ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アルファケンタウリ


ヨミ: アルファケンタウリ
掲示板をミル!
21カキコ!

アルファケンタウリ(Alpha Centauri)とは、銀河系恒星のうち、最も太陽に近い恒星である。


派生


  1. アルファケンタウリ(SMAC/X) - 2000年エレクトロニック・アーツ社より発売されたターン制戦略シミュレーションゲーム本家英語版は同年フィラクシス・ゲームズより発売) → smacの記事を参照

概要


リギル・ケンタウルスとも呼ばれるケンタウルス座で最も明るいである。アルファケンタウリという名前そのものも「ケンタウルス座の最も明るい」という意味を持つ。星座では南に存在しているため、日本では緯度が低い奄美以南でないと天体観測する事はできない。

の明るさの等級は0等。全でも(見かけ上)三番の明るさがある。明るさの理由として、太陽系(地球含む)に最も近いということがあげられる。

このはA・B・C(Cはプロキシマ・ケンタウリで知られる)の三つの恒星による三重(恒星の中でも数十分の一しかないしい)であり、プロキシマが太陽の最も近くにある恒星である。
ただし、近いといってもその距離は約4.2光年もあり、現在宇宙船では人間が数世代でたどり着ける距離ではない。現在の技術の宇宙船ではなんと約3万年かかる。

近年話題になっているグリーゼ近傍恒星までおよそ16~63光年以上先にべれば近い恒星である。

前述したようにアルファケンタウリは太陽系に最も近いため、人類が到達する最初の恒星補と考えられており、昔から様々なSF作品(ウルトラマン宇宙戦艦ヤマト・書籍のガンダム漫画トランスフォーマーアバター)などで宇宙人が居たり植民先であったりと話題に上げられることも多い。

2012年にB転する惑星Bb地球と同サイズ惑星ではないかと科学誌ネイチャーで掲載され話題になったが、2015年の報告では惑星Bbはほぼ実在しない惑星と判明した。
なぜ今まで誤認してきたのかというと、実は確認出来たデータがまばらであり、ドップラー法で観測した際に恒星のふらつきからごく短時間に観測されたもので、全ての観測データを合成した所、コンピューターシミュレーション上のみ出現する惑星ではないかと判断された。
現在ではB惑星Bb実在しない惑星という説が有となっている。誤解されやすいが、アルファケンタウリ全てがかったというわけではないのでこの点に注意されたい。

2016年にプロキシマ・ケンタウリの周りを回る惑星が発見された。
地球の1.3倍の質量があり、生命が誕生するのに適した領域である『ハビタブルゾーン』内を転している。
そのため生命の存在が期待されているが、に近すぎるためフレアの影を受けやすい、自転と転が同期している可性がある等の問題があり、生命が存在するには過酷な環境であると予想される。

CNN理論物理学者のスティーブン・ホーキング氏たちがほどの機「ナノクラフト」を光子推進装置で数機飛ばし、アルファケンタウリまで最短20年で到達し、詳細なデータ収集をするという計画を発表した。打ち上げまでには長い年と多額の資が必要の見通しである。現存する技術と実現に近い技術に基づいてると言う。


関連商品


■azB001KKHHLO
■az4101401020


関連項目・関連リンク



最終更新日: 17/01/14 19:58
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ