに参戦するようになった。

ライダー人選が非常に上手いことで定評があるアキアジ監督を付けたライダーが移籍初年度から大活躍するのはおなじみのことで、ミゲール・オリヴェイラブラッド・ビンダー、ヨハン・ザルコジャック・ミラーサンドロ・コルテセ、マルク・マルケスマイク・ディメッリオと次々と名前が挙がる。

アキ・アジョ監督がライダー選びについて語ってる記事がある[外部]速さだけでなく普段の様子、態度、ライダーの周りのスタッフ家族の様子、これらもしっかり観察するのだという。


MotoGPの中には、シーズン途中にライダー解雇するチームがある。シーズン後半戦が始まると成績不振のライダー解雇されて新しいライダーに切り替わっている姿がちらほら見られるようになる。ところが、アキアジ監督は「2001年MotoGP参戦を始めて以来、自分は契約途中にライダー解雇したことがない」とこの記事[外部]っている。その話を聞くと、アキアジ監督の顔が様のように思えてくる。

ところが、アジョ・モータースポーツがライダーに対してきちっと持参を請してくるチームだと言うことも事実である。ヨハン・ザルコの記事で「アジョ・モータースポーツに在籍していたときはチームお金を払っていた」という告白を読むことができる。MotoGPチームライダーに持参を要することなどごく普通のことなのだが、やはりそういう話を聞くと、アキアジ監督の顔がに見えてくるだろう。


アキアジ監督MotoGPライダーマネージャー契約交渉の代理人。ライダーに代わってチームスポンサー探しをする)を務めている。2019年現在ジャック・ミラーマネージャーを務めている。過去にはマーヴェリック・ヴィニャーレスマネージャーを務めたこともある。

アキアジ監督は今もフィンランドに住んでおり、になると若手ライダーを呼び集めて、アイスレースをする。マーヴェリック・ヴィニャーレスジャック・ミラーSNSを見るとアイスレースの画像が出てくるのだが、これはアキアジ監督に招かれた時の画像である。画像1[外部]画像2[外部]画像3[外部]画像4[外部]


アキアジ監督フィンランドバイクレース界の重鎮なので、彼を頼りにフィンランド人の若手ライダーが集まってくる。その全員を自分のチームで走らせることは難しいので、仲の良いチームに「この子を走らせてやってくれないか」と紹介している。そのうちの1人が上田昇さんである。上田さんはスペインカルタヘナ[外部]Team Nobby[外部]というチームを持っており、2018年Kenny KoskinenとPeetu Paavilainenという2人の若手を預かって、CEVのEuropean Talent Cupというクラスで走らせていた。

ある時、上田さんはふと思い立って、アキアジ監督から預かったフィンランド少年たちに「アキアジ監督も、アイスレースをするの?」と尋ねた。すると少年たちから返ってきた答えは「そうですよ。ちよりも速いんです」だったという。

アイスレースというのは滑りやすい氷の路面で行われるので、体重の重いライダーが有利であり、アキアジ監督少年ライダーより速く走っても全く不思議ではない。とはいえ、50歳近い男が少年よりも速く走るというのは、なんとも面である。
 

クラスアジョはアキアジ監督息子で、1994年7月10日ヴァルケアコスキ[外部]で生まれた。そのときのアキアジ監督は、その辺に住んでいたのだろう。アキアジ監督の生まれがアカーのトイヤラ[外部]なので、そこからは北東に15kmしか離れておらず、隣町である。

フィンランド選手権125ccクラスチャンピオンになり、MotoGPの軽量級(125ccMoto3)で2011年から2015年まで走っていた[外部]

アキアジ監督の方は、やはりニクラスのことを心配していたようで、この記事[外部]では「親として、ニクラス事に帰宅できることを願っている」と言っているし、この記事[外部]ではインタビュアーに「ニクラスが負傷してデータ記録スタッフになっているときのアジョさんは、とてもリラックスしていたように見えましたよ」と言われている。

彼の現役時代には2つの動画が上がっている。1つは、ロマーノ・フェナティキルスイッチ事件[外部]である。2015年アルゼンチンGP日曜のウォームアップで、ロマーノ・フェナティ[外部]が発狂激怒し、ニクラスに対して怒鳴り散らしたり蹴りを入れたりした挙げ句、スタート練習の時に横に付けてニクラスマシンに手を伸ばしてキルスイッチを押してエンジンを停止させた。Moto3マシンエンジンが止まると自再起動できないので、ニクラスマシンをその場においてパドックに戻らざるを得なかった。ロマーノは最後尾スタートのペナルティが与えられた[外部]。この事件を知るものは、ロマーノのことをキルスイッチと呼ぶことがある。

2つ2015年オランダGPの危機である。動画を見るとよく分かる[外部]。このシーンはみんな覚えていて、2018年製作の動画[外部]の2分04ごろで紹介されている。

2015年21歳)で引退し、その後は学校に行っていたらしい。2018年(24歳)にはアジョ・モータースポーツのCEV部門にいて、ジャン・オンジュにアドバイスをしていた[外部]

2018年終戦バレンシアGPではジャンオンジュがスポット参戦したのだが、そのときニクラスも付いてきていて、映像に映っていた。この動画[外部]この動画[外部]でニクラスの姿が映っている。ニクラスアキアジ監督に「お前が表式に行けよ」と言われたのだが、「は若いし・・・」といって断っていた。そのため、アキ・アジョ監督が表彰式に参加している[外部]。※この記事[外部]が資料

2019年も引き続きCEV部門で働いていて、デニス・オンジュにアドバイスをしている[外部]
 

Moto2部門のベテランチーフメカニックイタリア北部のモデナ[外部]出身で、2002年のころにはMotoGPメカニックを務めており、Campetellaという250ccクラスチームで働いていた。そのとき、そのチームに新人の手伝いとして入ってきたクリスチャン・ガバッリーニ2007年以降にケーシー・ストーナーチーフメカを務め続けた)をチームLCR[外部]推薦している。

この記事[外部]では、「マッシモ・ブランキーニは125cc時代のケーシー・ストーナーチーフメカだった」と書いてある。どうやら、マッシモ・ブランキーニもクリスチャン・ガバッリーニを引き連れてチームLCRに移っていったらしい。

このSNS[外部]によると、2011年以降はずっとアジョ・モータースポーツで働いているとのこと。2013年はズルファミ・カイルディンのチーフメカ[外部]2014年ダニーケントチーフメカを務めた。

2015年以降はMoto2クラス部門に移り、2015~2016年はヨハン・ザルコのチーフメカを務めてヨハンの2年連続チャンピオン獲得を支え[外部]、一気に名を得ることになった。2017~2018年はミゲール・オリヴェイラのチーフメカ[外部]2019年はホルヘ・マルティンのチーフメカ[外部]
 


チームの歴史




次へ»
最終更新日: 19/05/05 01:42
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ