ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アップルシード


ヨミ: アップルシード
掲示板をミル!
21カキコ!

曖昧さ回避



概要


[画像を見る]
アップルシード」は、漫画家士郎正宗の商業デビュー作となったSFサイバーパンク漫画である。雑誌連載を経ずに描きおろし単行本という形で関西の出版社である心社から発行されたにも関わらず、ポリスアクションSF設定、政治劇、その他雑学も含めてハイレベルな内容によって読者の支持を集め、士郎正宗の名を一躍全に知らしめた作品として名高い。

心社から本編4巻とデータブック1巻、コミックガイア連載版1巻(これを5巻と称する場合がある)が出版され、のちにメディアファクトリーから本編4巻が文庫版として、講談社から本編1&2巻を一冊にまとめた大の合本1巻が発売されている。世界情勢の変化などから士郎本人が続編を凍結していることもあり、新作が出る途はたっていない。

しかしながらアニメーションOVA1本、ショートフィルム1本、CG映画3本、シリーズ作品1本(アップルシードXⅢ全13話)まで製作され、CDドラマ化、ゲーム化もされるなど、士郎作品の中では「攻殻機動隊」に次いで人気は高い。

その攻殻機動隊とは共通世界であることが「データブック」において明かされており、攻殻機動隊の結成は2029年、アップルシード1巻は2127年の出来事であると記されている。サイボーグの皮膚組織がくなっていること、電がほとんど使われていないことなどから、技術的に退化しているようにも見えるが、これに関して士郎自身が「電デメリット問題から普及していない(ガイア連載版)」「BC兵器などの影により、人工皮膚が使われなくなったのかも(文庫版あとがき)」と発言している。

アップルシードの漫画には別の著者による「XⅢサーティーン)」や「αアルファ)」も存在するが、これらは同名アニメコミカライズで、士郎自身が著したシリーズとは設定面で異なる部分もあり、続編というわけではないことを留意されたい。


ストーリー


2125年に起こった世界規模の武紛争(第5次大戦と呼ばれる場合もある)によって、世界情報網は寸断され、かつての国家体制は崩壊してしまっていた。元ロサンゼルスSWAT隊員のデュナンナッツは、全身サイボーグ相棒にして人のブリアレオスとともに廃墟と化したサバイバル生活を続けていた。

そんなある日、ヒトミと名乗る少女が二人のもとに現れて戦争が終わったことを告げ、地球全土を統合した総合管理局こと巨大人都市オリュンポスへと導き入れる。一見、平和社会に安堵する二人だが、しだいにそこで蠢く陰謀へと巻き込まれていくのだった。


主な登場人物


デュナン・ナッツ

[画像を見る]
主人公2105年生まれ。一見して白人だが、黒人の血筋も入ったかなり複雑な混血。SWAT指揮官だったカールから年齢に見合わぬ戦闘技術を叩き込まれている。オリュンポスでもSWATに就職するが、その腕前の高さから々に腕利きの集まるESWATエスワット)へと配置換えされた。しかし年齢層の高いESWATではガキ呼ばわりされることもしばしばである。利き腕、利きは右で、ニケに「右肩が長いからすぐに分かった」と看破される場面があるが、左でも使えるよう訓練されている。ほかには循環、神経系の防御として体内に数種のプラントが埋め込まれている。ブリアレオス以外の人物となかなか信頼関係を結べないため、実が発揮できなかったりトラブルメーカーになりやすい。特にの影グリーンベレーを見下している面(ウシガエルガールスカウトなどと言う)があり、このことから同僚のパニとは相性が悪い。買ったばかりのランドメイト、借りた車両戦場となった屋まで彼女の身の回りではよく器物が壊れるので、マグスからは壊し屋と呼ばれる。

ブリアレオス・ヘカトンケイレス

[画像を見る]
デュナン相棒にして人。2096年生まれ。アップルシード世界では数人に一人と言われる、トータルバランスに優れた全身サイボーグ映像作品では機械化前は白人の場合があるが、漫画では黒人とされている。ソ連KGBスカウトされたのち、非テロを計る作戦将校を殺して逃亡。2116年にデュナンカールと出会い、そのチームに入る。サイボーグ化したのは2122年の爆発事故がきっかけ。限にタコ足配線できるヘカトンケイレスシステムを搭載した高機サイボーグで、の増量もされている。頭部には8つのがあり、4つが顔面、2つが後頭部、残り2つがのようなセンサーの先端に配置されている。顔面中央にある大きな円部分はではなく鼻である。サイボーグとしての高い性と慎重な性格には、ESWAT隊内で厚い信頼を寄せられており、重要任務に選抜されることが多い。

ヒトミ

遺伝子操作により人為的に作られた人間バイオロイド)で、日系の遺伝子を持つ。漢字では「人美」と書く。一見してデュナンより年下で子供っぽい性格をしているが、生年は2074年とブリアレオスより上である。これはバイオロイド年齢調整によって延命しているため。総合管理局の立法院を運営する7人の老人の秘書のような仕事をしているほか、オリュンポスのメインコンピュータガイアの停止DNAを持っているが、そういった重要な立場にあることをあまり自覚していない。副業として、オリュンポスへの移住者や訪問者の面倒を見るコンパニオンをしている。

義経

宮本義経ヒトミボーイフレンドバイオロイドで、明智モータースのメカニックとして働く一般市民。彼も日系の血が流れている。かなりのメカマニアで、プロテクタやランドメイト、あるいはそのプラモデルなどを多数所持。2巻で着ているバイクへ変形するプロテクタも彼の私物である。ただしメカニックとしての腕は並。

アテナ・アレイアス

オリュンポス総合管理局の行政総監(行政局長官)。女性バイオロイド日本で言うと首相のような立場にあたる。見たにも分かる硬な切れ者で、時に非作戦も立てるが、人類の未来真剣に憂いている。ESWAT警察などの治安維持機構は行政院の揮下にあることから、ESWATの実質上トップといえる。

ニケ

内務大臣を務める女性バイオロイド美人有能アテナの右腕。ESWAT警察と別の組みで組織された軍隊に準ずる法執行機関で、彼女の直属部隊であることから、ランス班長へじかに示を出すこともある。

局長

オリュンポス法省長官。男性バイオロイドアテナや立法院の七人の老人とならぶ、オリュンポス最高責任者のひとりで、FBIなどを下部機関に持つ。アテナとの会話シーンを見る限りでは、彼女より優位にいるようである。

アルゲス

本名ヴェルンド。オリュンポスFBI指揮官のひとりで、ブリアレオスとは旧知の間柄。表向きはバイオロイドを装っているが都市企画班(オリュンポス総合管理局を企画設計した機関)が監視のために潜り込ませた人間FBIには彼が揮する隊のほかブロンテス隊、ステロベス隊がある。

七人の老人

オリュンポス立法院の運営メンバーであるバイオロイド。オリュンポスを管理運営するコンピュータガイアの補助ユニットとしての役割を持つためサイボーグ化している。彼らの下にオリュンポス議会がある。2巻でエルビス(人類適正化)計画を発案するが、これが大きな事件の引き金になる。

コットス

オリュンポス製のロボットリスで、爆弾処理などの危険任務のために開発された「歩く弾よけ」。外装は意外と軟らかく、跳弾を起こして周囲に被害を与えないよう配慮されている。言葉をしゃべることはないが、人間が与えた高度なも理解できる。

マシュー博士

ドクトルマシュー。2062年生まれのサイバネ医師士郎作品では世界観を異にする「ドミニオン」やアマチュア時代の「ブラックマジック」にも登場する常連で、クセのある発言をするユニークな人物。著書に「Human is Alien」などがある。腕は確かなはずだが発言が怪しいためか、重傷を負ったESWAT隊員が「それ(ドクトルマシューの治療)だけはやめてくれ」と懇願していた。

マグス

メアガスとも呼ばれる。言葉のはしばしから豊富な経験と優れたを感じさせるESWAT隊員。女好きで3巻ではあちこちでモーションをかけており、4巻ではパニとつきあっている。特注のグリップをつけたピストルとしているらしく、ベゼクリク襲撃グループ傭兵隊長はそれでマグスを見分けていた。ムンマ教とは浅からぬ因縁があり、彼らの手口に詳しいようで、コミックガイア連載版ではブリアレオスが「宗教がらみはマグスのオハコ」とつぶやいている。

モートン

マグスの相棒。元旧アメリカ海兵隊に所属し、第五次大戦後ソ連合へ編入。そこで問題を起こして除隊となり、シカゴへ帰ったがは全焼。オリュンポス派遣医隊の看護婦と知りあったことがきっかけでオリュンポスへと移り、ESWATに入隊した。アルテミスの仕掛けた警報に気づかなかったり、ベゼクリク襲撃事件の捜メンバーから外されたことに昂したりと、いくつかの不手際がを引く。

ファング

戦闘バイオロイドA-10タイプの通称。正式名称はファングブラックボーン・ベリル・A10-F。3体いるA-10タイプはオリュンポス戦闘バイオロイド史に残る傑作のひとつと言われ、常に一人以上がESWATランス班長に貸し出され警察的な役割を果たしている。を着たジャンクを着たボルトの二人が登場しているが、残る一人は不明。感情に惑わされない合理的な判断の持ちで、ジャンクトラブルメーカーのデュナンを「いい部品じゃない」とブリアレオスへ忠告した。

スドー

スドー・シヘイ。スドオとも。身体的な問題でESWATの格闘教官をしていたが、オリュンポスの医療技術の発達によって現場復帰した。古武士のような雰囲気を持つ日本(日系)人で、ブリアレオスのような技量と経験に優れる兵士ですら軽くあしらってしまうほど高い腕前を誇る。

ドリス

ポセイドン(大日本技研)のスパイで「吉野」という名前を持っているが、こちらも本名かどうかは不明。アルゲス、ランス都市企画班とのつながりもあり、どうやら二重スパイらしい。

パニ

メディオン・ラ・パニ。黒人女性のESWAT隊員、28歳。アメリカグリーンベレー隊員だったが、人種差別的なアメリカ帝国に反発してオリュンポスへ亡命した。「射的」は上手いが「射撃」のセンスに欠けるらしい。

ランス班長

ESWAT指揮官である大佐治安局長)の部下として、作戦に参加する人選、現場での揮、また戦闘訓練などを担う。ニケとの直接的なつながりもあり、その信頼は絶大であるという。「ヒットは飛ばすがホームランはない」と言われる堅実のため、時に作戦遂しきれないこともある。

アルテミス

ネコ鹿獣人タイプバイオロイドで、都市企画班からオリュンポスへ重大な情報を届けるために創られた。戦闘バイオロイドに匹敵する身体コンピュータ銃器を使えるほどの知はあるが、言葉も喋れず常識もないことから廃墟生活の間に人間を食料にしていた。単性生殖機を持っており、3巻と4巻の間に三人のを産んでいる。

双角(ソーカク)

多々良に汚いがひょうきんな性格をしている憎めない傭兵トラップマニアで特に爆発物に関してはスペシャリスト。デュナンに「が欲しいなら植物屋(殺)か屋(溺死)でもやれ」と言われても「がねえ」と一蹴するほど爆発にこだわりがある。実は元SASサイボーグ部隊の軍曹で、アジアで戦ったあと金剛(こんごうらかんがんすい)らと出会って傭兵チームを結成したという優秀な経歴の持ちハードボイルドを気取ることもあるが、基本的にはギャグメーカーである。日本製の多機視覚が自慢。


ES.W.A.T


デュナンブリアレオスが所属する、オリュンポスの治安維持部隊。正式名称は「ESpesialy Weapon And Tactics」で、略称からS.W.A.T(Special Weapons And Tactics)の単なる上位チームのように聞こえるが、実態は警察から独立した行政院直属の執行機関である。組織系統図を示すと以下のようになる。


次へ»
最終更新日: 15/05/11 02:06
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ