ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アレクサンドル・カレリン


ヨミ: アレクサンドルカレリン
掲示板をミル!
49カキコ!

アレクサンドル・アレクサンドロヴィチ・カレリンとは、霊長類最強の男である。


概要


ロシアが産み出した史上最強の男アレクサンドル・カレリン。

レスリング・グレコロマンスタイル 130kg級においてオリンピック3連覇(ソウルバルセロナアトランタ)し、4連覇をかけた決勝戦(シドニー、ルーロンガードナー)で敗北するまで13年間負けることを忘れた霊長類最強の男である。おそロシア


究極のパワー


13歳でレスリングを始め、の積もった場所でランニングを行う。休まず3時間ボートをこぎ続けるとかネタのような過酷なトレーニングを続けた結果人類の理から外れたを手に入れた。

66kg級の選手をそのまま大きくしたようなバランスの取れた体つき柔軟かつ重厚な筋肉そしてその体から産み出される人知をえた

そのは、人的、人間じゃない、このおっさんおかしいんだけど、誰だマットゴリラを放ったのは、などと言われていた。全盛期の背筋400kgをえていたとされる。また、諸説あるが引越しの際100kgをえるタンスや冷蔵庫などを1階から15階まで一人で運んだと言われている。人間じゃない。

彼の代名詞として有名なのが「カレリンズ・リフ」。通称俵返し。この技自体レスリングではよく用いられる技で、特にグレコロマンスタイルではよく見られる。しかしそれは(現階級でいう)55kg級から74kg級までの話で90kgをえる階級ではまず見ることはい。それをあっさりやってしまうのだから人間じゃない。しかもカレリンが出場する130kg級では持ち上げて投げるという概念がまずかったのである。

「カレリンズ・リフト」を受けた相手はその体重がモロに首にかかる為頚椎を傷めるなどする可性が高かった。そのため、パーテルポジションを取られたり、体をホールドされた場合そのままフォール負けを選ぶ場面が見られた。というかカレリンと当たった時点でもう交通事故にあったようなもの。やっぱり人間じゃない。

後述する前田日明は「カレリンズ・リフト」を食ったために頚椎を傷めている。


ロシア国会議員


英雄でありながら彼は紳士的、知的といわれており民からの尊敬の対になっている。選手時代の1999年にはロシア国会議員を一期務めている。


唯一の他流試合(スパーリング?)


カレリンはレスリング以外の試合に出ていなかったが一度だけ、前田日明引退試合(スパーリングとしてとのうわさもあるが真実は不明)に出たことがある。試合前に前田は「あれはレスリングルールだから通用する技。自分は絶対に喰らわない」と自信満々に発言したが・・・・

試合は前田にかなり有利なルールで行われた・・・・がカレリンの圧倒的パワーに押しつぶされパワーボムや首投げなどの投げ技を幾度も食らい「カレリンズ・リフト」は2回も食らい、結果はカレリンのスコアによる判定勝ちではあるが内容はが見ても明らかに近い物であった。しかしレスリングを行っている物が見ると、「遊んでいる。ただじゃれているだけ。本気なら30回は締め上げられてる。」等々の意見がある。まぁ行だし仕方ない。それにリング禍が起きても困る。

試合後、前田はカレリンのクラッチに対しまったく抵抗できなかったと話している。


無敗記録


13年間敗で記録が残る際大会だけで114連勝という出としか思えない記録を残している。さらに内大会を加味すればその連勝記録は300連勝をえるとされている。


敗北と引退後


オリンピック4連覇をかけた決勝戦、相手はアメリカガードナー。連覇をねらうカレリンは連戦により疲労がたまっていた。それを察したガードナーは持久戦を挑みまんまとはまってしまう。そして組み合いになったとき・・・本当に一であった・・・彼らしくない・・・カレリンは手を離してしまい1ポイントを与えてしまう。それが決勝ポイントだった。ガードナーは底的に逃げにしカレリンは逆転することができず敗北してしまう。

しかし、見方を変えればルールによる失点であり、技によってカレリンを倒したわけではないということになる。

 

その後引退したカレリンは故郷で子供バスケットボールレスリングを教えたりしながらすごしている。


関連動画



■sm14260403[ニコ動]

■sm27202874[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 16/01/10 18:59
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ