ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アトリエシリーズ


ヨミ: アトリエシリーズ
掲示板をミル!
510カキコ!

アトリエシリーズとは、株式会社ガストから発売されている、RPGシリーズである。


シリーズ概要


シリーズ通して間違われやすいが、「錬金術」ではなく「錬金術」。
まだ「師」と呼ばれるには及ばない、未だ成長途中な主人公を描いているからとのこと。

このシリーズに『育成シミュレーション』『経営シミュレーション』『RPG』の三要素から成っており、
特に第一作である『マリーのアトリエ ~ザールブルグの錬金術士~』は株式会社ガストの出世作でもある。

シリーズ舞台等から大まかに分けて

の8つに分類されるが、『ザールブルグ編』と『グラムナート編』は同一の世界舞台にしているため、キャラクター的な繋がりが存在する。
また、『イリスのアトリエ』以降の作品も、はっきりと明言されているわけではないが、
共通の参考書や、創立者が以前のシリーズ○○かもと、関連性を匂わせる要素を含んでいる。

例:『ヴィオラートのアトリエ』の主人公ヴィオラートは『エリーのアトリエ』の主人公ライバルアイゼル』の


シリーズ一覧


(A1~A19)は株式会社ガスト正式のナンバリングタイトル

ザールブルグ編

アイテムレシピが記されている「参考書」を元に決められた期間内に効率よくアイテムを生産するのが体。
このシリーズのみ「妖精さん」をアシスタントとして使うことが出来、彼らの使い方を如何に模索するかも重要である。

現在マリー編とエリー編がPS Storeにてゲームアーカイブスとして600円でDL販売されている。

番外編・移植

グラムナート編

アイテムに『従属効果』という概念が追加され、
さらにレシピも、カテゴリに沿ったアイテムなら、ある程度アバウトに変更できる調合システムを採用している。
その他、アイテム個別の「品質」と「効果」、劣化システム実装され、
複雑にはなったものの、より高度な調合が可になった。

なお、これらの要素は「マリーのアトリエ」の企画段階から考えられていたものの、容量の都合上実装できなかった。

PSP版ではキャラダンジョンなどが追加されており、さらに長い間遊べるようになっている。

イリスのアトリエ

調合メインと言うより、従来のRPGの様に世界を救う物語

後のシリーズでも採用されている戦闘システムコストターンバトル」が作られたのがイリスシリーズであり、ベースの部分に関してはグランファンタズムまででほぼ完成している。

アルレビス学園(マナケミア)編

キャラクターデザインは芳住和之氏。ストーリーは従来のRPGのようなものとなっているのでとっつきやすい。
フィールド構成に関しては後のアーランド編へと受け継がれている。また、戦闘システムの評判が非常に良く、アーランド編においてもこのシステムが徐々に復活していくことになる。

なお、このシリーズ舞台アルレビス学園』の創設者はマリーないしエリーと思われるゲーム内の記述が存在する。

両作品ともPSP移植されており、さらに追加要素がある。

アーランド編

キャラクターデザイン岸田メル氏。

原点回帰とでもいうべき、調合・経営を軸としたもの。
マップ背景、操作キャラも二頭身ドット絵からデフォルメ3Dキャラに変更されており、
シリーズ以前作とは一変わったゲーム構成、プレイ感覚となった。

その他、各システムフィールドアルレビス学園編、調合はグラムナート編というように、
過去シリーズ作の要素をごちゃまぜにし、再構成した上でさらに発展させたものとなっている。

この4作の最大の特徴として、毎作ごとに大きく変わる固有要素の存在がある。

固有要素 詳細
ロロナのアトリエ 依頼 アトリエ存続のため、仕事をしようとしない師匠に代わって
から出される課題をこなしていく。こなせなかった場合、即ゲームオーバー
トトリのアトリエ 冒険者免許 行方不明となったを捜すため、冒険者継続に必要な
冒険者免許の点を集めていきながら、アーランドを縦横尽に駆け回る。
メルルのアトリエ 開拓 小国アールズ王」を錬金術で開拓していく。
開拓の具合に応じて採取できるアイテムの品質が大きく変わる。
ルルアのアトリエ アルミリドル解読 物語冒頭で手に入れた本『アルミリドル』を解読する。
解読していくごとに錬金アイテムアイテム特性の上限等が解放される。

なお、ロロナのアトリエトトリのアトリエでは各キャラエンディング条件達成の難易度が高めであり、
特にトトリのアトリエでは、初見プレイノーマルエンド、またはバッドエンドになる可性が非常に高くなっている。
さらに、ロロナのアトリエトトリのアトリエ共にとあるENDの条件が全キャラのED条件達成+γを条件とするため、
エンディングを見るのは非常に難しくなっている。

メルルのアトリエでは各キャラ個別エンディングではなく、未来を描写したものとなっており、
ゲーム中で達成した大きな出来事に関連して、どのエンディングになるかが決まる。

ルルアのアトリエではキャラ個別エンディングが復活しており、較的エンディング条件達成は楽。
また、重複している場合エンディングプレイヤーが選べるようになっている。

調合システム

基本は変わらないが、ロロナ・トトリ・メルルのアトリエで細かい点が大きく違う。
細部に関してはとにかく多く、書ききれないので各公式サイトを見べて違いを確認するとよい。

基本としてはグラムナート編の調合システムとなっており、品質劣化の要素を初心者向けに簡易化して搭載している。

戦闘システム

特徴として、マナケミアから受け継がれる「アシストシステム」がある。
主人公は他のキャラべると打たれ弱いため、他のパーティメンバーに防御してもらったり、追撃をしてもらったりすることができる。このアシスト防御はほぼどんな攻撃にも有効なため、たとえ全体攻撃が来ても、アシスト防御(ガード)を仲間にしてもらうことで、主人公だけは攻撃を受けずに済む。
特に即死級のダメージを与えてくるボスが多いメルルのアトリエでは、アシストガードをして仲間キャラメルルを守り、 その後エリキシル剤等のアイテム仲間生+回復させるという作戦がとても有効である。

基本的には主人公が調合した様々なアイテムを駆使しながら、他のパーティメンバーに攻撃をしてもらうことになる。
ロロナのアトリエではHPしかい単純なものであったが、トトリのアトリエではMPとLPの要素が復活。
メルルのアトリエではマナケミアタイムカード制のバトル(後述)が復活し、好評を博している。

トトリのアトリエでは従来通りの1ターン基本1回行動の戦闘システムを採用している。なおトトリとロロナの二人がアイテムを使えるため、 アイテム中心の戦闘も可としている。二人の性は同じではなく、トトリはアシスト行動をしてもらうこととアイテムの複製が可で、ロロナは通常攻撃で範囲攻撃が出来ることとスキル必殺技が使用可なこと。アイテムを使用した際の違いはない。

メルルのアトリエでは戦闘システムマナケミアと同じタイムカード制になり、より戦略性が高まっている。行動によってその後の行動までの待ち時間が変化する。特に、アイテムを使用した場合の待ち時間はとても短い。
また、アイテム使用の新要素としてメルルだけが使える「パワーアイテム」「ポテンシャライズ」が存在する。
メルルが攻撃アイテムを使用した後に仲間キャラ二人がアシスト攻撃をすると「パワーアイテム」が使用でき、最初に使ったアイテムの性を強化して使用する。また、その後にさらに仲間アシストゲージがあれば各キャラの連携技が発生し、「ポテンシャライズ」を使用する。さらにアイテムの性を強化して使用する。各性の強化とエフェクトの変化はアイテム別に違い、攻撃ダメージが強化されるものから属性ダメージが追加されるものまで幅広くある。

また、過去2作の錬金術士が2人とも存在するため、アイテムを使用することの出来るキャラは3人いる。よって、パーティ全員錬金術師という構成も可
キャラ差別化が図られており、メルルは前述の方法によって攻撃アイテムを強化することができ、トトリはアイテムを複製することができる。ロロナは使ったアイテムの効果が低くなるものの、素アイテムを使用することができる。 

黄昏世界編

キャラクターデザインEXIT TUNESVOCALOIDCDジャケットを多く手がける左[外部]氏。

舞台は文明繁栄期が終わり、人類が緩やかに滅亡へと向かう退的な黄昏の時代。
基本的にシステムはアーランド編のものをベースとし、それをさらに発展させたものとなっている。
なお、地名がタイトルに付かないのはマナケミア2以来となる。

調合システム

ベースはアーランドシリーズと同様だが、劣化の概念がくなっている。また、調合中に使用できる「調合スキル」が登場し、それを駆使することでより良い結果を生み出すことが可

各作品におけるシステムの詳細については公式サイトを参照。

戦闘システム

メルルのアトリエから引き継いで、タイムカード制のバトルアシストシステム軸としている。ただし、アシストシステムが対を選ばなくなり、どのキャラがどのキャラに対してもアシスト攻撃・アシスト防御が出来る。また、アシスト攻撃以外にもキャラ毎に様々な効果を持った行動がアシストゲージを消費することで可


次へ»
最終更新日: 19/10/13 19:50
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ