ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アニメ


ヨミ: アニメ
掲示板をミル!
7159カキコ!

アニメとは、アニメーション略称である。


アニメーションとは


静止画を短い間隔で見た場合、人間が間の動きを補して連続した動きのある映像と認識してしまう残像効果と呼ばれる錯覚がある。これを利用して、形が少しづつ異なる静止画を1コマづつ作成し、連続して映写することで画像が動いているように見せる映像を作り出すのがアニメーションである。

ラテン語で霊魂を意味するアニマanima)から来ており、命のないものに『命を吹き込む』という意味で使われていたのが始まり。

こちらも参照⇒アニメーション


日本の「アニメ」


「アニメ」は日本での「アニメーション」の略語。単に「アニメ」と呼称した場合、特に漫画などの絵柄による商業アニメーションのこと、またそれらを取り巻く文化のことをすことが多い。

この呼称は海外にも逆輸入された。海外(特に英語圏)ではアニメーションanimation「animaと略すことはないが、日本の商業アニメーションのことを日本略称そのままに「anime」と呼ぶようになっている。「ジャパニメーション:japanimation」という単も存在するがこちらはほぼ死語に近い。

以下、この記事では、日本の商業アニメについて記述する。


アニメの歴史


世界初の『書いた絵を動かすアニメーション作品』は1908年のフランス映画ファンタスマゴリー[動]」が最初とされる。大正時代に入ると、日本でもアニメーション制作が開始された。現存する日本最古のアニメーション映画は1917年(大正6年)頃作られた「なまくら刀[外部]」である。
この頃活躍した下川、幸内純一北山太郎の3人は日本におけるアニメーションの創始者といわれている。


■sm1936524[ニコ動]

■sm15015093[ニコ動]

ウォルト・ディズニーが初めに会社を設立したのが1923年であり、ここから世界アニメーション映画制作が活発化する。ディズニーアニメーション世界中で人気を博し、ミッキーマウスの初登場作品である蒸気船ウィリー(1928年)や世界初の長編カラーアニメーションである白雪姫1937年)などは特に有名な作品である。
この頃からアメリカン・アニメーション黄金時代が始まり、他にもMGMの「トムとジェリー」やフライシャー・スタジオの「ベティ・ブープ」や「ポパイ」、ワーナー・ブラザーズの「バッグス・バニー」など、人気キャラクターが数多く生み出された。

■sm1751094[ニコ動]
■sm1838306[ニコ動]
■sm5752880[ニコ動]
■sm1963250[ニコ動]

日本では、日本アニメーションともいわれる政三とその子の瀬尾世により活発にアニメが生み出された。第二次世界大戦を迎えると、威発揚のため日本でも長編アニメーション映画が作られた。1942年に日本初の長編アニメーションである「桃太郎の海鷲」が、1944年には「桃太郎 海の神兵」が制作された。

■sm362220[ニコ動]
■sm22135844[ニコ動]
■sm3251714[ニコ動]
■sm8463786[ニコ動]

戦後テレビ放送が1953年に開始されたが、制作期間と費用の面から海外から輸入したアニメの放送が流であった。1956年東映動画(現:東映アニメーション)が発足。日本初のカラー長編アニメ映画である「伝」(1958年)が制作された。この制作には、手塚治虫も参加している。またこの映画は当時高校生であった宮﨑駿にも大きなを与えた。また同年に日本初のテレビアニメである「もぐらのアバンチュール」が放送されている。

■sm21645134[ニコ動]
■sm12423101[ニコ動]

1963年には手塚治虫虫プロダクション)による日本初の30分連続TVアニメーション鉄腕アトム」が放映。手塚はリミテッドアニメーションの手法を取り入れ、鉄腕アトム以後には、日本TVアニメーション制作数は大きく増加し、日本を代表する産業に成長していくことになる。

1968年高畑勲監督アニメ映画太陽の王子ホルスの大冒険」が開。この作品には宮﨑駿も関わっており、のちの「ルパン三世 カリオストロの城」や「風の谷のナウシカ」に繋がっていった。

■sm12731354[ニコ動]
■sm15187467[ニコ動]

1970年代、「アニメは小さい子供が見るもの」という考え方は日本でもまだまだ流であったが、1974年に放送された「宇宙戦艦ヤマト」が再放送映画化を経て大ヒットし、アニメブーム声優ブームが起こった。またこれをきっかけに1978年日本初のアニメ雑誌であるアニメージュが創刊された。この頃までアニメは「テレビまんが」、「まんが映画」と呼ばれることが多かったが、しだいに「アニメ」という呼び方が一般化した。(そのため、現在でもアニメのことをマンガと呼ぶ世代も多い。)その後も「銀河鉄道999」や「機動戦士ガンダム」などのSF作品が青年以上の層に人気を博した。

1980年代になるとOVAオリジナル・ビデオ・アニメーション)の市場が形成された。この頃は低年齢層はテレビアニメ、高年齢層はOVAという市場住み分けができていたが、深夜アニメの増加により現在では衰退している。
1990年代に入ると高年齢向けの作品は更に増加していった。この頃の作品から、大友克洋の「AKIRA」や押井守の「攻殻機動隊」など、ジャパニメーションとして海外人気を博す例も現れた。

1985年に設立されたスタジオジブリは、現在に至るまで日本のアニメ界に大きなを与えて続けてきた。特に2001年開の「千と千尋の神隠し」は日本映画行収入歴代1位を記録、アカデミー賞アニメーション部門を受賞するなど高い評価を受けた。

アメリカでは1990年以降、3DCGアニメーション制作が本格化する。1995年ディズニーピクサートイ・ストーリー開され、大ヒット。一方日本2001年ファイナルファンタジーフルCG映画化したが、行的には失敗に終わった。数は増えているものの、現在日本ではCGアニメーション流にはなっていない。
長年に渡り日本のアニメはセルアニメ流であったが、1990年代後半からデジタルへの移行が進み、2013年に「サザエさん」がデジタルに切り替わったことでセルアニメは実質消滅した。

日本では、様々な物に霊魂やが宿るアニミズム(animism/霊魂)崇拝の考えが古来より深く根付いている。同様のを持ち、文字通り「セル画に命を吹き込む」かの如きアニメーションが大きく発展したのはある意味必然だったのかもしれない(そのきっかけの作品がロボットものだということも含めて)。


現代の日本アニメ


2000年代以降は、深夜アニメの増加とメジャー化という大きな流れがある。

少子化によってアニメの視聴率が低下したことで、テレビ局映像商品や関連商品の販売によるアニメビジネスを模索し始めた。1995年の『新世紀エヴァンゲリオン』は、当初夕方に放送されていたが、深夜再放送でも高い視聴率を獲得し、テレビ東京が率先して深夜アニメの開拓に乗り出す要因となった。

深夜アニメの認知度を上げた要因の一つとして、2006年に放送された『涼宮ハルヒの憂鬱』の大ヒットや、同時期にYouTubeニコニコ動画などの動画投稿サイトが誕生したことでアニメ視聴者による二次創作文化がそれ以前にべて広まったことがあげられる。

深夜アニメは2015年全日帯アニメの制作分数をえた。『進撃の巨人』『ラブライブ!』『鬼滅の刃』など、紅白歌合戦で特集されるほどの人気となる例も現れている。

製作委員会

現在のアニメの大半は製作委員会方式で制作されている。製作委員会方式がとられることにより、リスクを分散させる事が可となり、1990年代までのアニメ製作における大きな条件の一つであった「玩具メーカーなどのスポンサーとの契約」を気にする必要がなくなった。

ただし、製作委員会方式の場合制作費を回収するためにDVDBlu-rayなどの販売で収益を得る必要があるが、売上は作品人気により大きな差があるため、安定的な収益を得るために「数打てば当たる」論理制作本数が増加した。

人気スマホゲームアニメ化する場合、開発企業は資が豊富なことから、1社単独出資になるケースもある。(Cygamesの「神撃のバハムート GENESIS」など)
のあるNetflixが出資してアニメ制作を行う例も出てきている。(「ULTRAMAN」など)

また、近年はパッケージ販売から動画配信業者への販売へビジネスモデルが変化しはじめている。

制作本数

TVアニメの総制作本数は長期的には増加傾向にある。2006年に1度ピークを迎え、その後一時的に減少したが、2011年以降は再び増加傾向にあり、2016年には過去最高を記録している。

視聴環境

かつての流であった、地上波ゴールデンタイムに放送されるアニメは、2018年テレビ東京の『ポケモン』『BORUTO』が夕方に移動、2019年テレビ朝日の『ドラえもん』と『クレヨンしんちゃん』も夕方に移動し、5大民放では0本となった。
一方で、金曜ロードショーなど2時劇場版アニメが放映されるケースが多くなっている。

独立局では、TOKYO MXゴールデンタイムにおいても積極的にアニメを放送しており、平日19時台をはじめ夕方~深夜の番組の多くがアニメに充てられている。また、TOKYO MXは最近は配信にもを入れている(後述)。

2020年現在では、地デジ化による録画機器の普及や、動画配信サイトサブスクリプションサービスでのアニメ配信が一般的になったことにより、時間や場所を選ばず、容易にアニメを視聴できる環境になっている。

市場規模

世界のアニメ視聴者2018年にアニメコンテンツに支払った総額は2兆1800億円と推計されており、過去最高であった。近年の成長の大きな要因として、中国市場を中心とした海外へのコンテンツの輸出がある。

テンセントなど中国内の配信サイト契約を結び、海賊版をする努が続けられている。

劇場版アニメ

劇場版アニメ行収入については、『名探偵コナン』、『ドラえもん』が上昇傾向にあるほか、
スタジオジブリ作品のほか細田守新海誠などの監督によるヒット作品が生まれている。

深夜アニメでは、これまでに『魔法少女まどか☆マギカ』『ラブライブ!』『ガールズ&パンツァー』『ソードアート・オンライン』の劇場版が20億円以上のヒットを記録している。


ニコニコ動画のアニメ本編について


ニコニコ動画γ~RC2時代(2007年頃)は著作権者でうpされたアニメ本編が野放し状態で、見たいアニメはニコニコ動画に行けば見れるという状態だった。その為、再生マイリストコメントランキング上位にアニメ本編がたびたび登場していた。
(例:らき☆すたCLANNADバンブーブレードこどものじかんさよなら絶望先生 等)

これは当時、権利保護や監視体制が十分に整備されておらず、削除されにくい状況であったためである。

しかし、最近では権利者ガイドラインが作成され、新作アニメの全編の投稿動画は直ちに削除したり、公式側が後述するニコニコチャンネル側からアップロードする方針となっている。そのため、アニメジャンル2019年現在公式アニメを除くと、にアニメの映像を編集したMAD切り抜き映像を扱うジャンルとなっている。


アニメ&MADの削除傾向


上記のように、権利者ガイドラインが作成されたが、旧作アニメは新作アニメとは異なり、うp直後に消されることは較的少なく、ほとんどの場合、権利者の申し立てがない限り削除されないため、長い間放置される状態だった。


次へ»
最終更新日: 20/08/07 22:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ