ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アスランは既に少し錯乱している!


ヨミ: アスランハスデニスコシサクランシテイル
掲示板をミル!
94カキコ!

アスランは既に少し錯乱している!とは、機動戦士ガンダムSEED DESTINY37話「鳴の闇」で、レイ・ザ・バレルシン・アスカへ向けて言った言葉である。


概要


ジブラルタル基地にてプラント最高評議会議長のギルバート・デュランダルからレジェンドガンダムを受領したアスラン。だがすでにアークエンジェル討伐を命じている、ラクス・クラインを暗殺しようとしたなどの理由で不信を感じていたアスランは、その後、ミーア・キャンベルからレイ・ザ・バレルギルバート・デュランダルアークエンジェルへの思い入れが過剰などの理由から、自分が不穏分子と判断されているということを聞き、ザフト軍から脱走することを決意する。
だがミーア・キャンベルからは脱走を拒絶されてしまい、同僚にしてザフト軍の戦艦ミネルバのオペレータであるメイリン・ホークの協(状況からして偶然)を得て基地内にあるグフイグナイデッドで逃亡を計る。しかし逃亡する間にその姿をレイ・ザ・バレルに発見され発されてしまう。しかもアスラン・ザラだけでなくメイリン・ホークにまで発をしていたことから安全のためにメイリン・ホークと共にコクピットへ乗り込んでしまう。

このまま逃亡を許してしまってはならない、とレイ・ザ・バレルシン・アスカと共にグフイグナイデッドの追跡にあたる。そのとき、シン・アスカアスラン・ザラ同様にギルバート・デュランダル議長より受領したデスティニーガンダムに搭乗したが、レイ・ザ・バレルアスランの受理したレジェンドガンダムに搭乗した。
その後、グフイグナイデッドの追跡に成功した2人は攻撃を開始。レイ・ザ・バレルは容赦なく攻撃を加えたが、シン・アスカは逃亡する理由が分からず動揺を隠しきれていなかった。そんなシン・アスカデュランダル議長のやり方が間違っていることを伝えるために説得を開始したところでレイが言い放った言葉である。


 何故そう言ったのか


レイ・ザ・バレルにとってギルバート・デュランダル家族のような存在であった。その彼のすべき世界の障となるものは全て排除すべきと思っていたのか、アスラン・ザラに関してもアークエンジェルという大きな障と共謀しているのではないのかという多数の拠と疑惑の元、議長との会談の末に不穏分子と断定していた。
またギルバート・デュランダル世界支援するため、同じく議長に信頼を抱いていたシン・アスカを利用することで的へ大きく邁進しようとしていた。もしアスラン・ザラによって議長の行動に関する疑惑が伝えられ、シン・アスカがその言葉を信じてしまうと、オーブ開放作戦ではデスティニーガンダムインフィットジャスティスガンダムストライクフリーダムガンダムという尋常ではないほどの無理ゲーを強いられることになる。それを少しでも緩和し、標へ達成するにあたって障を排除してくれる大きな味方を手放したくなかったという考えもあったと思う。
故にアスラン・ザラの言っていることは、全て彼が捏造したことで、新機を相手に少しでも優位に立とうと咄嗟に出た虚言であるということをシン・アスカに分からせるため、あえて錯乱していると言い彼の言葉に聞くを持たないよう仕向けたのではないかと推測される。

結果としてシン・アスカアスラン・ザラの言葉を全て視し、容赦なくグフイグナイデッドを撃墜することに成功した。
しかしレイの思惑通りとはいかず、以後何度もそのことを夢で思い出したり、アスランと再び出会った時にはシン錯乱していた。挙句の果てには主人公が交代していた。


関連動画



■sm4083403[ニコ動]

■sm15174595[ニコ動]


関連商品


■azB000GDI4YK
■azB0009XE9YG


関連コミュニティ


■co3865


関連項目



最終更新日: 15/03/10 00:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ