ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アドマイヤコジーン


ヨミ: アドマイヤコジーン
掲示板をミル!
5カキコ!

アドマイヤコジーンとは、日本の元競走馬・種である。
くに栄を掴んだ後挫折しながら、再びいた不屈の。 


概要


Cozzeneアドマイヤマカディ、ノーザンテーストという血統の持ち込み海外に持って行ってCozzeneを種付けし、帰後生んだのが彼である。
セスマカディーは1977年の英1000ギニーで、引退後即海外で種付けした背景にはこの血統と、当時の繋養先が種付けされた1995年当時、○外で有名だった大レーシングの拠点牧場である大ファームだったことが大きい。

1998年デビューすると2戦を圧勝し勝ち上がると、東京スポーツ杯3歳ステークス朝日杯3歳ステークス(当時は旧齢表記) を連勝。見事な成績で最優秀3歳に選ばれる。
なお、朝日杯3歳ステークス時に騎乗していたのは、当時短期免許で騎乗していたマイケルロバーツ。彼がこの勝利し、「日本JRAG1勝利した史上初の外国人騎手」というオマケもある。
NHKマイルカップ皐月賞に向けて楽しみが増えた…のだが、翌年1月に右後脚を折。ボルトが埋め込まれるほどの重傷であったが手術は成功した。余談になるが、テンポイントサクラスターオーの経験はこうして生きている。 
ともあれ傷も癒え、復帰をしたが今度は左後脚を折。結局1年7ヶもの長期休養を余儀なくされてしまう。

タニノチカラやヤマニングロバルのように重篤な折からも復帰し活躍したもいたのだが、彼は復帰後連戦連敗。 
オープンで2着が一回だけというボロボロっぷりであり、5歳シーズン7月で切り上げ休養。このまま終わってしまうのであろうか…
6歳を迎えた2002年マイルの重賞東京新聞杯で復帰。長期休養でリフレッシュしたことや、上が後藤浩輝に変わったり心機一転した効果があったのか
10番人気と軽視されながら勝利。約3年ぶりの重賞勝利を挙げる。続くスプリント重賞阪急杯では3身1/2つけて圧勝。高松宮記念でついにG1の檜舞台に返り咲く。
2番人気に推され、ショウナンカンプの2番手を追走するも軽快に逃げるショウナンを捉えるどころか突き放され2着となる。
その後、直接安田記念に向かうがメンツがったことや、阪急杯の鮮やかさからスプリンターと思われたか7番人気人気を落とすも、先行してり追い込んだダンツフレームを封じきりG1・2勝を挙げた。
実に3年半ぶりのG1勝利であり、後藤浩輝にとっては念願の中央G1勝利ともなり後藤は号泣。営もコジーンの頑りに感動したことであろう。オーナー近藤利一氏と後藤が泣きながら抱き合ったという逸話も残る。
その後は新潟開催となったスプリンターズステークスショウナンカンプを破るも、最内から強襲したビリーヴに敗れ2着。マイルチャンピオンシップでは1番人気に推されるも先行できずに7着、
引退レースとなった香港マイルでは武豊で挑み4着と善戦。しかし2001年の3連勝があったせいかあまり評価されなかった。

引退後は種として活躍。初年度はアストンマーチャンスプリンターズステークス)を筆頭になかなか好調だったが、当たり外れがしく、その後は不振気味で2010年に社台からレックススタッドに移動、2015年からはクラウン日高牧場に移動、功労として、また細々と種としての余生を送っていた。

2017年6月6日、大動脈破裂により息を引き取った、21歳。関係者も驚くくらいであったから急死であったのだろう。
亡くなる8時間前にはも生まれ、2017年も2頭の受胎を確認。一層情勢は厳しそうではあるが、不屈の闘志で復活した彼である。残り少ない産駒から大物が輩出されることを願わずにはいられない。 


関連動画



■sm8513409[ニコ動]

■sm3576380[ニコ動]


関連商品


アドマイヤコジーンに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


アドマイヤコジーンに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 19/06/25 17:58
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ