ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アマチュア


ヨミ: アマチュア
掲示板をミル!
8カキコ!

アマチュア(amateur)とは、「素人」「プロでない人」「ひよっこ」などの意味を持つ英単である。

なお海外では「アマター」のような発音もされる。


概要


アマチュアとは、「未熟者」などと訳される英単。しばしば「プロフェッショナル」との対義に使われる。

スポーツ業界においては「プロではない」「そのスポーツ職業にしてない人」などの意味で使われることも多い。

その一方で分野によってはアマチュアといいながら素人に収まらないものも存在している。例として上げるならアマチュアレスリングアマチュア無線が上げられる。これらはアマチュアを冠してはいるものの、その内容はより競技として洗練されていたり、時にはプロフェッショナル以上の研究がめられたりしている。


プロとアマチュアの境界


スポーツ世界などではアマチュアとプロは明確に区別されていた。その最たるものといえばやはりオリンピックだろう。

近代オリンピックが始まった当初、オリンピックに参加できるのはアマチュアのみに限られていた。これはオリンピックへの参加者の限定の的があったとも言われている。アマチュアで、なおかつを代表して競技ができるだけの技量を手に入れるための練習ができる環境を有するのは、限られた裕福な階級のみだったのである。

しかし、時代が下るとオリンピックは東西冷戦の代理戦争の場となり、そこではアマチュアといいつつその中身はからのバックアップを受けた選手たちでメダルを独占するような状態になっていく。さらに時代が下り80年代になるとオリンピックからはアマチュア規定が消え、プロをも受け入れていくことになるのである。


アマチュアはプロに劣るか?


一般的にはプロのほうがアマチュアよりも優れているとされるが、それも場合によりけりである。時にアマチュアの中からプロえる逸材が現れたり、アマチュアのチームプロチームを破ったりするが繰り広げられる場合もある。

代表的なものとしてはゴルフ石川が上げられる。彼は若干16歳のアマチュアにして、プロツアーで優勝している。

また、2011年には東京マラソンにおいて男子3位の成績を残した埼玉県職員もいるほか、毎年開催されているサッカー天皇杯ではプロアマ交じり合ったチーム突し、時にアマチュアのチームプロチームを破ることもある。

ある意味当然といえば当然なことなのであるが、プロはアマチュアからしか生まれてこない。でも最初はアマチュアから始めるものであり、優良なアマチュアの土壌がなければ優秀なプロも生まれない。そう考えればアマチュアのトップクラスプロを破っても不思議ではないのかもしれない。


ニコニコ動画のアマチュア


ニコニコ動画投稿されている歌ってみた踊ってみた描いてみたなどのやってみた動画はそのほとんどがアマチュアによる投稿である。しかし、プロによる投稿もまれにあり、あるいはプロを名乗らなくともプロ並みの投稿がされる場合もあり、玉石混交の状態になっている。このあたりの事情については野生のプロの記事も参照。

また、ニコニコ動画投稿をきっかけとして商業ベースプロになる場合もあり、ますますアマチュアとプロフェッショナル界が曖昧になっている。


関連動画


 
■sm9926[ニコ動]

■sm2038367[ニコ動]
■sm11032164[ニコ動]
■nm8915558[ニコ動]


関連商品


■az4270004088
■az4789811743


関連項目



最終更新日: 11/03/16 14:33
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ