ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アル=ヴァン・ランクス


ヨミ: アルヴァンランクス
掲示板をミル!
12カキコ!

アル=ヴァン・ランクスとは、GBAソフトスーパーロボット大戦J』(以下:J)に登場するキャラクターである。
後にPS3/PS4ソフトスーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ』(以下:OGMD)にも登場。
担当声優石川英郎OGMD)。

※↓ネタバレ全開なので、これからJもしくはOGMDっ新な状態で遊びたい人はブラウザバック推奨。↓※


変幻の概要、受けてみよ



J


か昔に地球圏に移動してきた異人種フューリー」の一人。
総代騎士の命の元、フューリーの準騎士を束ねる若き騎士
過去の大戦の数少ない経験者であり、当時の悲惨な結末からフューリー復の元暗躍し続けていた。
地球人殲滅のために命を受けたアル=ヴァンは、手を整えるために宇宙連合軍に入隊。
しかしそこで出会った地球人の女性カルヴィナ・クーランジュ」とのに堕ちてしまう。
木星開戦と同時に軍を抜けたアル=ヴァンは、同時に怪で除隊を考えていたカルヴィナをフューリーが利用しているアシアリークロイツェルのスタッフとして誘う事にした。順満帆な日々を過ごしていたが、自らの使命と殲滅対であるカルヴィナとのに挟まれ日々苦悩する。
カルヴィナが入社して十カ後、地球人殲滅のための戦が整ったため用済みになったアシアリークロイツェルの破壊を示。自ら人との関係を共に過ごした地球人の仲間と一緒に断った。
その後フューリーとして本格的に地球侵攻を企てるが、騎士としての師匠にあたる「エ=セルダ・シューン」の裏切りにより実験に使用していた地球人三人が逃亡。それを追跡するもエ=セルダに阻まれる。ラフトクランズ同士の決闘となったが、最終的には師匠を上回り殺した。

しかし人を裏切ってしまった事と、裏切ってなお尊敬する師匠をその手に掛けてしまった事がさらに彼を苦しめ、やがて贖罪めるようになる。
その後幾度も対峙する主人公と最後の決闘後、敗北を察したアル=ヴァンは全てを打ち明けようとするものの、子のジュア=ムに阻まれに帰還。その一連の行動が総代に触れたせいで騎士として失脚した。

その後は穏健に付き暴走を続ける総代グ=ランドンと対峙。暴走を止めるものの船の起動が止まらず、コアまで主人公と共に駆け抜ける。コア全に停止させると自らの死に場所を見つけたのか主人公達を逃がすために暴走を最後まで食い止めようとする。ここでルート分岐が入り全8ルート中の5ルートでは生きてフューリーと地球の和のために罪を償うが、残りの3ルートでは主人公を叱励して死亡する。

ちなみに物語当初から統の事はフューリーの騎士把握しており、「あの時は何も知らない子供だから見逃した」「後にこうなるのが分かっていたら始末していた」等の台詞から、昔対面していたことが分かる。恐らくエ=セルダの妻死亡後、一人で生きるのはまだ難しい年齢の統に一緒に連れて、皇族のシャナ=ミアの元に匿ったと思われる。(この時にシャナと統幼馴染になったのだと思われる)皇族の親戚でありエ=セルダの子であるアル=ヴァンならば会う事はそう難しくない。

序盤から主人公に絡み続けるライバルキャラである。
搭乗機はがかった騎士ラフトクランズラフトクランズと言えば彼の搭乗するソード特化版をイメージするファンは多い。


OGMD


専用機はラフトクランズ・アウルン。
今作ではラフトクランズデザインが搭乗者ごとにバリエーションが増えており、アル=ヴァンのラフトクランズ・アウルンはオリジナルの『J』の物とほぼ同じデザインになっている。

基本的に『J』と同じ扱いである。しかし、序盤の設定が大幅に変更された。
トーヤ・シウンであり、皇を護衛する禁士団の長エ=セルダ・シューンが玉座機グランティードを持ち出し、追撃の為にラフトクランズ・アウルンで出撃。ガウ=ラのカタパルトにて追いついて交戦。
しかし、60m級の巨体の玉座機にパワーで押されつつも取り押さえている最中、闇から放たれた弾が玉座機に直撃。それは玉座機を取り戻す為に現れた諜士長カロ=ラン・ヴイの「ラフトクランズカロクアラ」からの攻撃。カロ=ランから「造反者エ=セルダの討伐」を言われるものの、隙をついた玉座機に逃げられてしまう。
エ=セルダが最初に接触するであろうAK社に赴いた際には愕然と立ち尽くす。そこにあったのは既に何者かによって壊滅し廃墟と化したAK社の残な姿であった。と書いた通り、師エ=セルダの討伐とAK社の壊滅にはノータッチという良くも悪くも……というか暗躍する諜士団に汚れ仕事を取られて因縁らしきものを丸ごと分捕られたアル=ヴァンの姿であった。
しかし、間の悪い事にカルヴィナが壊滅したAK社でアル=ヴァンのラフトクランズ撃してしまい、更に間の悪い事にエ=セルダが出血多量で死亡してからトーヤの前に現れた事で「親父を死なせたらの一味」と思われてしまい、直接手を下さなかった代わりに『間の悪さで恨まれる』という妙な扱いを受ける事になっている。

しかしその代わり、「J」での主人公達との決定的な因縁がなくなったことで、較的スムーズにカルヴィナ達と和解することができた。ストーリーでは条件でラフトクランズ・アウルンと共に、専用BGMをひっさげ自軍に参入してくれる。『因縁のある敵→和解して自軍入り』『専用BGMが追加』など、扱い的には前作のグラキエース達に近い。エースボーナスは『カルヴィナとツインユニットを組むと一度だけ「」が発動する』というもの。カルヴィナと組ませたくなるが、実は性的には格闘寄りなので統グランティードと相性がいい。
また、大剣つながりかゼンガー・ゾンボルト戦闘する際に騎士VS武士を思わせる専用の掛け合い台詞がある。

AK社に潜入していた頃はアリスター・リンクスと名乗っており、カルヴィナからは「アリー」と呼ばれていた。


今こそ見せよう、我が関連項目の真価を!



最終更新日: 19/10/07 04:56
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ