ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アビスガンダム


ヨミ: アビスガンダム
掲示板をミル!
18カキコ!

アビスガンダムとは、機動戦士ガンダムSEED DESTINYに登場するモビルスーツである。
形式番号はZGMF-31S。地球軍に奪取されてからはRGX-02めた。


開発への経緯


前大戦終盤、地球連合軍はザフトジブラルタル基地を失陥させるべく、フォビドゥンブルーやディープフォビドゥンといった新水中モビルスーツを投入。これに対しザフト軍は防衛部隊としてグーンゾノボズゴロフ級潜水空母を出撃させ、両軍はカサブランカ突した(第二次カサブランカ戦)。戦況は地球軍の圧勝であった。地球軍の新水中モビルスーツに、グーンゾノが立たなかったのである。結果、ザフトジブラルタル基地を放棄せざるを得なくなってしまった。この時にザフト軍が感じた恐怖が、アビスガンダム開発へと繋がった。


概要


地球軍のフォビドゥンブルー、ディープフォビドゥンに対抗するためアビスガンダムは開発された。
そのため、水中戦に特化した性になっているが宇宙空間での活動も可

カオスガンダムガイアガンダムと違ってビームライフルを持っておらず、フォビドゥンブルーを模倣してか代わりにビームランスを持っている。の甲羅のような丸い装甲を両肩に持ち、内側には3門のビームが備え付けられている。両肩のビームを一度に発射すれば、合計6本のビームが敵を襲うという高い火力を発揮する。胸にはカラミティと同様にカリドゥス複相ビームが装備され、火力の底上げが図られている。
水中ではビームが使用不能になるため、その際はビームランス魚雷、連装武装となる。また両肩の装甲で顔から膝まで覆うモビルアーマー形態への変形も可で、高速潜行をする時に用いられる。

ミネルバに搭載される予定だったため装甲にはヴァリアブルフェイズシフトが使われ、デュートリオビームによる短時間補給を可としている。が、連合側にはデュートリオビームが放てる艦艇がかったため短時間補給は一度も使われていない。


セカンドシリーズの1機として、アーモリワンで開発が進められた。機体の方は完成し、ミネルバ進水式を待つばかりであったが、その直前で地球軍の特殊部隊ファントムインによるガンダム強奪に遭遇。内定していた本来のパイロットは殺され、アウル・ニーダによって強奪される。その後はアウルの搭乗機となる。その後、追撃をしてくるミネルバ隊と幾度とく交戦。地球に降りてからは十八番の水中戦で性を遺憾なく発揮。インド洋の戦闘グーン3機とボズコロフ級潜水空母「ニーラゴンゴ」を血祭りに上げ、水中に下りてきたザク2機をも翻弄した。
ダーダネル峡の戦ではオーブ軍とともにミネルバに迫ったが突然介入してきたフリーダムに両足を射抜かれ戦線離脱している。その後のクレタ戦闘では、ブラストインパルス戦闘。相変わらず得意の水中戦でブラストインパルスを翻弄するが種割れしたシンが投擲したビームジャベリンがコクピットに突き刺さりアウル死亡。アビスガンダムも爆発に消えた。強奪されたセカンドシリーズで一番最初に撃破された機体となってしまった。

 


関連商品


■azB0009FHUG8
■azB0003095QC


関連コミュニティ


アビスガンダムに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 20/06/15 21:18
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ