ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アストラナガン


ヨミ: アストラナガン
掲示板をミル!
147カキコ!

時を遡り・・・ お前に帰するのだ・・・!!

アストラナガン(Astranagant)とは、スーパーロボット大戦シリーズに登場する機動兵器である。
本稿ではアストラナガンの生機・関連機についても記述する。


アストラナガン


バンプレスト作品に登場するオリジナルロボットで、イングラム・プリスケン専用機。「スーパーロボット大戦α」のボスキャラとしての登場が初出である。

漆黒で染められたカラーに、背中から緑色に発しているT-LINKフェザーが印的で、堕天使を彷彿とさせる外見をしている。地球側の識別コードは「AGX-15"ブラックエンジェル"」。

な設定としては、イングラムエアロゲイター(ゼ・バルマリ帝国。通称バルマー)の技術に加え地球にてSRX計画を通して手に入れた技術や、異世界バイストン・ウェル、ラ・ギアス等)の技術などを結集して作り上げた究極の決戦兵器イングラムによればSRX計画ですら、アストラナガンのための実験に過ぎないらしい。
本来は「因果の番人」として平行世界める存在(α世界におけるユーゼス、ひいてはケイサル・エフェス)を倒す的で建造されていたはずだが、イングラムの精の大部分がユーゼスの支配下に置かれているため、主人公達と敵対することになる。
シュウ・シラカワく「グランゾンと互、またはそれ以上に戦える機体」グランゾンとアストラナガンの2体が全で戦うと宇宙が崩壊しかねない」との事。事実、単純な戦闘のみならずその気になれば時や因果すら捻じ曲げるというやりたい放題なを持っている。ゲーム中でも屈戦闘を持つ機体として、多くのプレイヤーを苦しめた事だろう。
また「第3次スーパーロボット大戦α」では、アストラナガンがヴァルク・ベン融合することで新生したベルグバウ(後半でにディス・アストラナガンに修)が登場、主人公専用の機体としてプレイヤーが使用できる。詳細は後述。

機体自体のモチーフロボットアニメ史の中から見るといろいろあると思われるが(ブラックオックスグリフォンなど)、スパロボ的なモチーフは搭乗者であるイングラム元ネタギリアム・イェーガー」から来ていると思われる。
彼の通り名である「漆黒堕天使」はアストラナガンのコードネームと共通しており、機体のカラーなどはギリアム機であるゲシュペンスト、そしてXNガイストとほぼ同じ、または似通ったカラーリングである。XNガイストとはサイズや形は違えど「次元・時間転移を行えるほどの技術を搭載している」という点も共通している。

機体名の元ネタスペイン銃器メーカーアストラ」、ベルギー銃器メーカー「ナガン」。基本的にイングラムとその系譜のキャラクター名および機体名は銃器メーカーまたはその製品名から採られている。


スペック


全長 40.7m
重量 187.9t
搭乗人員 1人
移動タイプ ・陸
装甲材質 ズフィルード・クリスタル(※1)
量子波動エンジン
ティラーシリンダー(※2)
開発者 イングラム・プリスケン
パイロット イングラム・プリスケン

武装・必殺武器



登場作品


スーパーロボット大戦α

初登場作品。登場するシナリオでは、最終話を除いて全て何らかの条件(HP減少、ターン経過等)で撤退していくため、「ボスは逃がさずに絶対撃墜する」と意気込む全スパロボプレイヤー達の闘志に火をつけたこと請け合い。ちなみにフラグを立てれば最終話で僅かな間だけ味方機として使用可になる。逆にフラグを立てていない場合は普通に戦う羽になる。
ドリームキャスト版ではフラグを立てた場合は最終話の1話前で仲間に加わり、最終話にてアストラナガンVSネオ・グランゾンという夢の究極対決が実現する。 ちなみに最終話直前のインターミッション改造することも可だが、出撃時にリセットされてしまうので意味がい。残念念 。
α外伝以降のストーリー上では、バルマーとの最終決戦主人公達と共闘しユーゼスを倒した後、行方不明になったとされている。

スーパーロボット大戦α外伝

本来は「α」の半年後に転移しイージス計画に参加するはずが、事故未来へ飛ばされてしまい、ブラックボックスとしてアウルゲルミルに取り込まれる(なお、この事故にはケイサルが関与していることを匂わせる台詞が「第3次α」にある)。終盤でアウルゲルミルが行う時間転移は、アストラナガンの機を利用したもの。
ウルゲルミルの必殺武器ドグマブラスター発動時、戦闘アニメの中からアストラナガンが登場するのだが、シナリオ上ではそれまで一貫して「ブラックボックス」としか呼ばれていなかったため、突然の登場に驚愕したプレイヤーも少なくなかったはずである。ドグマブラスター戦闘アニメ演出は実にウルトラダブルフラッシャーアストラだけに。

第3次スーパーロボット大戦α

主人公クォヴレー・ゴードンを選択した場合にのみ登場。第1話冒頭にて上記の事故後と思われる半壊状態でクロスゲートより出現し、この時主人公が搭乗していたヴァルク・ベン捕食融合してしまった。その際、アウルゲルミルの兵装イミルアームとよく似た触手状の武器を展開できるようになっていたのは、同機に取り込まれていたためとも考えられる。これにより前半の主人公機ベルグバウへと新生する。

スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ

第1話のアバンにてクォヴレーのディス・アストラナガンと戦うシーンイングラムの夢として描かれ、以後もフラッシュバックする記憶として回想される。イングラムの後継者になる前と思われるクォヴレー台詞や、両者が機体を「操縦」している描写がないこと、異間のような場所にいること等から、「第3次α」におけるクォヴレーイングラム融合直前のやりとり(ゲーム内で暗転している部分)をアレンジしたものという可性が強い(ただし、ゲームでは両者が融合しているのに対し、こちらでは分離している)。
最終話ラストバトルではセプタギンに取り込まれたSRXを救出するため、イングラムの意志で一時的に出現している。この時、ギリアムはアストラナガンを知っているかのような反応をしていた。


R-GUNリヴァーレ


スーパーロボット大戦OG」(OG1)にて、アストラナガンに代わり登場した機体。言うなれば「OG」版アストラナガンとでもいったところだが、搭乗者であるイングラムの自が「α」以上に制限されているため、アストラナガンとは違い味方にはならない。

イングラム地球での搭乗機R-GUNを元に作り上げたとされるが、同機とはべ物にならないほどの戦闘力を備えた機体へと変貌しており、機体サイズもR-GUNの2倍以上(16.8m→40.3m)ある。ちなみにイングラムの乗っていたR-GUNはフラグ次第でこちらへ戻ってくるので、リヴァーレは彼が入手したデータを基にコピーして作り上げたものであると推測されている。
後にリメイクされた「OGS」では、機体そのものはイングラムの手で造られたものではないかような記述になっており、そのアニメ版である「ディバイン・ウォーズ」ではコクピット上部にユーゼスを彷彿とさせる仮面のレリーフが施されているなど、バルマー側の関与を強調する設定に変更されている。
名前のリヴァーレ(Rivale)とはドイツ語で「好敵手(ライバル)・競争相手」の意。イングラムはかつて共に戦ったハガネ・ヒリュウ部隊のパイロット達に敬意を払い命名したと作中にてっている。

地球側の識別コードは「AGX-13"ハングドガン"(逆さりの)」。事実、胴体部分を逆さまに見ると辛うじてR-GUNの面影が見える外見をしている。
コードネーム元ネタタロットカードの「られた男(The Hanged Man)」と思われ、カードの意味「苦難」「耐」はこの世界においてもなおユーゼスの精支配を受け続けるイングラムの運命を表しているという解釈もできる。
また、木村明広による「ディバイン・ウォーズ」のコミカライズ版では同機は登場せず、代わりに逆さまのR-GUNとして暗喩的に描かれている。イングラムの意識もこの時点ではユーゼスと思しき「仮面の男」に乗っ取られていることから、逆写しのイングラムユーゼスを暗示しているとも取れる。

なお、スパロボシリーズで初のHP10万えを最初に披露したロボットでもあり、多くのプレイヤーを驚かせた。アストラナガンと同様にHP回復・EN回復の機を所有しているのに加え、全ての属性ダメージを半減するバリアであるフィールドも備えているので、苦戦は必至。バリアを破るにはバリア貫通機を持った武器や精神コマンド「直撃」を使うなどして攻撃するか、敵をEN切れの状態にするしかない。

余談だがこのR-GUN、戦闘アニメにおける攻撃時の独特のポージングから「グリコ」のあだ名で呼ばれる事が多い。


スペック


全長 40.3m
重量 不明
搭乗人員 1人
移動タイプ ・陸
装甲材質 ズフィルード・クリスタル?(※3)
不明
開発者 GBA版:イングラム・プリスケン
OGS:不明
パイロット イングラム・プリスケン

武装


OG」ではイングラムが念動を持たないため、アストラナガンに似た武装は持つもののT-LINK系の武装はない。また、インフィニティシリンダーに相当する武装もなくなっている。


次へ»
最終更新日: 15/10/26 11:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ