ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アニマル横町


ヨミ: アニマルヨコチョウ
掲示板をミル!
86カキコ!

アニマル横丁

アニマル横町とは、前川によるドタバタギャグコメディ漫画である。りぼん集英社)にて1999年から連載中。

略称は、アニ横。


どき☆どき ニコニコ大百科デビュー の巻


最初に言ってはおくが、『アニマル横丁』ではなく『アニマル横町』である。(作者いわく、本当によく間違われる)

もともとの呼び名は『みんなでクイズ!アニマル横町』。その名の通り単なるクイズコーナーでしかなった…

 

しかし、ここからが伝説の始まりであったのだ!


その後1999年の増刊号に「みんなでマンガ!アニマル横町」として掲載が始まり、「アニマル横町」へと名。

ついにはりぼん本誌へ殴り込み連載へとこぎつけた。

そして、第51回(平成17年度)小学館漫画賞児童向け部門を受賞。

さらに2005年10月かから2006年9月までアニメ化され、放送された。

ページしかない原作を何倍にも膨らませた功績を持つ。

また、メインターゲット層にはわからないシュールネタの宝庫でもあり、まさに「大人も 子供も おねえさんも」最後まで楽しめる最高のアニメであった。今なお続編を望むは絶えない。

ちなみにこのアニメ、続編の予定は今のところないが、りぼん本誌(2006年10月号)では『いったんお休み』と書かれており、続編への望みは途絶えていない…


あらすじだぉ


主人公のあみちゃんがある日、メイジ村のある一軒に引っ越してきた。

そこに存在していた1つの不思議なトビラ…

そのトビラは「アニマル横町」という異世界につながっていたのであった!

その日からそのトビラから、さまざまな動物が現れてはあみちゃんの日常いい意味で変えていってしまうかなりおかしな物語である。


おもな登場人物


・あみ (CV江里夏
永遠の時を生きる5歳女の子(別名・伝説の少女A普通人間ツッコミ担当。
12月15日まれの射手座。アニ横の星座ではご座。血液型B型ほしい物はお金
いつもトビラからくる動物たちだけでなく友達先生にも振り回されているみんなのまとめ役の子。

ちなみに動物形態はネコである。(初登場・1巻)


・イヨ (CV宍戸留美
アニ横の住民のウサギ。年齢は自称「 イヨはまだ16だから 」の通り16歳ボケ担当。しかし最近は逆にケンタの奇行にツッコんだりもしている。

1月4日生まれ。アニ横の星座では双子つかい座。血液型A型
トラブルメーカーで騒動の原因はたいていこの子。多くの必殺技を持つ。アニ横ではケーキ屋を営む。

とくにケンタ(後述)にやたらと突っかかっては「ケンちゃんいじり」を楽しむ悪女である。擬人化形態は金髪になる。(初登場・1巻)


・イッサ (CV佐藤ゆうこ
アニ横住民のパンダ。年齢は不明。フリーターボケツッコミ二刀流である。本人によると実際のポジション癒し担当だが、大体忘れられてる。

11月23日生まれ。アニ横での星座へびつかい座血液型AB型
パンダ絶滅危機にいつも怯えている男の子。あと幽霊とか怖いものがダメ。

いじりすぎると・・・ 「 おこるでしかし!! 」 擬人化形態は中性的な顔の男の子になる。(初登場・1巻)


ケンタ (CV永澤菜教
アニ横住民のクマ。年齢(ryタクシーの運転手である。ツッコミ担当。しかし最近は、素で変なことをしたりしていてボケっぽい気もする。

さらには、自分に対するいじりが甘いと「もっとひどいことしろよ!!」といい、リアクション芸人のようになってしまっている。

5月6日生まれ。アニ横の星座ではつかい座。血液型B型
ネタ不人気キャラと言われてしまっているが、ちゃんとファン大勢いる。

イヨからよくいじられ、単行本の表に一度もまともに出たことのないかわいそうな子。13巻ではついにキャラポジションくまモンに奪われていた。
 しかし、擬人化形態は3匹の中で一番の人気を誇る。これだからイケメンは・・・。

いつも首に巻いているマフラーは親しかったおばあちゃんが孫と一緒に暮らすことになり、その別れの際にもらった大切なプレゼントである。(初登場・1巻)


・ヤマナミさん (CV堀内賢雄
本名はジャントラード・タケオ6世。「ロク」と呼んでください…お呼びでない?

通販からサンタクロースまでなんでもこなす、アニ横最強サラブレッド)である。今ではみんなのおにーやんにもかかわらず、アニ横1のいじられキャラになっている。
擬人化形態は作者いわく「恐ろしくてできない」とのこと。(初登場・1巻)


・くーちゃん (CV福原香織 
本名は竹田美子。あみちんの幼稚園友達天然ちゃんである。

5月21日まれのふたご座。アニ横星座では座(せいざ)。血液型A型
が苦手。しかし、馬刺しは食べられる。趣味ハンドベルと編み物であらゆるカバーを作る。
動物形態はノミじっくり考え中。(原作者談)

イヨのせいでお気に入りであるケンタのことを単三電池でうごく人形と思い込んでしまい、バレンタインデーではチョコではなく手作り電池をプレゼントしてしまうのがお約束になっている。(初登場・3巻)


そのほかの登場人物たち



・まっち(CV加藤奈々絵
ピッチCV鈴木菜穂子)
 
読者募集によって生まれたキャラその1。
まっちは4月4日生まれで、アニ横星座つかい座。血液型A型ピッチは拾われたので不明。

肩書きがチマチマ変わる何の動物かは不明とトリ。ちなみに女の子たちである。(初登場・2巻)


弥生くん(CV伊藤静
アニ横住民のコアラ。放浪癖がある。
3月3日生まれで、アニ横星座追い座。血液型AB型

鼻の部分に弥生ん?CV羽多野渉がいて操縦している。
・・・じゃあこいつはホントは何なんだ?(初登場・1巻)


Mr. のんこちゃん (CV福原香織
イヨが縁日でもらってきたカメさん梅雨の時期はカビだらけになる。
6月23日生まれで、アニ横星座うさぎ座人間で言ったらO型。(初登場・2巻)


マツモトさん (CV羽多野渉
胴体はキリンだが、そこから上が徳のオーラで見えないの存在。(初登場・3巻)
余談だが原作者・前川が最初に世に送り出した作品、は大騒ぎ」主人公松本さんである。


松崎あやこ(CV鈴木菜穂子)
あみのMOTHER。まともに出てきたことはない。

・あみパパCV羽多野渉
あみのFATHER。顔も名前も不明なサラリーマン

(こう)くん(CV大浦冬華
もちろん人間であるあみの。本名・松崎光太郎
10月26日生まれで、アニ横星座では銀座血液型B型

普段は母親の職場にあるとされる託児所に預けられている。アニ横のトビラに落ちたこともある。(ゲームより)
何より、ケンちゃんLOVEである。(初登場・5巻)


・リエちゃん(CV大浦冬華
ゲームオリジナルキャラだが原作に1度登場しているネズミちゃん。
10月1日生まれで、アニ横星座では銀座血液型A型

『でち』が口癖。幼いため、「し」を「ち」と発音してしまう。イヨにトラウマがあり、ケンタ見たが怖いから苦手。(初登場・7巻)


(サユキ)(CV羽多野渉
脇役。(初登場・1巻)

まぐろ抱き枕CV羽多野渉
生臭い抱き枕。実は食べられる。(初登場・1巻)


しま シマ子(CV高乃麗

アニメのみに登場したシマウマ。通称シマ子さん。
アニ横のファッションリーダーであるが…「ほんとかなぁ?」と疑いたくなるセンスであったりすることもある。


・あこ先生CV伊藤静
本名・青森あこ。
あみのクラス先生
牛乳が飲みたいからという理由で先生になった変わり者のメガネっ娘。(初登場・7巻)


タケルCV大浦冬華

俺の嫁。あみのクラス友達タケルくんと呼ばれている。
面と向かって話せないシャイな子。彼の乏しい表情を読み取れるのはクラスメイトだけである。(初登場・7巻)

動物形態はくーちゃんと同じく、じっくり考え中だそうだ。


モブ園児A(CV菊池こころ?)〔詳しくは不明〕
黄色リボンカチューシャをつけた、モブにしとくのがもったいないくらいのかわいい女の子


しゃちほこCV羽多野渉鈴木菜穂子)
しゃちほこ。 


ポテテチュート(CV伊藤静
イッサく、「小さくてくて黄色くて満月になるとへ向かって大移動する植物



さてここからは声優いらずの方々のコーナーでーす。
(別に読まなくてもいーぞ)

 

ガル
読者募集で生まれたキャラその2。高飛車トラでアニ横では重なツッコミ役。
初登場時ケンタに取って代わろうとしたり、くーちゃんに憧れを抱いたりとケンタライバル的存在である。

またアニメ化の際、2006年時点の依存キャラの中で声優が与えられなかったキャラでもある。

・・・その代わり、作者ブログ2008/1/18)にて擬人化形態をラクガキしてもらったことにより、数少ない擬人化形態持ちキャラとなった。 (初登場・6巻)


・男(おうし)(× うしお)(× ぎゅうた) 
読者募集で生まれたキャラその3。基本的に「モー」としかしゃべらない、ハリセンを背負った
ツッコミキャラと思いきや、実はボケキャラBSEに感染したことがある。(初登場・9巻)


タマリニム男爵
アニ横テレビの名会者。察するに「顔芸」の名手であろう。(初登場・9巻)


・ニャボっち
ゲームのみのキャラだがあまりに影が薄くて本当にこんな名前だったかどうか…
リエちゃんやあみちゃんをカゴに閉じ込めてはステージの最後でミニゲームの挑戦者を待っている。


ナンチャコ

ここぞとばかりにナンチャコフ!!



以上。・・・あれちょっとまって?大事な人達を忘れてない?

 

前川
このマンガ原作者。当初はストーリー漫画家であったが、アニ横が大当たりしたため、
それ以来アニ横を描き続けている。
本名とペンネーム87.5%同じらしい。たぶん女性・・・だよね?(初登場・1巻)

5巻から自身のイラストデフォルメからタマネギに変わった。三国志ファミコンするオタクでもある。


前川
マエリョーのケンちゃんLOVE
普段は大好きのお姉さんだが、喧になるとをはいだりするほどのすさまじい姉妹をする人物である。(初登場・1巻)

一部のファンからは「実はアニ横で一番かわいいのは彼女」とされることも…。


・成(なる)
ミニチュアダックスシルバーダップル)のである、マエリョーの飼い犬)である。(初登場・2巻)


・初代担当 T氏
マエリョーのデビューから4巻あたりまでを支えた玄人。 (初登場・2巻?)
単行本10巻ではマエリョーの依頼でカバーの裏に歴代担当の一人として自分なりのアニ横トリオを描いた。
なお、称はトミーだがフリーカメラマンとは一切関係ありませんのでご了承ください。

2代目担当 エリート
その名の通り、優秀な担当者。 
サイン会の時、やたらとケンちゃんをプッシュしていた。ケンちゃんLOVE
彼も同じく、歴代担当の一人として10巻カバー裏にアニ横トリオを描いた。(初登場・6巻?)

・3代担当 若(わか)
2009年に配属された、マエリョー現担当。命名の理由は若いからだそうだ。
マエリョーく、自分以上のオタク魂を持っているとのこと。

ちなみに担当者達は原作おまけ漫画コバナシ)にたまに登場するのだが、
作者に似せる気がないため、登場のたびに外見が変わってしまっている。


名言 


コミックスについている帯にて「アニ横は3巻から読むべし!」という名言を残している。 

その名の通りアニ横は3巻から読みはじめるべきなのだろう。その相は……読めばわかる! 

 


次へ»
最終更新日: 18/06/15 01:18
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ