ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アムリッツァ会戦


ヨミ: アムリッツァカイセン
掲示板をミル!
56カキコ!
銀河英雄伝説戦闘
帝国領侵攻作戦
アムリッツァ会戦
基本情報
時期 宇宙796年/帝国487年 10月10日
地点 銀河帝国・イゼルローン回廊周辺
結果 銀河帝国軍の勝利
詳細情報
交戦勢
ゴールデンバウム朝銀河帝国 自由惑星同盟
指揮官
宇宙艦隊副長官
ラインハルト・フォン・ローエングラム元帥
宇宙艦隊長官
ラザール・ロボス元帥
動員兵
ミッターマイヤー艦隊
ロイエンタール艦隊
黒色騎兵艦隊
ケンプ艦隊
メックリンガー艦隊
ワーレン艦隊
ルッツ艦隊
キルヒアイス艦隊
第3艦隊(ルフェーブル中将
第5艦隊(ビュコック中将
第7艦隊(ホーウッド中将
第8艦隊(アップルトン中将
第9艦隊(アル・サレム中将
第10艦隊(ウランフ中将
第12艦隊(ボロディン中将
第13艦隊(ヤン中将
黒色騎兵艦隊の9割
その他僅少
第3艦隊、第7艦隊、第8艦隊、第9艦隊、第10艦隊、第12艦隊の敗走もしくは壊滅
第5艦隊の半壊
第13艦隊の三割喪失
帝国領侵攻作戦
同盟軍輸送艦隊の壊滅- アムリッツァ会戦(第3艦隊 - 第5艦隊 - 第7艦隊 - 第8艦隊 - 第9艦隊 - 第10艦隊 - 第12艦隊 - 第13艦隊 - 本戦)
前の戦闘 次の戦闘
同盟軍輸送艦隊の壊滅 リップシュタット戦役
救国軍事会議のクーデター

アムリッツァ会戦とは、「銀河英雄伝説」の戦闘の一つである。


概要


宇宙796年/帝国487年、自由惑星同盟軍が帝国領に大挙侵攻した帝国領侵攻作戦における最後の、そして実質的に一の戦闘

帝国軍の焦土作戦に疲弊し、分散した状態で補給線を絶たれた同盟軍侵攻部隊を帝国軍が急襲、さらに集結した同盟軍をアムリッツ域にて撃破し、ほぼ壊滅せしめた。この一連の戦いの結果、帝国領侵攻作戦は全面的な失敗に終わり、同盟軍は3000万名を越える兵のうち2000万名以上におよぶ未帰還者を出す致命的な損を受けることとなる。

前半の戦闘は同盟軍がイゼルローン回廊帝国側に確保した辺恒星系の各地において発生したものであるが、最終的にアムリッツ域が決戦場となったことから、前半段階の各艦隊個別での戦闘以降アムリッツ域での決戦に至る一連の戦闘を一括して「アムリッツァ会戦」と総称される。


戦闘経過(前半段階)


戦闘に至るまでの詳細な経緯については、「帝国領侵攻作戦」を参照。

当時の帝国軍は物資を引き上げての焦土作戦を続けていたが、占領地各地に分散した同盟軍遠征部隊が物資不足のために戦を低下させる中、前線へ物資を補給する輸送艦隊をキルヒアイス艦隊が襲撃して全滅させたのを機に、ついに大挙反撃に転じた。

宇宙796年/帝国487年10月10日16時惑星リューゲン上において同盟軍最先鋒にあった第10艦隊(ウランフ中将)を帝国フリッツ・ヨーゼフ・ビッテンフェルト中将揮する黒色騎兵艦隊が急襲し、同7分に戦闘が開始される。つづいて次鋒第13艦隊(ヤン・ウェンリー中将)とカール・グスタフ・ケンプ中将率いる帝国軍艦隊が交戦状態に突入する。

他の各同盟軍艦隊もほぼ同時に帝国軍の襲撃を受けることとなった。同盟軍第3艦隊(ルフェーブル中将)は帝国ワーレン艦隊、第5艦隊(アレクサンドル・ビュコック中将)はロイエンタール艦隊、第7艦隊官ホーウッド中将)はキルヒアイス艦隊、第8艦隊(アップルトン中将)はメックリンガー艦隊、第9艦隊(アル・サレム中将)はミッターマイヤー艦隊、第12艦隊(ボロディン中将)はルッツ艦隊が攻撃を受け持った。

これら帝国軍の猛攻の前に対し、いずれの戦域でも同盟軍は全面的な敗走を余儀なくされた。第9艦隊はミッターマイヤー艦隊の追撃を受ける中で旗艦<パラミデュース>が被弾、アル・サレム中将の負傷により副ライオネル・モートン少将揮権を引き継いだ。黒色騎兵艦隊の包囲下におかれた第10艦隊は戦の7割を喪失してウランフ中将も戦死し、残存艦艇はダスティ・アッテンボロー准将の活躍により戦場を脱出。帝国ルッツ艦隊の攻撃を受けた第12艦隊(ボロディン中将)は抗戦のすえに戦闘継続不可能となった段階でボロディン中将自殺し、戦域の僅かな残存艦艇は降伏するに至っている。

この敗勢のなかで、ヤン・ウェンリー中将の第13艦隊のみがケンプ艦隊を相手に優勢を維持しつつ後退に成功したが、戦闘開始時点より6時を後退した帝国側呼称C戦区において、第7艦隊を敗走させたキルヒアイス艦隊に捕捉され、4倍の兵との交戦を余儀なくされた。

状況を見た遠征総部は10月14日を期してアムリッツ恒星系A宙点に集結するよう、全軍に即時転進を発。退却戦において第13艦隊などにさらなる損を出しつつも、残存する同盟軍は決戦場となるアムリッツァへと集結を果たす。


戦闘経過(アムリッツァ会戦)


銀河英雄伝説戦闘
帝国領侵攻作戦
アムリッツァ会戦
基本情報
時期 宇宙796年/帝国487年 10月
地点 銀河帝国・アムリッツ域(恒星アムリッツァ上
結果 銀河帝国軍の勝利
詳細情報
交戦勢
ゴールデンバウム朝銀河帝国 自由惑星同盟
指揮官
宇宙艦隊副長官
ラインハルト・フォン・ローエングラム元帥
宇宙艦隊長官
ラザール・ロボス元帥
(在イゼルローン要塞
動員兵
ローエンラム直率艦隊
 ロイエンタール艦隊
 ミッターマイヤー艦隊
 ケンプ艦隊
 黒色騎兵艦隊
キルヒアイス艦隊
総数約10万隻
第5艦隊(ビュコック中将
第8艦隊(アップルトン中将
第13艦隊(ヤン中将
 第10艦隊(残存部隊)
黒色騎兵艦隊の9割
その他僅少
ラインハルトプライド
第5艦隊の過半数
第8艦隊の九割以上(壊滅)
第13艦隊の三割
戦艦ユリシーズ>の排処理システム
帝国領侵攻作戦
同盟軍補給部隊の壊滅 - アムリッツァ会戦(第3艦隊 - 第5艦隊 - 第7艦隊 - 第8艦隊 - 第9艦隊 - 第10艦隊 - 第12艦隊 - 第13艦隊 - 本戦)
前の戦闘 次の戦闘
同盟軍各艦隊と帝国軍各艦隊との交戦 リップシュタット戦役
救国軍事会議のクーデター

宇宙796年/帝国487年10月銀河帝国アムリッツ恒星系において、自由惑星同盟軍と銀河帝国軍とのあいだに発生した戦闘

帝国軍の襲撃に対して敗走しつつも秩序だってアムリッツ恒星系に集結した同盟軍と、呼応して集結した帝国軍との決戦であり、残存兵に大きく勝る帝国軍の勝利に終わった。


戦力


8個艦隊を数えた同盟軍遠征部隊は、アムリッツ恒星系での集結に至るまでのあいだにすでに大きく損耗していた。

アムリッツ恒星系に集結したうち第5艦隊(アレクサンドル・ビュコック中将)、第8艦隊(アップルトン中将)は3割、第13艦隊(ヤン・ウェンリー中将)は1割を喪失。他の同盟軍艦隊の状況はほとんどが不明だが、ウランフ中将が戦死した第10艦隊に関しては3割が撤退に成功し、第13艦隊の揮下に入った。

これらの同盟軍諸部隊の総部となるべきラザール・ロボス元帥の遠征総部はいまだイゼルローン要塞を動かず、同盟軍は全体の揮に問題がある状況で戦闘に臨むこととなった。

一方帝国軍の動員数は約10万隻に達し、各艦隊個別での戦闘を経てなお戦をほぼ保っていたが、ジークフリード・キルヒアイス中将揮する全軍の三割、約3万隻に別行動を取らせていたため、戦闘開始時の総兵は7万隻程度(ローエンラム直率艦隊含む)であったと考えられる。


戦闘経過


10月14日を期してアムリッツ恒星系に集結した同盟軍に対し、帝国軍のうちロイエンタールミッターマイヤーケンプ、ビッテンフェルト中将らの艦隊はラインハルト・フォン・ローエングラム元帥直率のもと、密集隊形をとって正面から決戦を仕掛けた。これはこのとき帝国キルヒアイス艦隊が同盟軍後方への繞回運動をとっており、その意図を隠すためのものであった。一方同盟軍はそれを予測して後背に4000万個の核融合からなる機原を設置しており、帝国軍の後背襲撃を遮断妨しえるはずであった。

戦闘開始直後、恒星アムリッツァの炎の影に隠れていた同盟軍第13艦隊は帝国軍側の意表をついて一挙に突進を開始し、ミッターマイヤー艦隊に火力を集中させた。これにより旗艦左舷への被弾を始めとする痛撃を受けたミッターマイヤー中将は柔軟な形変更によって追撃を阻止しつつも、いっとき後退を余儀なくされる。

第13艦隊の攻撃を受けた帝国軍側はかわって黒色騎兵艦隊が突撃を開始し、同盟軍第13艦隊と第8艦隊の間に位置するD4宙域へと強引に侵入を果たした。これに第13艦隊はヤン・ウェンリー中将示で防御線を築いて対応したが、第8艦隊は持ちこたえきれず大損を受けて瓦解。第8艦隊を崩壊させて挟撃状態を脱した黒色騎兵艦隊は第13艦隊へと矛先を転じた。しかし、ヤン中将はその一の隙を利用して黒色騎兵艦隊に対し反撃に転じ、至近距離で猛射を受けた黒色騎兵艦隊は一挙に崩壊する。

だがこの時、すでに3万隻におよぶ帝国キルヒアイス艦隊が繞回を完成させつつあった。キルヒアイス艦隊は太陽の磁気・重力に想定以上の妨を受けて遅れつつも、監視を避けて同盟軍後背の機原に迫っていたのである。キルヒアイス艦隊は同盟軍の察知していなかった新兵器向性ゼッフル粒子」によって時にして機原に通路を切り開くと、同盟軍の後背に襲いかかった。

この時点で、アムリッツァ星域会戦の勝敗は全に決した。
捨て鉢の反撃が帝国軍を一時圧倒した宙域こそあったものの、同盟軍の揮系統はほとんど崩壊し、ただ第13艦隊のみが踏みとどまって敗走を援護した。ヤン中将は得意の火力集中戦術をもって帝国軍の揮を乱しつつ、弱体化した黒色騎兵艦隊を突破し撤退する機をっていた。これを察知したキルヒアイス艦隊は援護を試みたが、敗走中にパニックに陥った同盟艦が謀な行動に出たために及ばず、ついに第13艦隊の退却を許すこととなった。


戦闘結果



次へ»
最終更新日: 19/08/12 06:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ