ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アレックス・リンス


ヨミ: アレックスリンス
掲示板をミル!
3カキコ!

アレックス・リンス[外部]とは、スペインカタルーニャ州バルセロナ出身のオートバイレーサーである。


1995年12月8日生まれ。

2012年よりMotoGPmoto3クラスへ参戦を始めた。
わずかキャリア2戦にしてヘレスサーキットで予選最速タイムポールポジションを獲得した。
2013年moto3クラスランキング2位
2014年moto3クラスランキング3位。

2015年moto2クラスへ移動、ランキング2位
2016年moto2クラスランキング3位。

2017年からスズキワークスで最大排気量クラスに参戦している。


ゼッケン、ヘルメット、本名


ゼッケンは42番を使っている。42insと表示するのが好みのデザイン[外部]4がA、2がRに見える気がする

レースを始めた6歳のころは14番を使っていて、これはこれで好みの番号だった。
9歳の頃に気分転換で24番に変更した。
13歳の頃、24番を使うライダーが他にいる選手権に参加するとき、42番に変更した。
14歳の頃はゼッケン24番に戻したが、42番を使っていた時の方が幸運が続いた気がしたので、
15歳の頃に42番に戻し、そのまま現在まで続いている。

moto3クラス時代はよく見てみるとゼッケン4.2になっている[外部]。これは所属するチーム
スポンサーが「Estrella Galicia 0.0[外部]」だったから。

moto2クラス時代はゼッケン40番だったが、これは所属するポンス・レーシングスポンサー
Los40というラジオ局[外部]で、ゼッケン40番を強制してくるスポンサーだったからである。

ヘルメット2011年から2013年までSHOEI2014年から2016年までイタリアSuomy、
2017年からはイタリアのX-liteイタリアのNolanのブランド)と契約してきた。

ライダースーツマークでおなじみのアルパインスターズ契約している。

好みの色はオレンジ色で、あらゆるファングッズにオレンジ色が塗られる[外部]

本名はAlejandroスペイン読みだと多分アレハンドロになるだろう)。
 

the 42 bakery

ヘルメットの正面に「the 42 bakery」と書いてある[外部]意味は「42番のパン屋さん」

ヘルメットの頭頂部にはスズキのSマークがついたパンが描かれている[外部]

ヘルメットの側面部分はこうなっている[外部]。もう少し拡大した画像はこちら[外部]で、
スズキワークススタッフパンを作り、それをアレックスが食べるという内容の絵だと分かる。
描いたのは藤原らんか。

なぜパン屋さんという題材になったかの詳細は不明。

the 42 bakeryのInstagramアカウントがある[外部]

リンファンクラブパンを用意している画像もある。画像1[外部]画像2[外部]


ちなみに2018年日本GPのヘルメットデザインthe 42 SUSHI BAR[外部]となった
頭頂部[外部]寿司になり側面部[外部]ではスズキワークススタッフ寿司を握っている
 


ライディングスタイル


綺麗で上手、器用な技巧ライダーである。

ブレーキをガツーンと掛けたりアクセルをドーンと開けたりして攻めまくる、というスタイルではない。
攻めすぎずに綺麗に走って上手くまとめて好成績を残す、というスタイルである。

2016年のインタビュー[外部]で「ホルヘ・ロレンソの乗り方を参考にしている」
スムーズに乗るようにしている」とっている。ヤマハ時代のロレンソは技巧筆頭格なので、
アレックス・リンスも技巧とみてよい。

G+の解説でおなじみの青木拓磨さんがデビュー当時から「ライディングが綺麗だ」と絶賛していた。
2013年サンマリノGPのときなど「上手ですね~」「うまい!」とべた褒めしている。

元二輪レーサーという人種子どもの頃から極めつけの負けず嫌いであり、それゆえ、
なかなか現役ライダーを褒めない。青木拓磨さんもその例に漏れず、なかなかライダーを褒めない。
そんな彼がしいことに絶賛しているのであった。

青木拓磨さんが熱心に褒めていたのはマーヴェリック・ヴィニャーレスとアレックス・リンスの2人だけで
この2人の行く末がどうなるか注される。


パッシングかに迷惑を掛けることも少なく、クリーンライダーだと言える。

「わずかキャリア2戦ヘレスサーキットにて予選最速、ポールポジション獲得」というのは
彼にとって生涯の勲章になるだろう。
ヘレスサーキットMotoGP御用達のテストコースで、MotoGPライダー全員が若い頃から
走り込んでいるサーキットであり、みんな速く走ることができる。
ヘレスサーキットで抜きん出た走りをするとMotoGP関係者全員が注するほどである。
そのヘレスサーキットでキャリア2戦ポール、これは伝説的な偉業と言っても良い。


すこし怪が多いのが難点といえば難点だろうか。毎年のようにどこかを折している。
2017年は第3戦練習走行で転倒折し、5戦を欠場、ルーキーイヤーの大事な学習期間を失ってしまった。

アレックスSNSにはMotoGP御用達外科医ハヴィエル・ミール先生[外部]がしょっちゅう出てくる。
ミール先生も「またか」と思っていることだろう。画像1[外部]画像2[外部]画像3[外部]画像4[外部]画像5[外部]
 

コーナーリング最中に、外側の足を外に向ける

コーナーリング最中に外側の足をグッと踏み込まず、軽い踏み込みにして、先が外に向くことがある。
この画像[外部]を見ても、あまり強く踏み込んでいないことが分かる。

靴がぴょこんと外に飛び出ているようで、見ていて面い。画像1[外部]画像2[外部]画像3[外部]

これはリアタイヤを適度に滑らせるために行っているらしい。

2014年moto2クラスチャンピオンを獲得したティト・ラバトが、外側の足を外していた。
この動画はツインリンクもてぎの1コーナーの画像である[外部]
右に曲がっていくとき、左足を全にステップから外している。
この走りにマーヴェリック・ヴィニャーレスやアレックス・リンスが影を受けたようである。
 


成績の良いサーキット、巡り合わせが悪いサーキット


2014年インタビューインディアナポリスモータースピードウェイが好き、
ブルノサーキットバレンシアサーキットが嫌い、とコメントしている。

とはいえ、ブルノバレンシアの成績はそれほど悪くなく、むしろ良い。

サーキットオブジアメリカズという高難易度コースで2勝を挙げていて、技量の高さをわせる。

どのサーキットもしっかり好成績を上げている印がある。

最近のInstagramの質問コーナーフィリップアイランドサーキットが好きと答えていた。


あまり巡り合わせがよくないのはツインリンクもてぎである。
2013年は最終コーナーでハイサイド転倒[外部]ランキング1位に上がるはずがランキング3位に落ちる。
2016年は3コーナーで転倒[外部]戦前は1ポイント差のランク2位だったが戦後21ポイント差に広がる。
このどちらもシーズン最終盤で、チャンピオン争いに深い影を与えてしまった。
 


レース前は神経質になる


レース決勝が開催される日曜日はとても不安になり、神経質になってしまう、
自分をコントロールするのが大変だとインタビューで答えている。

その発言の通り、レース前の表情も神経質な感じである。
 


シト・ポンス、リンスにお小言を言う


2016年シーズンのアレックス・リンスは好調でヨハン・ザルコチャンピオン争いをしていた。

このときリンスはポンスレシングに所属していて、監督シト・ポンス[外部]だった。

そのシトポン監督2016年7月ドイツGPのとき、マニュエル・ペチーノ[外部](名物記者)に
マーヴェリック・ヴィニャーレスとアレックス・リンスを較するとしたら、とかれこう答えている。

「どちらも良いライダーですよ・・・良いライダーなんですが」

「(言いにくそうに重苦しい雰囲気で)ただね、アレックスは集中できていないんです。」

「マーヴェリックサーキットに来た時点で集中できていて、すんなり速く走ることができる。
一方アレックスは集中を高めて、それから速く走る。マーヴェリックよりもワンテンポ遅いんです」

「(堰を切ったように怒濤の勢いで)だから私はアレックスに言ったんです。
サングラスだのTwitterだの、そういう下らないことを全て忘れて、ザルコのことにだけ集中しろと。
起きたらザルコのことを思い出せ、トレーニングするときもザルコのことを思い出せ、
を見たらザルコの幻影が見えるぐらいになれと言ったんです。そうやってチャンピオンというのは
勝ち取るものなんです。寝ても覚めてもライバルのことを考える、これが大事なんです。
最大排気量クラスに移ったら簡単にはチャンピオンを獲れないかもしれません。しかし今は
手の届くところまでチャンピオンの座に近づいているんです。全ては彼次第なんです」

シト・ポンスは1988年と1989年に250ccクラスチャンピオンを獲得している国民的英雄[外部]である。
その彼が言うのだから間違いのないことだろう。





ただ、先述のようにアレックス・リンスはかなり神経質でナーバスになるという性格である。
レース決勝が近づけば近づくほど不安な精状態になるという心配性の性格なのだ。
自分の性格を3つの言葉で示してくださいと言われたとき、不安(uneasy)、神経質(nervous)とまず答えて、その後迷ってから、善良(good)と答えている[外部]

サングラスTwitterのことを考えさせてリラックスさせてやるべきだという考え方もあるだろう。
 


エミリオ・アルサモラと決別、犬猿の仲になる


エミリオ・アルサモラ[外部]にはMotoGPデビュー以前から世話になっていた。
2014年までマネージャーを務めてもらっている。

しかしながら2014年シーズンを最後にエミリオ・アルサモラと決別し、新たなマネージャーを雇った。

現在、アレックス・リンスとエミリオ・アルサモラは口も利かない間柄になっている。

これはなぜかというと、2014年シーズンの終盤に、アルサモからさんざん
アレックス・マルケスのサポートをしろ!」と言われたからであった。
アルサモマルク・マルケスアレックス・マルケ兄弟マネージャーでもあり、
アレックス・リンスよりもアレックス・マルケスへの情を優先するタイプであった。

このことにリンスは大変な不快感を覚えたらしく、エミリオ・アルサモラと決別したのである。

ミリオ・アルサモラはEstrella Galicia0.0と関係が深いので、リンスはそのチームからも離れ、
シトポン監督のいるポンスレシングに移った。

アレックス・リンスは将来レプソルホンダに移籍することはないだろう、と言われるのもこのためで、
ミリオ・アルサモラがマルク・マルケスマネージャーとして自由に出入りするレプソルホンダ
アレックス・リンスにとってまさに敵地であり、近寄りたくもない場所なのである。
 


好きなスポーツ、トレーニング


学生時代は数学が苦手で体育が得意だった、と答えている。

スポーツはどれもこれも好きで、場はクロスカントリースキー[外部]インラインスケートを楽しむ。
自転車トレーニング[外部]も大好き。ジェットスキー[外部]水泳[外部]サーフィン[外部]カヌー、ラケットボール
サッカー[外部]バスケ[外部]テニス・・・何でもこなすスポーツ青年
 

モトクロス、ダートトラック、スーパーモタード


次へ»
最終更新日: 19/01/12 23:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ