ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アダマトロン


ヨミ: アダマトロン
掲示板をミル!
21カキコ!

アダマトロンとは、ゲーム第2次スーパーロボット大戦OG」に登場する機動兵器である。


この概要を知って・・・ いや、“覚えて”いるぞ


ネタバレ注意 ここから下には、ゲーム第2次スーパーロボット大戦OG」の
ネタバレ成分が多く記述されています。
ここから下は自己責任読み進めてください。

 

 

 

 

 

 

第2次スーパーロボット大戦OG』で登場する機体で、ハードルートを進行した場合のみ戦える、同作のラスボス

アルテウル・シュタインベックとして地球に潜伏しながら、裏で様々な場所へ手を回していたユーゼスが、ストーリー最終局面で鋼龍戦隊に敗れ半壊状態のガンエデンを強奪し、これに先の戦闘で同じく破壊されたAI1、南極遺跡の最深部に存在したクロスゲートを取り込んだことで融合合体を果たし、異形と化した姿。(AI1に関しては破壊された残骸を、ズフィルードクリスタルクロスゲートで修復している。)
そしてガンエデンを制御するために作り出した「人造マシアフ」たるイングを「言」によって精支配しエグゼクスバインごと管理下に置くことで、合体を安定させている。その後、用済みとなった部下・アーマラをアダマトロンのガリルナガンごと取り込んだ。
ガンエデン天使に加えて悪魔のような2対のが生え、頭部はユーゼス仮面を彷彿させる姿となり、さらに頭頂部にはクロスゲート天使の輪のように位置し、胸部にはAI1がウルトラマンカラータイマーのように鎮座している。
「様々なを取り込んで掛りのを得る」経緯はユーゼスデビュー作「スーパーヒーロー作戦」のラスボスゼストと、人の上半身にの下半身という見たは「スーパーロボット大戦α」のラスボスジュデッカと似ており、さしずめこれまでに登場したユーゼスの集大成とも言うべき機体となっている。従来の作品でユーゼスが作り上げたクロスゲート・パラダイム・システム(以下、CPSと記述)には存在しなかった「アカシャ変動因子」をクロスゲートを介して手に入れた為、完成度も従来より全に上がっているらしい。
「アダマトロン」の名前の由来は、人祖・アダムの代理人たる天使メタトロンを合わせてユーゼスが命名。 

ユーゼスは破滅の運命を変えるため、アダマトロンの地球バルマーのみならず全ての並行世界を破壊することで、自らが全ての運命や因果を管理する新たな世界「新人祖」となろうとした。
ただし鋼龍戦隊ほか、かつての並行世界からの因縁が深い相手はCPSでも存在を抹消できず、自らので運命の輪廻を断ち切る必要があったらしい。そのため、クロスゲート間へ鋼龍戦隊を呼び寄せ、自らの手で運命に決着をつけるべく鋼龍戦隊抹消しようとする。

アダマトロンのを手にしたユーゼスクロスゲート異世界からクストースや四窮奇王饕餮王)、はたまたヴォルクルス再生怪人同然に召喚するなどやりたい放題をはじめ、さらにはアダマトロンの圧倒的な鋼龍戦隊を一時は追い詰めたと思われたが、先のガンエデンを乗っ取る過程で始末したはずのカーリー・ナウマン(リー・リンジュン)が瀕死の重体となりながら、自らを利用した異人へ最後に一矢報いるべくエアクリスマスでアダマトロン内部へ転移、融合しながら爆散する特攻を仕掛ける。
甚大なダメージを喰らった事と時を同じくして、アダマトロン内部へ取り込まれたイングが同じくガンエデン内部に存在したイルイ添えで機体ごと脱出を図ったおかげで合体が不安定となり、次第に状況が傾き始める。
イルイガンエデン内部に押さえ込まれた念を抑えるためにガンエデン内部へ残る事を選択するが、イルイの残されたのお陰でイングユーゼス言を撥ね退け、ついにユーゼスの支配から全に脱したことで形成は逆転していき、鋼龍戦隊の最後の猛攻を受けアダマトロンは撃沈、ユーゼス敗北する。
最期は自身の結末を認めないまま、トチ狂ったのち自らが絶対者である事をひたすら叫びながら散っていった。 
(ちなみに、ガンエデン(アダマトロン)と共に爆散したと思われたイルイは泰北の言葉をんだ蓬によって救出されていたが、「第2次OG完結時点ではこの事実鋼龍戦隊側には明らかになっていない。) 

一見すればアダマトロンは今までの世界でも滅多に見られないような好条件がった結果のようではあるが、同時にユーゼスも意図しなかったり知らなかったであろう負けの因子(=敗北フラグ)も同時に再現している。
具体的には、

など、過去の作品の大ボス達の役割を、そして敗北までの流れを一挙に再現しているに過ぎない。
そして他にも、作中では他にもクロスゲート異世界へ干渉しはじめたり並行世界からクストースや四を召喚するなどといった事を行っているため一部のプレイヤーからは「クォヴレー仕事しろ」とも言われたりしたが、α世界で「因果の番人」たる役割を担っていたクォヴレーイングラム(及び、他の世界にも存在すると思われる「因果の番人」の担い手)がこのOG世界へ姿を見せない事を考えると、結局はアダマトロンの出現そのものが「ユーゼスを取り巻く運命の一部であった」と考えるのが妥当だろう。
要するにたる存在や因果の番人たちに「運命や因果を覆すような『世界の歪み』」とすら認識されていないという事でもあり、仮に鋼龍戦隊勝利を収め計画を全な形で実現できたとしても、これらの行為は「因果変」に他ならず、また自らの的のために因果並行世界への干渉を続ければその時は今度こそ『世界の歪み』と認識され、因果の番人たる存在に武介入へ移られ討たれるか、たる存在に戦いを挑んで返り討ちにされるかの結末しか訪れないだろう。
要するにCPS拘り続ける限り、どうあがいても絶望しかないのである。
いは「SHO」や「α」とは違う(作品化されていない)どこかの世界では、CPSを捨てた事で万事を上手く進められたユーゼスもいたのではないか?とする説も一部で存在するが、それらを含めユーゼス過去生を考察するのも楽し。)

他にも、『ユーゼス・ゴッツォ』の記事でも触れられている通り相変わらずウルトラマンへの憧れが「SHO」の時代から魂レベルで残っているようで、アダマトロンの見たや武装にもそれらの要素が反映されている。こちらの詳細については同記事が詳しいので、解説はそちらに譲る。
筆者としては個人的に、グルンガストに乗ったイルムの『計都羅睺・暗殺』発動時の口上「を見ろ、を見ろ・・・ってね」に対してユーゼスがどんな反応をするのかが気になるところだが。


スペック


数値、詳細 備考
全長 不明 少なくとも、エアクリスマスが機体内部へ
入り込めるくらいには巨大 
重量 不明
クロスゲート・パラダイム・システム
耐久(HP) 450000
エネルギー(EN) 600 ただし後述の特殊のおかげで、
実質的なENは5000をえる
運動 70
装甲 1900
移動 6 移動しない
地形適応 S、陸SSS ただしユーゼスの地形適応は(ry
特殊 フルブロック
HP回復(小)
エネルギー吸収 (※1)
監視の (※2) 
パイロット ユーゼス・ゴッツォ

搭載武器・必殺技



次へ»
最終更新日: 13/07/20 18:01
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ