ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アレイスター=クロウリー(とある魔術の禁書目録)


ヨミ: アレイスタークロウリー
掲示板をミル!
365カキコ!

魔術[外部]とは、意志に従って変化を起こす科学であり業である
(Magick is the science and art of causing change to occur in conformity with will.)

の欲することを為せ、それがの法とならん
(Do what thou wilt shall be the whole of the Law.)

は法なり、意志の下のこそが
(Love is the law, love under will.)

アレイスター・クロウリー
Magick in Theory and Practice』『Liber AL vel Legis
※新約18巻,新約22巻にて引用あり

(・ ̄・)アレイスター=クロウリーとは、ライトノベルとある魔術の禁書目録』の登場人物である。

モデルは19世紀~20世紀にかけて活躍した同名の魔術師アレイスター・クロウリー(本名:エドワードアレクサンダークロウリー)。
本作のアレイスター=クロウリーもこの魔術師クロウリー本人という設定で、大部分は実在クロウリーと共通する。

CV:関俊彦


概要


学園都市の創設者にして最高権者である統括理事長。
世界最大の魔術結社黄金夜明〉に在籍し、後に〈〉を名乗る魔術師クロウリーその人。

聖守護天使エイワスから〈法の書〉の知識を授かった者、いは〈テレマ[外部]〉思想の提唱者、トートタロット作者、また(本作独自要素として)近代西洋魔術の全てを作った魔術師としても知られている。
史実において〈マスターリオン〉=666自称本作ではマスターセリオンと表記。するように、本作でも大いなると等価の魔法名〈Beast666〉を名乗っている。

同業者は彼を「世界最高の魔術師」と呼ぶ。それと同時に「世界最大の邪悪」「食人」「変態」とも称され現実では「ジョン・ブル」にをつけられていた。その三流は本作の「表の歴史」でも悪評の拡散に一役買っているらしい。、良くも悪くも彼以上に有名な魔術師など存在しない。

男にも女にも子供にも老人にも聖人にも囚人にも見えるという、どこか人外離れした印を与える人物だが、食わせ物でありながらVIP相手でも奇妙な言葉で話してくるローラ=スチュアートや、恩人であるカエル医者には人間臭い言動をとる事もある。

淡々とした口調で話すが、史実のクロウリーが「変態」と称される通り禁書でも変態ユニーク人間であったようで、蓋を開けてみればクールで思慮深いだけのイメージとは程遠かったりする。

当時の三流(史実でのジョン・ブル)をして「邪悪」と言わしめたその性質は本作でも存分に発揮され、彼が創設した科学に偽装されたテレマ僧院「学園都市の暗部という形で悲劇を生み続けている。


魔術師クロウリー


アレイスター=クロウリー(本名:エドワードアレクサンダー)は19世紀に生まれた。クロウリーは根本的に科学寄りの人間だが、学校や上辺だけの大人(多分史実通りダビの身近な存在)に嫌気が差し、徐々に万を否定するために秘の世界に没入していくようになり、〈黄金夜明元ネタはもちろんイギリス魔術結社「黄金の夜明け団」。の創設者の一人であるサミュエル=リデル=マグレガー=メイザース[外部]に見出され、同結社に入団する。

黄金夜明』内ではいわゆるメイザースに属し、メイザースの護のもと魔術研究に没頭。『クリフォト』の図面を基に世界を再計算し、ウィリアム=ウィン=ウェストコットの度肝を抜くなど、くから存在感を示していた。

細は後述するが、後にクロウリーは『魔術』の世界に反旗を翻す。
手始めに自身が所属する〈黄金夜明〉の内乱、史実では『ブライスロードの戦い』と呼ばれる静かなる闘争を仕組み、〈黄金夜明〉にわる全てを破滅に導いたのだった。

そして、ある男──史実での流出はクロウリーかイスラエル・リガルディ───の手で編纂を終えた近代西洋魔術(黄金夜明の秘儀)の流出を装い、世界クロウリー自身が竄した近代西洋魔術の全てを拡散
これによりクロウリーは近代西洋魔術スタンダードを作ることに成功している。作中に登場する近代魔術師クロウリーの亜流であった。

エイワスの召喚 ~ 形を変えたテレマ僧院《学園都市》

クロウリーを徴するこのエピソードも忘れてはならない。
1904年、世界旅行中に最初の妻ローズ=ケリーの体を使い、聖守護天使エイワスを召喚。エイワスの知識を書き記した魔道書法の書〉を土台に、〈テレマ[外部]〉という秘思想を提唱した。

クロウリーは人類の意識をイシス、オシリスホルスの3つの時代(アイオーン)に切り分けている。
彼の持論によると『法の書』が完成した1904年に十字教は終焉を迎えており、今は人類がなる覚めを果たす〈ホルスの時代〉に移行済みらしい。

1909年、アフリカ砂漠で〈30のアエティール〉の召喚実験を開始。子のヴィクター=ニューバーを連れて行われた召喚実験の最中、〈セフィロト〉に潜む悪魔コロンゾン」を召喚し、セフィラとセフィラにわだかまる〈深淵〉を乗り越えようとした。

1920年から1923年までの間、イタリアのシチリにて活動この辺りの情報は第7巻(法の書編)が初出。ただしこの時点ではテレマの名はまだ出ていない。。シチリアに「テレマ僧院[外部]」を創設したが、史実通りたった一つのアクシデントにより閉鎖に追い込まれている。

1947年、表の歴史ではイギリスの片田舎死亡と記録されているが、実は魔術師討伐組織にフルボッコにされの息だった所をカエル医者に救われていた。
その後クロウリーは一度訪れた事もある日本へ渡り、形を変えた「テレマ僧院」である「学園都市を設立する。イタリアはシチリにて散ったテレマの底的に科学に擬態させ現在に至る科学サイドまで幅を広げていった。

実に50年以上も魔術から身を隠しながら暗躍しており、「ある人物」を誘致して活躍させるためだけに学園都市を創るなど、裏で自身の構築した「計画(プラン)」を進行中。
現在は「窓のないビル」内部にある、弱アルカリ性培養液で満たされた巨大ビーカー(生命維持装置)の中で生き長らえている。


元ネタのクロウリーとの共通点


本作のアレイスター=クロウリーはまさしくエドワードアレクサンダー
近代西洋を代表する魔術師でありながら、その異常な言動から「史上最悪の魔術師」「変態」「食人」と呼ばれた人物である。

元ネタバイセクシャル(ホモセ経験者)、物中者、子にたかったり愛人ませたり麻薬漬けにして関わった人を不幸に落としてきた人物なので、元ネタとほぼ同じ存在のこの人もろくなもんじゃないのは分かりきっている。実際、史実のエピソードが言及されたりそれを匂わせる設定もある(物,愛人は確定。ホモセは某巻での上条への態度が怪しい)。

クロウリー本人なのでエピソードや功績を挙げれば事欠かない。少なくとも禁書では本筋に関わる設定として以下の跡が触れられている(新約20巻時点)。

  1. 黄金夜明
    初出:1巻。ウェストコット、メイザース等の天才魔術師が創設した世界最大の魔術結社
    ヘルメス学、薔薇十字団(ローゼンクロイツ)の遺伝子を下地魔術の発展に大きく貢献し、近代西洋魔術の礎を作った。ウェイト、リガルディ、ベネットなど業界きっての凄腕の魔術師が集まったが、内紛と分裂を繰り返し衰退の一途を辿る。モデルイギリス魔術結社黄金の夜明け〉。
  2. Magick系魔術[外部]
    初出:7巻。詳細は下記。史実にも存在するクロウリーの魔術体系。
    元ネタ魔術自然科学基盤を整えたクロウリー流の実践儀式。その儀式内容はヨガカバラ的儀式を含有し、広義上は「意志下の行為全て」である。

  3. 新約9巻でオティヌスが「を名乗るあの男」と言っているが、これは恐らく実在するクロウリーが創設したテレマ教を教義とする魔術結社〈〉の事だろう。所属メンバー、ヴィクターニューバーグの名も新約19巻で判明している。
  4. 法の書
    初出:7巻。エイワスクロウリーの妻ローズ=ケリーを使って口伝した魔道書
    難解な言で記され解読が全く進んでいないが、〈法の書〉の術式はあまりにも強大で、使用すれば十字教が支配する今の世界が終わりを告げると伝えられている。
    クロウリーは現実でも禁書でも「〈法の書〉が完成した1904年以降は、キリスト教(十字教)の支配体制が消滅したホルスの時代である」と述べている。
  5. テレマ(セレマ)
    初出:名前は新約17巻だが、概念自体は禁書初期から。
    クロウリーが提唱した思想であり宗教典は〈法の書〉。ギリシャ語で「意志」を意味する。
    テレマ思想では人の意識を3つの〈時代(アイオーン)〉で表す。この3つはエジプトの名を引用しており、十字教(キリスト教)の前の時代を〈イシスの時代〉、キリスト教が支配する時代を〈オシリスの時代〉、に隷属する時代を終え、人間と化す時代を〈ホルスの時代〉という。
    エイツやメイザース等と共に〈黄金夜明〉の中心人物だったとはいえ、〈〉系魔術師でもその思想を支持する者は少なかったらしい。
  6. テレマ僧院
    初出:名前は新約17巻だが、7巻でも示唆されている。
    学園都市」はクロウリーがシチリアに創設した「テレマ僧院」の形を変えた姿であった。
    本作でも少々触れられているが、実在するテレマ僧院は不慮のアクシデントで死者を出してしまい、マスコミ死亡した信者の妻から得た情報で記事を書き立て、クロウリーがムッソリーニから外退去処分を受ける程の問題に発展し、閉鎖に追い込まれている。
    本作でもクロウリーが何度か外退去処分を受けていたらしく、恐らくだ全に史実通りのことが起こったものと思われる。
  7. トート・タロット
    初出:新約14巻。GDタロットを基にクロウリーが編纂したトート式と呼ばれるタロット問答型思考補助式人工知能(リーディングトート78)にも組み込まれている。
  8. クロウリーの愛人子供
    詳細はこの項の一番下にて。
    2人のリリスローラ、そのローズが7巻と新約18巻でそれぞれ判明。
  9. 魔法名「Beast666
    先述した通り、史実では「マスター・テリオン」と自称した。

『人間』アレイスター=クロウリー

クロウリーには迷エピソードも多い。
来日した際に大仏を見て感化され旨変えしようとしたり、酸素吸入なしで8000mをえる『K2登山』に挑んで失敗したり、社会的には無職だったり、それだけ聞けばカリスマ性の欠片も感じさせない。

また、彼は史実だとがつく変態であり、禁書どは元ネタ通りだったりする。
魔術に精通してたり、男性器の表現だけで3桁に達した超大作の官小説を執筆したり、儀式場に自分の精子──自身や赤子に擬えた供物──を持ち込んで実験を始めたり、裸の像──ちなみにパリオスカーワイルド像である───の局部を隠すための飾りをズボンに身に着けてパーティーに出席したり、同僚と韻を踏んだ下ネタトークを飛ばす等、上条に言わせれば人格が破綻したド変態クソ野郎である。

性(セッス)魔術で十数以上の相手と身体的関係を結び、何人も不幸に追いやり、そして最終的にしかった者達とも離別している(原因は様々だが大半はクロウリーが最低で聞くに堪えない)。
サディストマゾヒストバイセクシャルスカトロ漬け性交…etc。史実のこの男の変態性異常性に限定してるにせよ、この記事一つを消費しかねない勢いだろう。

中性的な美貌を持つ彼は、特に何もしてないのに女からモテた。史実ではマゾだからローズを始め経験豊富な女性を好む傾向にあったとか。しかも禁書の彼は、努する必要がなかったから普通恋愛興味を持てなかったんだとか。上条「最悪だなリア充

カルティストとしては天才の部類だが、同時に失敗も多かった。
かしこの変人は「成功と失敗は等価値」と捉えており、成功すれば良し、失敗しても次に繋がる何かしらの成果が得られ、反動でさらなる飛躍に繋がるという、ある種ポジティブな考え方の持ちである。
よって仮に失敗しようが彼の作り出す流れそのものに大した変化はなく、成功と同じペースで構わず標へ邁進することができる。この考え方は後の「計画(プラン)」にも反映されている。


次へ»
最終更新日: 20/02/17 00:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ