ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アデク


ヨミ: アデク
掲示板をミル!
885カキコ!
ポケットモンスター > ポケモントレーナー > アデク

アデクとは、ポケットモンスターブラック・ホワイトに登場するチャンピオンである。

基礎データ
名前 アデク 性別 男性
英語 Alder 年齢
使用タイプ むし寄り 特徴 旅人
地方 イッシュ 所属 イッシュリーグ
声優 石塚運昇 世代 第5世代
ギーマ カトレア 
シキミ レンブ 
アデク
アデク

[画像]

[画像を見る]

[画像]


概要



ブラック・ホワイトでのアデク


主人公との出会いは5番道路チャンピオンらしい器の大きさを見せ、プラズマ団の野望に対し対策を立てようとしていた。また闇堕ちしかけたチェレンを更生するなどの活躍を見せた。

エンディング後にポケモンリーグに挑む事で対戦ができる。初めてラスボスじゃなかったチャンピオンである。
ただしエンディング後のリーグ再挑戦ではラスボスとしてしっかり戦えるのでHGSSレッドのような裏ボス的立ち位置である。(展開としては本来のラスボスに代わる最後の門という立ち位置なので厳密には違うが…)
なお初回エンディングまででは彼と対戦しない流れになっている関係上、今までのシリーズと違って初回クリア殿堂入りに含まれないので注意。レベル70をえる、リーグ再挑戦時の彼に勝って初めて殿堂入りである。


ブラック2・ホワイト2でのアデク


前作に引き続きイッシュ地方を放浪しており、冒険を始めたばかりの主人公を導く役を果たす。
なんと登場では崖から飛び降りて登場という年寄りとは思えない足の強さを見せる。

既にチャンピオンの座をアイリスに譲っており、サンギシティに住居を構え次代を担うポケモントレーナー達を育成している。チェレンやベルともいまだ交流があるようだ。物語にはあまり絡まずに、若者の行く末を見守っている。

なおクリア後にサンギタウンポケモンワールドトーナメントでアデクと戦う事が出来る。どちらの手持ちにもウルガモスウォーグルがいる他、PWTの手持ちはイッシュ四天王の手持ちから1体ずつ選出したものになっている。簡単に言えば第五世代縛りガチ構成である

本作でバンジロウという孫がいる事が明らかになる。


アニメでのアデク


ポケットモンスターBW31話「ライバルバトルバニプッチドッコラー参戦!!」にてシューティ回想の中で登場。
シューティポケモントレーナーになるきっかけとなった人物であるとともに、憧れの人であるようだ。
なお、シューティは強くなりいつかアデクに挑戦することを、アデクはその時までチャンピオンの座を守り続けることを互いに約束している。

後に第52話の「サトシVSチャンピオン・アデク!」で本物のアデクが登場。ジュンサーさんにナンパして「逮捕する」と言われたり、サトシとのバトルの最中に眠って呆れたバッフロンアフロブレイクで吹き飛ばされたり、260キロギガイアスを投げ飛ばして足にささった釘をとるなどいろいろとぶっ飛んだ要素がこもったキャラクターであった。
シューティーとの再会を果たしたが、肝心のシューティーバトル中に眠るなどのアデクの対応に失望する。チェレンのように「強さが全て」と考えを持っていたシューティーは、「時間の無駄です」と言って立ち去ってしまった。
最後にアデクは「自分のバトルを見た人にポケモンを好きになってもらいたい」を考えていることをサトシたちに明かした。

シーズン2 第09話(第93話) 「別れと出会いのジュニアカップ!」 にて、「ポケモンワールドトーナメントジュニアカップ」で優勝したシューティー対決バッフロン特性や弱点を研究しつくし、万全の体制で挑んだシューティーに対し、チャンピオンとして堂々とその全てを受け止め、完全勝利した。勝負後「何がりなかったのか」と尋ねるシューティーに対し、何もりないものはないのだと言い、「自分の強さは自分で決めるもの」と彼を諭した。


過去


かつてアデクがパートナーポケモンを病で失い、そのことから命や強さが永遠のものではないと悟りこのことを伝えるためにポケモンリーグを去って放浪しながらこの「大切なこと」を広めていた。
こういった苦い経験から、Nにもその気持ちを伝えようとしていたのである。

テーマソングが渋いのもそういった性格からきているのだろう。

なお、BWではどういったポケモンパートナーだったかは不明だったがBW2ウルガモスと判明した

ニンテンドードリーム2011年4月号にて、撮影中に怪をして引退せざるを得なく落ち込んでいたハチクをかけ、ポケモンを極めるに進ませたという過去明らかになった。
他にもレンブが四天王にまで登りつめるきっかけを作ったりと、要人物にも大きな影を与えた過去を持っている。

ちなみにてんとう虫コミックススペシャルから発売されているポケットモンスターBW、グッドパートナーズという漫画でもアデクの活躍が見られる。ポケモン摯に向き合う態度は主人公達に大きな影を与えた。


使用ポケモン(ブラック・ホワイト)


[画像を見る]

使用ポケモンチャンピオンにはしく半数がむしタイプに偏る。にも関わらず意外にも弱点はあまり被っていない。

先鋒のアギルダーに関しては異常な素さを誇るため、半端なレベルで挑めば初手から痛いを見る(下記動画参考)。


■sm13096381[ニコ動]

門はやはり切り札となるウルガモスである。デメリットを伴なう技が二つもあるが元々の性が高く一筋縄ではいかない相手である。


使用ポケモン(ブラック2・ホワイト2)


■im2193295(静画)

サンギタウン

PWT

前作の手持ちからクリムガンバイバニラが抜け、新たにウォーグルローブシンが加わっている。

レベルは全体的に下がっているものの、戦えるタイミングく、スキの少ない技構成となっているので要注意。


関連動画


■sm12252775[ニコ動]


関連項目


ポケモンリーグチャンピオン
グリーン - ワタル - ダイゴ - ミクリ - シロナ - アデク - アイリス - カルネ - ダンデ

最終更新日: 20/07/06 06:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ