ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アングル


ヨミ: アングル
掲示板をミル!
2カキコ!

アングルとは、英単angleのカタカナ表記で度という意味である。

また以下のことを表す。


人名


ヨーロッパにアングル姓がある。


概要


本来は度を意味する言葉であるが、現代日本では被写体に対してカメラを向ける向きをしてアングルと呼ぶことが多い。写真映像を問わず、カメラを向けた際にはアングルが発生する。


撮影の演出として


同一の被写体を撮影する場合でもアングルが変わればその写真映像が与える印や伝わる事実には大きな違いが生じる。

一般的には人の線より高い位置から撮影するとハイアングルと呼ばれ、人の線より低い位置から撮影するとローアングルと呼ばれる。

ハイアングルからの撮影は俯瞰的な絵を取ることができ、撮影対を含む全体を見渡せる反面、撮影対が小さく見えてしまい弱弱しい印を与えることがある。

ローアングルからの撮影はアオリとも呼ばれ、撮影対の実際の大きさに関わらず、大きく見せることができる。そのため強い印を与えることができ、迫ある画像・映像を撮影することができる。


撮影技術に使われるアングル


映像において、印を強める手段として同一のシーンを複数のアングルから撮影し、その映像を続けて流すという手法がある。

この手法では別アングルからの映像を続けて流すことでその現を詳細まで観察することができ、その映像がいかにすごいということかを視聴者に伝えることができ、印を強めることができる。

現在では実験番組をはじめとしてバラエティニュースなどでも多く使われる手法である。


映像特典としてのアングル


近年のDVDブルーレイなどでは映像特典として同一シーンを別アングルから撮影した映像が付随している場合がある。


映像加工としてのアングル


バレットタイム

映画マトリックス』で登場したバレットタイムと呼ばれる映像技術にはアングルが密接に関わっている。

バレットタイムは被写体が一見スローモーションになっているように見えながら、カメラワークは高速で動き回るというSFXである。このSFXを作り上げるには被写体を動かしたいアングルに複数のカメラを設置し撮影、その後にコンピュータ映像つなぎ合わせるという手法がとられている。

また、被写体の周囲全てのアングルにカメラを設置して同時撮影すると、被写体は動かないのにカメラのアングルだけがぐるぐる回る映像を撮影することもできる。

スタジアムでの自由なアングル

サッカースタジアム内の映像自由にアングルを動かせる3D映像としてみることができる技術が開発されている。

上記のバレットタイムと同じく、複数のアングルから撮影した映像コンピュータつなぎ合わせて合成、三次元化したものであり、視聴者の見たいアングルからスタジアムの好きな場所を見ることが可になっている。

参考URL

サッカー中継を自由なアングルで見れる スタジアム3D自由視点技術 : DigInfo[外部]  


ゲームなどのアングル


3Dで構成されたフィールドを持つゲームにおいてはカメラアングルの切り替えが可な場合が多い。

アクションなどでは臨場感を出すためにキャラクター線のアングルにしたり、フィールドの見易さを優先して斜め後ろからの見下ろし視点のアングルを選択することができる場合がある。

RPGなどでは同じ場所でも別アングルから見ることにより隠されたアイテムヒントが与えられる場合がある。

キャラクター3Dモデルが鑑賞できるモードが与えられている場合、女性キャラローアングルからのデザインを見るのはでも一度は通るであろう。


関連動画



■sm11330788[ニコ動]

■sm1239364[ニコ動]


関連商品


■az442031043X
■az4582833233


関連項目



最終更新日: 11/03/20 01:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ