ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アポロ計画


ヨミ: アポロケイカク
掲示板をミル!
334カキコ!

アポロ計画Apollo program)とは、アメリカ合衆国国立航空宇宙局NASA)が1960年代に行った有人宇宙飛行面探プロジェクトである。


概要


アポロ計画

アポロ計画は1960年代初頭に立案され、人間面へ送り込み事に帰還させることを第一標とした。発表当時、アランシェパードによるアメリカ初の有人宇宙飛行(約16分の弾道飛行)を成功させたばかりだったが、マーキュリー計画による有人宇宙飛行技術の習得とジェミニ計画によるランデブーやドッキング技術の開発が進められ、1969年7月20日アポロ11号静かの海に着陸、事に帰還を果たした。

アポロ計画では11号に続いて12号14号15号16号17号の合計6度の面着陸に成功した。アポロ13号への行程の途中で爆発事故を起こし着陸は成らなかったが、クルー事に帰還した。

アポロ計画は20号までが予定されていたが、有人面着陸という第一標を達成した後急速に関心を失い、18~20号は相次いでキャンセルされた。こうして、1972年12月アポロ17号で計画は終了した。

キャンセルされた際に生じた余剰の船とサターンVロケットスカイラブ計画やアポロソユーズテスト計画に流用され、着陸船は博物館に贈られた。


ソ連との競争


アポロ計画をる上で欠かせないのが、ソ連との冷戦という要素である。当時のソ連宇宙技術はアメリカはるかにしのいでおり、世界初の人工衛星、有人宇宙飛行、宇宙遊泳、人探機の着陸など、あらゆる標を先に達成していた。科学においてソ連に劣っているという事実アメリカショックを受け、失われた威信を取り戻すために有人面着陸を行おうとしたのである。
(何故このときソ連がこの分野において優れていたか、というと、旧ナチスドイツロケット技術者を引っってきてこの計画に当たらせたのが背景にある。旧ナチスドイツは液体燃料等の技術に優れており、元々は「V2ロケット」に代表されるような軍事的の利用を行っていた。また、当時におけるソ連の技術の高さは他にも理由があるのだが、ここでは割愛する。調べたらすぐ出てくる)

しかしソ連の有人面着陸計画は順調にはいかなかった。宇宙船を打ち上げるN-1ロケットアメリカサターンVよりも複雑で、テストは困難を極めた。幾多の失敗と多くの犠牲を出してしまい、アポロ計画終了後の1974年面着陸計画を断念することを決定した。この事実世界に知られることになるのは、1980年代末、ゴルバチョフ大統領によって行われたグラスノスチ(情報開)のときだった。

よく、ムーンホークス論者(後述)がすることの一つとして、「あのときに行けたのなら今も行けるだろ、行ってみせろ」というのが挙げられる。だが、少なくとも現在2010年時点)においてはそれは絶望的である。
先述したようにソ連との冷戦の一環で始まったアポロ計画であるため、の威信がかかっている。成功した際の政治的な意味も大きい。そのため、計画成就のためにはアメリカ政府を惜しまなかったのである。だが、現在はもろもろの事情によってアメリカも財政が火のであり、政治的に有意でない面着陸に対して、を出すのに消極的になるのは必然だといえる。


関連動画



■sm3126371[ニコ動]

■sm247915[ニコ動]
■sm951352[ニコ動]
■sm6055272[ニコ動]
■sm962723[ニコ動]
■sm877348[ニコ動]
■sm932049[ニコ動]
■sm932280[ニコ動]
■sm1371242[ニコ動]
■sm4173554[ニコ動]


アポロ計画陰謀論(ムーンホークス論)


アポロ11号や他の宇宙船は本当はに着陸していない、映像特撮で作り物という陰謀論が存在し、根強い人気がある。関連動画にはこの旨のコメントが多数見受けられる。

陰謀論概要と反論については、Webにおいて、また多数の書籍で扱われているので、そちらを参照願いたい。
結論から言うと、陰謀論者のほとんどは論破されており(いうより論ずるに値しない)、大百科的には「面着陸はあった」と断言できる。

そもそも陰謀論者は、11号がぶっつけ本番(ナンバリング的にその前があるのは当たり前であるが)での試みではないという事実全に視している事が多い。

までの飛行や宇宙船同士のドッキング面への軟着陸等、面着陸計画を成功させるためには様々な技術が必要となる。まずアポロ計画に先立ちジェミニ計画ではランデブーやドッキング技術のテストが、そして人探機のサーベイヤーを用いて面への軟着陸技術のテストが行われていた。

そしてアポロ計画の段階に入ってからは4~10号(なぜ4号からなのかについての詳細は各自参照されたし)で周回、(実際の着陸を伴わない)面着陸船のテストなどが行われ、着陸に必要となるデータが取得されてきた。

これらの事から解るように、計画自体十分な下積みを行った上での試行なのである。さらに言えばそれらのテスト自体にも大な予算が掛けられているのは容易に想像可である。たかが『面着陸の捏造』のためだけに膨大な予算を投じるのは費用対効果としてはあまりにも低すぎるものであり、そこまでするくらいなら初めから本気で面着陸を試みた方がはるかに有用だと言える。

■sm7564129[ニコ動]

ちなみに、こんな事件がある。陰謀論者バート・シブレルがオルドリン氏にインタビューを行った際、シブレルが「聖書に手を置いて『に行ったことは事実だ』と誓ってみろ」と強制し、「行ってもいないこと(面着陸)についてのインタビューや著作で報酬を得るのは、詐欺・窃盗行為だ」と詰め寄った。これに対しオルドリン氏は頭に来たらしく、思わず手が出てしまった(俗に言うシブレル事件)。
…まあ、これはシブレルに非があるのは言うまでもかろう。

■sm8507903[ニコ動]

ムーンホークス論者ののうち、映像のおかしさに触れているものの多くは「自分が○○と思うからあの(面着陸の)映像××がおかしい」のテンプレートめることが出来る。
ここで問題なのは"自分が○○と思うから"の部分である。こういう系統の陰謀論の多くに言えることだが、特に宇宙において素人がすぐ思い浮かべるような想像はほぼ間違い…とは言わないまでも怪しい部分が視できないほどたくさんある。例えば、宇宙の記事でも触れられてはいるが面と(?)を一緒に撮影したらが写らないのは当然のことであるし、地平線が近すぎて地平線の後ろから山が見えるのもデフォである。また、「アレ宇宙空間での動きじゃないだろう」や「当時の技術レベルで出来るわけがない!」などと言うもあるが、そういうお前は『宇宙空間での本当の動き』や『その当時の技術』がどのようなものなのかちゃんと知っているのか、所詮SFで仕入れた知識じゃないのかと(rySFを蔑視しているわけでは決してないのであしからず
い話が、「自分の想像を信じるな、専門の言うことにを傾けろ」。

話が脱線したが、とりあえずムーンホークス論に関してはJAXAのページ[外部]や、ASIOSによる検証ページ[外部]を見ればいいだろう。

なお、もう一つの陰謀論としてには本当に行ったのだが、そこで今までの常識を覆すような発見(異人の実在を示す跡の発見、あるいは異人そのものとの遭遇など)をしてしまい、その事実についての情報アメリカ政府は隠蔽している”という説も存在するが、こちらも(今のところは)根拠に乏しいデマとして扱われている。


関連商品


■az4198618747
■az4903063011
■az4121015665


関連項目



最終更新日: 16/10/03 20:01
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ