ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アリーナ(ゲーム)


ヨミ: アリーナ
掲示板をミル!
48カキコ!

アリーナ』とはダットジャパンが発売したWindows向けミニゲーム集『GAMEPACK』に収録されているシミュレーションRPGプレイヤー英雄すべく、闘技場で5人勝ち抜きをして戦う。

闘技王にはなる!! 闘莉王じゃないよ。


概要


GAMEPACK』は株式会社ダットジャパン1993年から発売しているミニゲーム集のシリーズである。一般販売もされていたが、大半は富士通の「FMVブランドWindowsパソコンにプリインストールされる形で世に出ている。同シリーズの内容は年々更新されて入れ替わっており、ダットジャパンGAMEPACK公式ウェブサイト[外部]で確認できる最新版では、既にこの『アリーナ』は収録されていない。

アリーナ』はWindows3.1Windows95の頃の『Game Pack for Windows Package 2』というバージョンに収録されていた。その後1998年に発売された『GAMEPACKゴールドセレクション』にもリニューアルされて収録されたようだ。

この『アリーナ』はシンプルでありながら非常に分かり易く、中毒性の高いゲームである。当時のFMVパソコンを動かしていた人には、Windows95に付属していたゲーム「HOVER!」などと同じくらいお染みのゲームであった。

ゲーム的は、プレイヤーキャラクターを操り、闘技場で戦い、名を高めていくこと。しかし、特にエンディングなどはく、5000の大会を勝っても、名をたくさん溜めても、値を全て99にしても終わりはい。(ただし、5000の大会を勝ち抜くことで殿堂入りを果たすことができるので、これが一応の区切りであるといえる)。

闘技場で闘った後は貨と経験点がもらえるので、それらを活用してプレイヤーキャラクターを強化することも肝心となる。強化は「おCASTLE)」か「TOWN屋】【屋】【武器屋】)」か「魔術ギルドWIZARD GUILD)」にて可である。

「名が『そのプレイヤーキャラクターがそれまでに到達した最大の名値-100』以下にまで減る」、あるいは「負けたときに死亡する」のどちらかの条件でゲームオーバーとなる。


開始


左上にあるメニューの「ゲーム→新規」で始まる。

まずは名前を決め、そして200ポイントの初期値を筋、器用さ、敏捷性、耐久、精の5つのパラメーターに割り振って、プレイヤーキャラクターを作成する。


お城


経験点と貨を100使い、主人公を強化する場所。経験点と貨のどちらかが足りないと、論強化は出来ない。

選んだ各ランダムで1~9ポイント上がる。しかし現在値が80以上だとそれ以上は上がりにくくなる。なぜおが上がるかというと、騎士専用の特殊な訓練を受けるからだろうか?

筋力

近接攻撃の威数値。高ければ高いほど近接攻撃が上がる。このが高ければ、武装がハンドアックスクラブなど貧弱なものでも大ダメージを与えられる。

また、重い装備を使いこなすにはある程度の筋が必要であり、装備の重さに見合わない低い筋でしかない場合、器用さと敏捷性が大きく下がるらしい。

器用さ

近接攻撃の命中数値。高ければ高いほど武器の命中率が上がる。また、ダメージのばらつきも安定するようだ。武器の命中率は軽量の武器をつけている限り、そこまで下がるものでもないのであまり重要な数値ではないかもしれない。ただしクレイモアを使う上では一番肝心な数値となる(後述)ので注意。

敏捷性

この数値によって、攻撃回数と移動が決まる。何をするにも、高ければ高いほど便利。ただし他のべて、最高値まで上げたとしても、初期値の場合との性差はそこまで大きいわけではない。

耐久力

に大きくしており、高ければ高いほど体は高くなる。

耐久と精から決まるが、精は少ない。端数など細かい部分は微妙であるが、だいたい「耐久×(33/40)+精×(7/40)=体」(ただし、計算結果が10に満たない場合には体10)という計算式になっている模様。精が0の時、初期耐久80にすると体66、耐久を99まで上げると体82になる。

初期体の最大値は、耐久、精ともに80とした場合で、体80である。

精神力

魔法する値。この数値が高ければ、魔法攻撃魔法抵抗が上がる。

ただし精が0でも魔法攻撃皆無と言うわけではなくエナジーボルトで10ダメージを与えることはできる。また3000ランク以上の闘技場を勝ち抜ける頃になれば、魔法自体の大半が役に立たなくなっているので、魔法攻撃よりも、魔法防御の方にをつけたほうがいい。魔法は武装の防御値視でダメージを与えてくるので、精が低いといくら体が高くても、敵の場所に近づく前に倒される危険性があるためだ。その意味で、精を鍛えなくてもいいのは2000ランクの闘技場程度までだろう。精80以上にまで上げると、エナジーボルトの集中火で敵に近づく前に死ぬことはなくなる。

また、体にも微細であるがしている。耐久が0の状態で初期精80にすると体13、精を99まで上げると体は16になる。

さらに、キャラ作成時のみ魔法レベルを与える。精80にしたキャラを作成すると、初期魔法lv25の状態で始める事ができる。



屋と屋と武器屋の3つがある。これらの店の買い物では経験点は消費しない。闘技場で集めた貨のほとんどはここで消費するであろう。

重量というシステムがあるが、そんなに気にするほどのものでもない。ただ重量と言うよりも装備自身に明らかに命中率がおかしいものがある。

各武装の説明は、アテにならないのでご注意を。


鎧屋


は「魔法を除く全体的な防御を上げる」みたいなである。魔法は精の数値頼みとなる。

いいを付ければ炎やなどによる敵からのダメージ減させる。敵からの近接攻撃によるダメージも軽減させてくれるが、ほどではない。

最も安いレザーアーマー以外は全て価格1000以上と高めであり、中間の価格帯のものがない。

レザーアーマー 価格200 重量10

貨200で買える安い。序盤で買うのがいいだろう。ただし、この程度のではや炎のダメージをあまり軽減できない。

リングメール 価格1000 重量15

や炎のダメージを実感できる程度に下げてくれる。だがレザーアーマーとべて価格にやや大きな差があり、序盤で気軽に買えるものではない。

チェーンメール 価格2000 重量20

二番に高価な。ここまでくれば、や炎程度なら結構視できる。

ただし3000の闘技場をクリアするころにはが有り余る事が多く、価格5000のフルプレートも少し理をすれば買えるので一番いらないかもしれない。

フルプレート 価格5000 重量30

最強。炎やによる攻撃の8割近くを0ダメージに抑え、ダメージが通っても1~2程度である。や炎攻撃を中心とする「ウィングサーペント」「エルフ」「ブラッドローズ」「ファイヤーウィスプ」「バグ」「サクリファイス」などは、いても視できる程度になる。魔法ダメージは下がらないので注意。

重量が30と高いが、筋や敏捷性を上げていれば、そんなにするものでもない。


盾屋


は「近接攻撃のダメージを低下させる」装備であり、その効果も高い。近接攻撃メインの相手には便利である。

モーニングスター」「ボウ」「クロスボウ」「クレイモア」などの両手武器を付けると、そのものが使えなくなるので注意。

の価格で一番に高いものが価格5000、二番に高いものが価格1000と少しバラツキがある。ただし価格5000のタワーシールドには後述のバグがあるため、おそらく使わない人が多いと思われる。

バックラー 価格50 重量2

価格が50と安いので、500の闘技場を勝つか負けるかした後、お魔術ギルドを上げたときに、あまったで買えてしまう。

いより有る方がマシという程度。だがを筋と体中心に上げれば、バックラーハンドアックスでも500の闘技場は優勝できたりもする。

ラウンドシールド 価格100 重量5

ハンドアックスと並ぶ、価格100バックラー以上にが上がるので便利。意外に3000クラスの闘技場にまで、使える代物でもあったりする。

カイトシールド 価格500 重量10

価格500で買える。ラウンドシールドがあるなら、そのウォーハンマーを買った方がいいかもしれない。

ラージシールド 価格1000 重量15

価格1000で買える、実質最強の盾ロングソードラーシールドフルプレートを装備するのが現時点での一番の安定である。おそらく、の中で一番使える代物である。

タワーシールド 価格5000 重量20

最強の盾で、近接攻撃をものともしない。

だがタワーシールドを装備すると、バグ仕様かは不明だが、極限にまで近接攻撃の命中率が下がるという致命的な問題が起こる。これは値での軽減はできず、筋と器用さを99にしても起こる。また以外の武装を全て外しても起こるという点から見ても重量は関係していないようであり、おそらくバグであると思われる。

ウィングサーペント」辺りまでなら魔法やボウでもどうにかできるが、「アズラーン」を始めとした強敵達には近接攻撃を使わない戦法では厳しく、またそもそも近接戦闘をしないならの意味があまりない。よって、このタワーシールドは使わないほうがいい。


武器屋


近接武器が置いてある、おそらくゲームを始めた人は序盤で「ハンドアックス」か「クラブ&バックラー」を買うであろう。

以外の武器も、「投」と記載しているものは投擲しての遠距離攻撃が可。「両」と記載しているものは両手持ちの武器であるためと同時使用ができない。

武器は装備している1つの他に、予備として2つまで持つことができる。

ナイフ 価格20 重量2 投

価格20。最弱の武器である。投擲してボウのように遠距離攻撃として使えるが、攻撃が弱いためあまり意味がい。投げた後に別の武器を再装備するのにも行動数を消費するので、その点から見てもさらに意味がい。

クラブ 価格50 重量3

初めてやった人がバックラーと一緒に買う代物。

ハンドアックス 価格100 重量5 投

序盤で買うこととなる武器。投げることが可

特に低ランク武器では、攻撃はそこまで武器の違いにされるものでもなく、ただ「素手」と「武器あり」の差が大きい。だが、それでもハンドアックスナイフクラブよりはやや優れている。3000の闘技場まで、を強化しつつ使えたりする。

ショートソード 価格500 重量5

価格500の武装が4つある中、一番軽く一番弱い。

スピア 価格500 重量7 投

価格500の武装の中で一投擲可

ウォーハンマー 価格500 重量10

価格500の武装の中で、一番攻撃が高い、オススメはこれ。

モーニングスター 価格1000 重量20 両

両手専用の武器で、が使えず近接防御減するのであまり使えない。しかも、この武器自身の攻撃もそんな高いものではない。

ロングソード 価格3000 重量10

あらゆる武器の中で、一番強かと思われる。単純に片手武器のなかで一番攻撃が高い武装であるからだ。やはり基本は「ロングソード&ラーシールド」かと思われる。

ただしが上がってクレイモアが使いこなせるようになると、話が変わってくる。

クレイモア 価格5000 重量15 両

は非常に高いが、それに反例するかのごとく命中率が低い。両手であるためが使えず近接攻撃に弱いことも合わせて、雑魚相手に返り討ちにあうこともしくい。

だが、器用さ80えてからは実用可な程度に命中率が上がり、本領発揮しはじめる。パワープロテクトなどの補助魔法プレイヤーを強化すればさらに頼もしい武器になる。筋と器用さを99にすれば、レオリザードを5発、アズラーンをパワーで強化し8発で倒せるようになる。い代価は大きいが、それを押し倒せる攻撃を持つ武器と言える。

が低いうちは理して買わず、ロングソードウォーハンマーで闘おう。

ボウ 価格500 重量5 射両

装備すると、矢を放つことが出来る。

魔法感覚で遠方から放つことができるので強である。しかし矢が切れたり、近接状態になると不利になる。

またこのゲームでは武器を変えるときに行動数値を消費するため、始めにボウを装備すると近接系と戦うために武器を変えねばならないという点で、不利になってしまう。

一見便利そうだが、上記の難点や敵との相性を考えると普通魔法で戦った方が都合がいいかもしれない。資500あるなら、ウォーハンマーを買ったほうがよいだろう。

クロスボウ 価格3000 重量15 射両

価格3000と高いが、ボウより強な矢を放つことが出来る。だが実際には遠方からの矢よりも近接攻撃をした方がよい場合が多い。資3000も使うなら、ロングソードの方が強であろう。

意外にダークウィル相手には強で、駄なターンを使わなくてもいいが、ドラゴンヘッドアズラーン相手には厳しいなど、敵を選ぶ点から見ても役に立ちにくい。


魔術ギルド


貨と経験点を100ずつ消費して、魔法レベルを上げる事ができる。魔法レベルを上げると使える魔法の種類が増える。


次へ»
最終更新日: 18/09/10 08:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ