ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アルバート・プホルス


ヨミ: アルバートプホルス
掲示板をミル!
25カキコ!

アルバート・プホルス(Albert Pujols、1980年1月16日-)とは、ドミニカ共和出身のメジャーリーガー(内野手)である。現在ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムに所属。

MLB最高の打者との呼び高く、2001年デビューから2010年まで打率.30030本塁打100打点を10年連続で達成した。

メディアによっては「プーホール」と表記されることもある。

概要

ロサンゼルス・エンゼルス #5
アルバート・プホルス
Albert Pujols
基本情報
ドミニカ共和国ミニカ共和
[画像を見る]アメリカ合衆国
出身地 サントドミンゴ
生年 1980年1月16日
身長
体重
6' 3" =190.5cm
230 lb =104.3kg
選手情報
投球・打撃 右投右打
守備位置 一塁手
プロ入り 1999年
経歴
際大会
代表チーム [画像を見る]ミニカ共和
WBC 2006年
メジャーリーガーテンプレート

12人兄弟の末っ子として誕生し、コーチをするなど幼少期から野球に親しんでいた。16歳アメリカ合衆国ミズーリカンスシティ家族で移住。フォート・オーセージ高校時代に相手監督が年齢詐称を訴え、88打席で55回敬遠された。

1998年高校卒業し、メープルウッズ・コミュニティーカレッジに奨学生として進学し1999年にはカージナルスからドラフト13巡(全体402位)で名を受ける。しかし入団交渉でカージナルスが提示した契約の額10,000ドルを不としたプホルスは、その後の大学での試合で活躍し、提示額を60,000ドルまで引き上げさせた。8月17日に入団契約を交わしてプロ入りした。

セントルイス・カージナルス時代

2000年(1年)はマイナーリーグA級ピオリアで開幕を迎え、AAA級メンフィスまで一気に昇格。球団からマイナー最優秀選手として表される。


2001年のスプリントレーニングでプホルスを観たマーク・マグワイアが才を見出し、トニー・ラルー監督ロースター入りを進言。開幕メジャーを掴みとった。開幕戦に6番・左翼で出場しメジャーデビュー。その後、三塁のレギュラーのボビー・ボニーヤが故障したため三塁にも入り、さらに右翼・一塁と様々なポジションにつく。1試合に欠場したのみで、打率.32937本塁打130打点という新人離れした成績を挙げた。シーズン終了には満票で新人王を受賞。MVP投票でも4位に入った。三塁手部門でシルバースラッガー賞も受賞した。


2002年左翼手として出場。打率.31434本塁打127打点を記録。メジャー史上初のデビュー年から2年連続で3割・30本塁打100打点を達成。MVP投票ではバリー・ボンズに次ぐ2位となる。


2003年には打率.354212安打を記録し、首位打者と最多安打を獲得。本塁打は自己最多の43本を放ち、球団史上2人40本塁打200安打を達成したMVPではまたしてもボンズに次ぐ2位だったが、の活躍を受けて球団は翌2004年シーズン開幕前に、7年1億ドルの契約を結んでいる。


2004年からは本格的に一塁手へ転向。打撃では史上12人・15回しか達成していないシーズン100長打にあと1本まで迫り、46本塁打リーグ2位)・123打点(同3位)を記録した。またチームメイトスコット・ローレンジム・エドモンズもシーズン30本塁打を達成し、"MV3" と呼ばれる球団史上屈の強打線を形成した。


2005年はプホルスの後を打つ4番打者のローレンが故障で離脱し、ラリーウォーカーレジー・サンダースがその代わりを務める。しかし彼らは4番打者として不足であったため、プホルスが勝負を避けられるケースが増え、結果としてプホルスの四球は自己最多の97を記録した。踵を痛め1試合欠場しただけで、打撃3部門では打率.33041本塁打・117打点を記録。プホルスのデビュー年以来4年連続でMVPを受賞していたボンズがこの年は故障でシーズンを棒に振っていたこともあり、プホルスは本塁打王アンドリュー・ジョーンズ首位打者デレク・リーを抑え、初のMVPを受賞した。


2006年には、MLBレギュラーシーズン開幕前の3月に開催された際大会・第1回ワールド・ベースボール・クラシックにドミニカ共和代表の 一員として出場。その後開幕したシーズンでは序盤から例を見ない勢いで本塁打打点を量産し、5月終了時点で打率.31525本塁打65打点という成 績を残す。これは年間75本塁打200打点ペースで、ボンズシーズン本塁打記録73をプホルスが上回るのではとのも上がった。ステロイド疑惑と縁のプホルスの本塁打量産は好意的に受け入れられていた。しかしその後、シーズン開幕前から抱えていた痛が悪化。6月4日に故障者リスト入りし22日まで休養したため、記録更新はお預けとなった。しかしこシーズン打率.331本塁打49打点137という成績を残し、本塁打打点は自己最高を記録した。また、カージナルスワールドシリーズ勝利したため、プホルス自身初の世界一を経験した。


2007年シーズン序盤の打撃不振やシーズン終盤の左ふくらはぎ痛がたたり、打率.32732本塁打103打点といずれも自身の均を下回る成績となった。2008年は、一時戦列を離れたこともあったものの、リーグ2位となる打率.357に加え、37本塁打116打点を記録。カージナルスは地区4位に終わったが、プホルスは本塁打打点の二冠王のライアン・ハワードを抑え、2005年以来2度MVPを受賞している。
右肘を手術したため、2009年開催のワールド・ベースボール・クラシック出場を辞退。しかし、レギュラーシーズンでは序盤から本塁打を量産。6月を終了した時点で打率.33230本塁打77打点を記録し、6月終了時点で30本塁打MLB史上10人の快挙。しかし、6月30日の試合後の会見でプホルスは「傲慢に聞こえるのを承知で言うけど、2006年の最初の2かの方が凄かった。30本塁打だか何だか知らないけど、あの当時みたいな凄さはまだないんだ」とっている。地元セントルイス開催となったオールスターファン投票では、ケン・グリフィー・ジュニアに次いで歴代2位となる5,397,374票を集めた。オールスター試合前、バラク・オバマ大統領始球式を務め、プホルスは捕手を務めた。試合では3打数安打に終わった。
後半はややペースダウンしたが、自身初となる本塁打王を獲得。本塁打以外にも124得点、出塁率.443長打率.658、374塁打 、44敬遠(歴代5位)と数多くの項リーグトップに立った。デビュー以来続けている打率.30030本塁打100打点も9年連続ま で伸ばし、ルー・ゲーリッグと並ぶメジャータイ記録となった。シーズン終了後には2年連続、通算3度となるMVPも獲得。1位票を全て集める満票での受賞で、これは2002年バリー・ボンズ以来7年ぶり、歴代15人の快挙だった。また通算3度の受賞はボンズに次いで歴代2位タイとなった。


2010年(10年)は、開幕戦(シンシナティ・レッズ戦)で5打数4安打2本塁打3打点という最高の滑り出しを見せると、2003年以来続けているオールスターメンバー選出も果たした(結果は2打数ノーヒット)。その後、8月15日シカゴ・カブス戦でシーズン30本塁打を放ち、メジャーデビューから10年連続でのシーズン30本塁打以上を達成。その11日後、8月26日ワシントン・ナショナルズ戦で放ったシーズン34本塁打は、ニューヨーク・ヤンキースアレックス・ロドリゲス三塁手2010年シーズン途中でシアトル・マリナーズ引退したケン・グリフィー外野手に次ぐメジャーリーグ史上3番スピードでの通算400号本塁打であった。更には9月11日アトランタ・ブレーブス戦で3打点マークした事により、シーズン100打点以上も10年連続での達成となった。地区シーズン打率.312で終了したため、10年連続での3割30100打点以上の記録達成となった。同時に42本、118打点本塁打打点の二冠を獲得。115得点、38敬遠は両リーグ1位を記録した。


2011年6月に故障離脱してしまい、打率.299 37本 99打点と自己最低の成績に終わった。シーズン終了後にFAとなり、10年総額2億5400万ドルという契約を結び、ロサンゼルス・エンゼルスに移籍した。

ロサンゼルス・エンゼルス時代

2012年シーズンは開幕から不振が続き、5月半ばまで1本もホームランを打てず、一時は打率がニ割以下になりスタメン落ちした挙句、年齢詐称疑惑まで再燃する始末であった。その後は盛り返し、最終的には打率.28530本塁打105打点という彼がプホルスでなければ特に文句のつけようがない成績を残した。


2013年は10年契約の2年であったが、出場試合数は99試合に留まり、成績は更に下降した。


2014年は159試合に出場し打率.27228本・105打点と前年より盛り返したが、出塁率は.324と自己最低を記録し、28併殺打リーグ最多だった。


2015年MLB歴代15位となる通算549本塁打達成。この年は2010年以来の40本塁打を達成したが、打率.244はキャリアワーストだった。


2016年は152試合に出場したが、本塁打31本に減った。


2017年23本塁打101打点と成績に衰えが見えたが、ドミニカ共和出身者の通算本塁打記録と通算堕転記録を更新した。


2018年5月4日シアトル・マリナーズ戦で史上32の通算3000本安打を達成した。8月29日に左膝の内視手術を受けて以降は全休。117試合の出場に留まった。

成績

通算打撃成績


次へ»
最終更新日: 18/12/20 22:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ