ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アフレコ


ヨミ: アフレコ
掲示板をミル!
48カキコ!

アフレコとは、アフター・レコーディングの略で和製英語である。
は「アテレコ」、対義は「プレスコ」。


概要


映画テレビドラマアニメなどで、先に映像(絵)を撮影した後に音を収録することをす。
アテレコという言葉は、演技に「当てて」録音することがで、後に音を収録するという点では、アフレコとほぼ同じ意味である。どっちにしろ、外国人には通じない横文字である。

テレビ番組で、アニメ映像を前にして声優が台本片手に演技している所を見たことがいだろうか? あれがアフレコである。

アニメ作品等は、数えきれない枚数の絵を作画する都合上、膨大な手間や時間がかかる為、先に映像を作っておき、そこに後から音を収録するアフレコは一般的な収録方法である。
収録時は当然音がいので、口パクを明確にするため台詞を喋る部分で演技マークを入れたりすることが多い。

……とは言え、そんな手間のかかる作業は遅延するのが業界のお約束であり、音収録の際に映像がきちんと完成している事はむしろ稀で、よくて動画背景の原が付いたもの(色つきであればなお良し)、悪くて絵コンテ状態、最悪絵がい状態で口パク動作すらない映像セリフを喋るタイミング把握するためのアフレコ専用映像)をを見ながら演技しなければならないケースも少なくないようだ。ただし、全に完成された状態であると演技的な意味で制約を課してしまうこともあるため、下記のプレスコとともにケースバイケースでもある。

収録現場には数本(声優の人数分ではない)のマイクが用意されていて、各シーンで喋る声優マイクの前へ順次移動・入れ替わりしながら録音が進められる。また、スケジュールの都合で参加できない声優セリフを別機会に録音して、後で音を統合する場合もある。逆に映画などでの収録においては、メインキャストスケジュールを押さない為1日丸ごと使い収録を行う場合もある。

ドラマ映画などの実写作品では、収録環境的に音が収録出来ない(特に屋外だと雑音を拾う為)とき、アフレコで音だけ収録することがある。また、体的な演技との演技を分けて取る意味でも採用されることがある(そうすることでNGによる時間のロスを減らし演技に集中できる)。

また、特撮は原則的に中の人スーツアクターなので、後から音だけアフレコする形になる。アフレコに慣れていない俳優さんも多いので、暖かいで見守って欲しい。最もスーツアクター以外でもアフレコすることも多い。特撮出身で声優シフトする人も少なからずいるが、この経験によるところが大きい。


関連動画



■sm12954075[ニコ動]

■sm1709900[ニコ動]
■sm2404515[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 19/04/07 04:35
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ