ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アリスインナイトメア


ヨミ: アリスインナイトメア
掲示板をミル!
100カキコ!

アリス イン ナイトメアとは、「不思議の国のアリス」「アリス」を原作とした3DアクションホラーアドベンチャーゲームPCゲーム)である。 原題は「American McGee's Alice」。 

  ■community

概要


2000年10月6日※にエレクトロニック・アーツより発売。日本語版はWindows版が2001年1月25日ベスト版は2004年3月18日)、Macintosh版が2002年3月21日に発売されている。 初回限定版は盤面がピクチャーレーベル仕様に加えマウスパッドが付属。初回版・通常版にはゲームを盛り上げるため病例記録(アリスを診た医師カルテリンク参照)が同梱されている。
※発売日は、原作帽子屋の帽子についている「10/6(帽子の値段、10シリング6ペンス)」からきていると思われる。
  なお、日本語wikiには長い間「10月5日」と誤った記載がされていた(現在は修正済み)

メインディレクターは『Doom II』や『Quakeシリーズデザインを手がけたアメリカン・マギー (American McGee)。作曲者にNine Inch Nails創設期のメンバークリス・ブレナ(Chris Vrenna) を加え、これまでのアリスモチーフとした作品にはかった、独特の暗くよどんだ美しい狂気世界を演出している。ゲームにはマギープログラマとして携わった『Quake III』のエンジンを使用。当時最高レベル3D技術を持って制作された。余談だが、当初は2001年PS2への移植企画されていたが、実現には至らなかった。

2001年発売の日本語版は音字幕共に英語日本語の両方を選ぶことができ、さらに字幕日本語を選んだ場合ゲーム中の背景文字(看等)に至るまで日本語に変わるという高品質なフルローカライズとなっている(なお、ベスト版では英語英語字幕はなく、日本語のみである)。
現在は通常版・ベスト版共に生産が終了している(2014年時点)。

日本語声優は、アリスに『ポケットモンスターシリーズ』のシゲル、『天地無用!シリーズ』の鷲羽で知られる小林優子チェシャ猫に『ONE PIECE』のサー・クロコダイル、『ドラゴンボールZ』のダーブラで知られる大友龍三郎を採用。その他キャラ声優も含め、ゲームの雰囲気にあった声優アリス世界を演出している。

   

アメリカでは未だ根強い人気があり、ファンも少なくない(Youtubeにも多くのプレイ動画MADトレイラー等が開されている)。なお、アメリカン・マギーの最新作として北向けに「American McGee's Grimm」が7/31より毎週エピソード形式でダウンロード販売されている。フリーの間なら日本でも入手・遊ぶことは可(エピ1はフリー。他エピも開直後から24時間以内ならば遊べ、それを過ぎると課金が必要になる。詳細はGrimm公式サイト[外部]へ)。

続編については長らく音沙汰がなかったものの、2011年7月21日に続編のAlice:MadnessReturns』(公式サイト[外部])が発売された。全3部作構想であり、シリーズ第3作『Alice:Otherlands』が2014年末を途に開発されていた。その後2017年9月頃にはタイトルを『Alice: Asylum』へとめ、開発企画を進めていたが、マギーの率いていたディベロッパー麻辣/Spicy Horse」の上海スタジオは前年の7月頃には資難により既に閉鎖しており、著しく規模を縮小されてオンラインゲーム運営をするに至っている。マギー東南アジアヨットで冒険しながら、1人のインディーデベロッパーとしてゲームを開発する予定で、完成したゲームタイトルはSpicy Horse Gamesブランドリリースされると伝えている。2020年現在クラウドファンディングで出資を募ったり、バッカー向け及び一部ショップにて、アクセサリーぬいぐるみ等雑貨を対価とするほか、ヨットでの冒険譚の映像や書籍化、販売するなどして資集めに勤しんでいる。新たな開発チームの編成も考えているそうだが総じてかなり難航しており、当初予定していた2021年リリースは到底わない状況となっている。

第2作『アリスマッドネスリターンズ』に関して詳しくはこちらへ→アリスマッドネスリターンズ

一方映画化についてはゲーム販売当初から触れられていたものの、サラミシェル・ゲラー演で2007年開の予定が再々延期され、その後全く途は立っていない状況である。
なお、2010開されたティム・バートンジョニー・デップ映画アリスインワンダランド」は、原作を同じくするだけでこのゲームと全く関係ないものである。ただし、一部の設定に似ている部分がある(成長したアリスが再び不思議のへ、女王恐怖で支配、女王最強しもべジャバウォック」を倒す…等)

 

略称は「アリナイ」「アイナメ」「AiN」「AIN」「悪夢アリス」「悪夢アリ」「マギーアリス」「AMA」等。別の意味に取られないことがはっきりしていればただ単に「アリス」と呼ばれることも多い。
続編は「アリスマッドネスリターンズ」「AMR」「アリス続編」「AIN2」「A2」「アリス2(alice2)」「AMA2」等で呼ばれている。

 


ストーリー


不思議の国のアリス」「アリス」という二つの冒険のあとも、幼いアリスはたびたびの中で帽子屋やウサギと出会い、奇妙なお茶会を楽しんでいた。しかし、そんな楽しい日々も長くは続かなかった…
アリス火事にあい、アリスを残して家族全員死亡。その影アリスは心を閉ざしてしまい、精神病院へと入れられる。

あれから10年。アリス18歳になったが、治療の甲斐なくその心はあの日からずっと砕けたままであった。
ある日、持っていたウサギ人形から助けをめられ、アリスは再び不思議のへと向かう。
しかし不思議のやその住人達はアリスの心の影を受けてか、かつての面影を一切残さない悪夢狂気世界に変わり果てていた。
血のついたナイフを握り締め、アリスは決心する。もう一度、美しい不思議のを取り戻そう――と。

――ようこそ、ゆがんだ不思議のへ。

 


関連動画


アリスインナイトメアにはプレイ動画の他、メイキングトレーラー特定ステージプレイチート含む)、MAD改造動画歌ってみた等がある。詳しくはマイリストへ。 
 


トレイラー・メイキング・製品紹介ムービー(公式ムービー)


以下のムービーのうち、日本語版のものはアリス イン ナイトメア 公式サイト[外部]からダウンロード

 
■sm113540[ニコ動]

 ■sm9872533[ニコ動]
  ■sm2212015[ニコ動]
 
  
 また以下の動画体験版クリアすると見ることができる「製品版の紹介」動画である。
 日本語体験版アリス イン ナイトメア 公式サイト[外部]からダウンロード
 
  ■sm7801682[ニコ動]
 ■sm7801550[ニコ動]
 
 
 
以下の動画は続編、「Alice: Madness Returns」の公式ティーザーである。高画質高音質版は続編公式サイト[外部]からも視聴可

 ■sm11462544[ニコ動]
 ■sm12121275[ニコ動]


 なお、以下の動画は一時「続編のティーザーだ」と騒がれたが、非公式ファンムービーであることがわかっている(=続編のティーザーではない)。詳細はマギーのブログ記事[外部]参照。
 
  ■sm8705648[ニコ動]

 


プレイ動画


ニコニコ動画開中のプレイ動画は11/2現在54シリーズが存在する。
内訳は完結22シリーズ(うち、体験版シリーズ)、進行中31シリーズ(中断中含む)、途中終了1シリーズ

以下に各シリーズの通称およびリンク等を記載(基本的に開順)。詳しくはマイリスト(下記)を参照。
 ※なお、削除された動画はここに記載していない


次へ»
最終更新日: 20/06/29 22:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ