ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アンダルシア州


ヨミ: アンダルシアシュウ

アンダルシア州[外部]とは、スペイン南部の州である。


州都はセヴィリア


位置と気候


スペインの南部を占めており[外部]大西洋と太平洋の両方に面する。

西はポルトガルを接している。

地中海性気で、晴れが多く、は暑くも温暖であり、ヨーロッパの中でも屈の暖かい地方である。


アンダルシア州の経済


アンダルシア州は少しだけ田舎で、商業や工業の発展が少しだけ遅れている。

な産業は農業観光

農業の特産品は、ヘレス・デ・ラ・フロンテーラ周辺で作られるシェリーである。

ヘレス・デ・ラ・フロンテーラ産も盛んで、乗用に使われるアンダルシア馬[外部]を生産している。
ダルシア芦毛(白い馬)[外部]が多く、スペイン英国デンマークの王室が好んで採用している。

シェリー産については、ヘレス・デ・ラ・フロンテーラの記事も参考にしてください。


海岸沿いのリゾート地


アンダルシア州は観光で成り立っていて、大西洋沿いや地中海沿いのリゾート地にしている。

大西洋沿いはコスタ・デ・ラ・ルス(光の海岸)[外部]と呼ばれ、カディス[外部]ウェルヴァ[外部]などがある

地中海沿いはコスタ・デル・ソル(太陽の海岸)[外部]と呼ばれ、マラガ[外部]マルベーリャ[外部]などがある。

画像検索すると絵に描いたような美しい砂浜[外部]白い壁の建物[外部]ヒットする。


こうした陽に満ちた暖かいヨーロッパ北部の人たちにとって憧れの土地で、
ドイツイギリスオランダベルギー北欧から大挙して観光客がやってくる。
ヨーロッパの北部は5月までが寒くて6月になってやっと暖かくなるような寒い所なので、
スペイン南海はまさしく楽園

アンダルシア州も観光の重要性を理解していて、アンダルシア州観光局[外部]という部署が費を使って
広告を出している。

二輪レースの最高峰であるMotoGPにおいてもこのような広告看板[外部]を出し、観光客誘致に努めている。


アンダルシア州都・セヴィリア


アンダルシア州の州都はセヴィリア[外部]で、マドリッドから高速鉄道AVEが伸びている。

大航海時代スペインが中南植民地へ人を送り出すときは、セヴィリア[外部]の港から船を出していた。
(セヴィリアは内陸部の都市のように見えるが、内をが流れていて、大西洋とつながっている)
そのせいで、現代の中南で話されるスペイン語にはアンダルシア州の方言の影が見られる。

大航海時代はここが経済の中心だった。その頃の富を使って、大聖堂が建設された。
セヴィリアには世界3位の大きさを誇るセヴィリア大聖堂[外部]がある。
内部はこのように巨大[外部]で、色に美しい
大聖堂の隣にはイスラム時代に建てられた高さ98mのヒラルダの塔[外部]がある。
また、ここには大航海時代アメリカ大陸到達で有名なコロンブスの墓がある。

大航海時代が終わるとセヴィリアの繁栄も陰りを見せ、アンダルシア州の他の都市とともに
経済的に低迷していた。
そこをなんとかしようとスペイン政府は万博覧会の誘致をして、
1992年にセヴィリア博覧会が開催されることになった。

1992年というのはスペインにとって特別な意味を持つ年で、
コロンブスアメリカに到達したのが1492年、
イスラム教グラナダ王国が陥落してレコンキスタが終了したのが1492年。
この1492年から500周年を記念して、セヴィリア博覧会を開くことができた。

セヴィリア博覧会に合わせて高速鉄道AVEも建設された。
高速鉄道AVEが一番最初に建設されたのはマドリッド~セヴィリアの路線で、
セヴィリア博覧会の開幕日の翌日に開通した。

アンダルシア州の人には1992年のセヴィリア博覧会は特別な思い入れがある。

アンダルシア州南西部にあるヘレスサーキットの1コーナーにはセヴィリア博覧会にちなんで
Expo 92」という名前が付けられている。


アンダルシア州の名物 フラメンコ、闘牛


アンダルシア州の名物といえば、フラメンコと闘である。

フラメンコというのは、要するに、
女の人がドレスを着て格好いいダンスをピシッと決めるもの[外部]と思っておけば良い。

男性フラメンコダンサーもちゃんと存在するが、女性ダンサー較的に多い。

フラメンコについては個別記事のフラメンコも参照してください。



はかつてスペイン人最大の娯楽だったが、近年はサッカー人気に押され、
「闘は残酷である」という動物愛護もあり2011年テレビ中継がとりやめとなった。
このため闘人気は低迷気味だが、アンダルシア州では闘の文化が残っている。

特に毎年4月頃に州都セヴィリアで6日掛けて行われるフェリア・デ・アブリル(セヴィリア春祭り)[外部]
レアル・マエストランサ・デ・カバジェリーア[外部]という広大な闘場にて連日闘が行われる。
画像検索[外部]しても動画検索[外部]しても、闘の場面がヒットする。

については個別記事のマタドールも参照してください。



■sm24497192[ニコ動]

■sm19491637[ニコ動]


イスラム風の宮殿が多い


アンダルシア州は800年間ほどの長い間イスラム圏に入っていた時期があり、
各地にイスラム文化の影が色濃く残る史跡がある。

グラナダのアルハンブラ宮殿[外部]コルドバのメスキータ[外部]セヴィリアのアルカサル[外部]が名高い。

いずれも桁外れにな宮殿であり、往時がばれる。

8世紀のイスラム世界の中心地は中東のダマスカス[外部]だったが、政争が起きて王が替わることになった。
そのとき旧王族の1人が命からがらイベリア半島[外部]まで逃げてきて、そこに後ウマイヤ朝[外部]を建した。

ウマイヤイスラム世界のもう一つの中心地として繁栄して、世界最先端の科学技術や建築技術や
音楽や美味しい料理がイベリア半島にもたらされた。

作もこのとき伝わり、バレンシア地方で長く続き、パエリアという郷土料理を生みだしている。

トレド[外部]に大規模な図書館が建てられ、アラビア語の文献が多数収集された。
非常に優れた文献ばかりだったので熱心に翻訳され、ヨーロッパ大学の教材になっていった。
イベリア半島のトレドこそがヨーロッパの学術の中心地だった。

この「イスラム時代のアンダルシア地方の繁栄」をアンダルスという。個別記事あり(→アンダルス

レコンキスタキリスト教徒によるスペインの領土回復)の際もイスラムの建物は破壊されなかった。
モスク(イスラム教の礼拝所)[外部]をそのまま残して看だけ替えて、キリスト教教会にした例が多い。


州名の由来 ヴァンダル族


州名の由来はゲルマン民族ヴァンダル族。

もともとヴァンダル族はハンガリーあたり[外部]に住んでいたが、5世紀にゲルマン民族の大移動が起こり、
ヴァンダル族もドナウにそって西に移動した。
ガリ地方(今のフランス)を経てピレネー山脈を越え、ガリシア州[外部]を通ってアンダルシア州[外部]に着き、
ジブラルタル海峡[外部]を越えてカルタゴ(今のチュニジア)[外部]まで到達、そこでヴァンダルを建した。
ヴァンダルの影が残り続けたのがスペイン南部のアンダルシア州[外部]だった。

ヴァンダルVandal)のvが抜けて、アンダルシア(Andalucía)という名前になった。


アンダルシア州のサッカークラブ


アンダルシア州のサッカークラブというと以下のクラブが挙がる。(太字大百科に記事あり

上3つが1部リーグ常連、下4つが2部リーグ常連。

セビージャFCレアル・ベティスの対戦はセヴィリアを二分するセヴィリアダービーとなる。


二輪レースの聖地 ヘレスサーキット



次へ»
最終更新日: 18/05/01 12:25
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ