ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アミューズメントICカード


ヨミ: アミューズメントアイシーカード
掲示板をミル!
3カキコ!

アミューズメントICカードとは、e-amusement pass / Aime / バナパスポートカード / NESiCAの規格を統一したカードである。

なおメーカータイトルによっては「AICC」「Amusement IC」「アミューズメントIC」と表記しているが、本記事はアミューズメントICカードに統一する。


概要


2018年10月25日より、タイトー以外の3社一斉に対応・販売開始。また2019年2月14日より、タイトーが販売開始。タイトー参加により、2018年時点で存在した共通ICエントリーカード4種は全て統一されたこととなる。

コナミアミューズメントセガインタラティブ、バンダイナムコアミューズメントの3社共同により管理されている。なお、共同管理会社にタイトーは含まれない。タイトーは他3社と異なり、"共同"運営に加わったという宣言をしていない。2019年2月14日からのアミューズメントICカード参入後も、「アミューズメントICロゴコナミアミューズメントセガインタラティブ、バンダイナムコアミューズメントの3社で管理」という意味の文言でタイトー各種サイトに掲載している。

対応機種・対応カードであるならば、4社どのカードデザインであっても認識する。厳しいことを言うならば単にカードがまとまっただけの規格であり、即座に電子マネーPASELI」やバナコインに対応したり、4社のカード登録サイトが全て1つにまとまるなんてこともない。

手持ちのカードがアミューズメントICカードになることもない。互換性は存在しないためである。開始後もそのまま使用できるが、アミューズメントICカードにしたいのであれば新たに買い直す必要がある。

アミューズメントICカードは、「AM」と書かれたロゴが表面もしくは裏面に記載されている。色は様々。


開始までの経緯


初出はJAEPO 2018(2018年2月9日2月11日)。コナミアミューズメントブースにて「2018年を予定」という時期と共に掲示・セガインタラティブブースでのステージ発表がなされた後、3社一斉にプレスリリースを掲示した。当初、タイトーの参加予定はなかった。

その後しばらく音沙汰がなくと呼ばれる時期は過ぎてしまったものの、コナミアミューズメント2018年9月頃から、下記の通りに動き出した。

他2社が対応すれば開始という状態になっていたが、3社共に一切の情報を出さずいつになるのか不透明な状態だった。

以降の動きは下記の通り。


その後の経緯


2019年1月22日、突如タイトーがアミューズメントICカードへの対応開始[外部]を発表。NESiCA版アミューズメントICカードを同年2月14日から順次販売開始し、同年3月稼働の「ストリートファイターV タイプアーケード」を第一弾として順次展開する旨が告知された。

以降の経緯は下記の通り。


既存カードからの引き継ぎ


4社の過去発売カードから引き継ぎたい場合、それぞれのサイトで再発行手続きを行う事により可となる。

前述の通り、カード以外の各種データ等は全て独立したままである。引き継ぎたいデータの使用カードを調べ、「e-amusementサイト」「Aimeサービスサイト」「バナパスポートサイト」「NESiCA.net」の内必要なサイト全てにおいて"再発行"しなければならない。

同じ会社の複数カードを1枚に統合することはできない。これはアミューズメントICカードに限らず、各社独立カード時代からの制限である。

下記に例を示すが、詳しくは各社サイトを参照。(コナミ[外部]セガ[外部] / バンナム[外部] / タイトー[外部])

なおNESiCA分は再発行予約をした上で、24時間以内に「アミューズメントICカード対応タイトルNESiCA」しないと効になる仕様なので注意。


対応機種


詳しいタイトルは4社のサイトを参照。今後稼働開始する新規タイトルについては、対応機種として明記されていなくとも対応となる

コナミ[外部] / セガ[外部]バンダイナムコ[外部] / タイトー・スクエニ[外部]


コナミアミューズメント


第3世代e-AMUSEMENT PASSに対応している機種は全て使用可オンラインサービス終了済のものを除く)。第3世代で未対応となった機種はアミューズメントICカードでも未対応。

使用時にコナミアミューズメント独自のカードナンバーが表示される。裏面のアクセスコードで各種操作が可であるためメモの必要はない。


セガ・インタラクティブ


基本的には全て対応。ただし、下記機種は一切対応しない。

遅れて対応したものは下記の通り。

また一部機種では携帯電話おサイフケータイとして認識され、初回プレイにて各種警告表示や内容同意が必要となる。これらは読まずに「はい」「同意する」で続行すること。内容はアミューズメントICカードには適用されない。


バンダイナムコアミューズメント


基本的に未対応。既存機種は下記機種以外認識しない(2018年10月以降の新機種は例外なく対応)

なお、機動戦士ガンダム エクストリームバーサス210月30日稼働の新規タイトルであるため、稼働開始より対応する。マキシブーストONなど、それ以前のバージョンは対応しない。


タイトー(2019年3月以降)


2019年12月現在検討の上で対応途中。検討の結果未対応となることも発生している。

対応出来たものは下記の通り。

今後の対応予定、及び検討タイトルは下記の通り。

新規タイトル2019年3月14日稼働の「ストリートファイターV タイプアーケード」より対応している。NESiCAxLive2配信の「ブレイブルー クロスタッグバトル」も、新規タイトルに含まれるため対応する。

なお、極端に対応数が少なくなるためか、アミューズメントICカードに移行しても旧NESiCAは使用可になっている。アミューズメントICカード対応タイトルではどちらを使用しても問題ない。

また、タイトーのみ一部特殊な対応が取られており、これらタイトルでは、アミューズメントICカード版NESiCA以外のアミューズメントICカードは使用できない


スクウェア・エニックス(2019年4月以降)


2019年12月現在検討の上で対応途中。こちらも、検討中→非対応となるケースがあった。

対応したタイトルは下記のみ。

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルafter school ACTIVITYNext Stageは検討中。なお、「ミリオンアーサー アルカナブラッド」はNESiCAxLive2タイトルであり、2019年4月9日付で対応している。

タイトー同様、アミューズメントICカードに移行しても旧NESiCAは使用可になっている。アミューズメントICカード対応タイトルではどちらを使用しても問題ない。


関連項目



最終更新日: 19/12/29 01:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ