ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アントニオ猪木


ヨミ: アントニオイノキ
掲示板をミル!
119カキコ!

アントニオ猪木(―いのき 19432月20日 - )とは、日本人の元プロレスラー参議院議員である。


概要


ジャイアント馬場らと共に、日本プロレス黄金時代を築いたレスラーの一人。

本名猪木寛至(いのき かんじ)。スポーツ平和党を結党、党首として政に進出し、参議院議員活動中は本名で政治活動をした。

やることが常人の斜め上を行くスケールの大きさが多くの人に影を与え、今だ根強い人気がある。とにかく立ちたがり屋でトラブルメーカーだが、袂を分かったはずの人もいつの間にか仲直りしたりと、非常に魅的な人間であることは間違いない。

キャッチフレーズは『燃える闘魂』。

プロレスリアルファンタジーか今さら議論しても仕方がないのだが、アリとの対戦やイラクでの人質救出は、そんな議論さえ一蹴してしまう出来事ではある。


来歴


1943年、誕生。一時、一家ブラジルへ移住していた。
1960年力道山スカウトされ、プロレスデビュー
1972年新日本プロレスを旗揚げ。
1976年プロボクシングチャンピオンのモハメド・アリと対戦。
1989年プロレスラーでは初めて国会議員参議院)に当選
1990年湾岸戦争中にイラク内で起きた在留外国人外出禁止処置(事実上の人質)事件において、
       一国会議員の身で現地へ乗り込み、人質全員を解放させた。
1995年北朝鮮で「スポーツ平和の祭典」を開催して38万人の観客を集めた。
1998年、現役引退

引退後は、さまざまな格闘技イベントプロデュースを行った。最近のイメージは、闘魂ビンタとダジャレ

2005年、自身の持つ新日本プロレス式(全式の51.5%相当)を株式会社ユークスに売却し、事実新日本プロレスの経営から身を引いた。
2007年IGFイノキ・ゲノム・フェデレーション)を旗揚げした。
2010年WWEホールオブ・フェイムにて殿堂入りを果たす。日本人レスラーとしての殿堂入りは彼が初。
2013年参院選日本維新の会から出当選


その他



タバスコ


マキルヘニー社の辛み調味料の「ペッパーソース」、商品名『タバスコ』を猪木の経営するアントントレーディン株式会社1970年代に輸入代理店契約を結んで、タバスコを全に広めた。



このを行けばどうなるものか 危ぶむなかれ 危ぶめばはなし
踏み出せばその一足がとなり その一足がとなる 迷わず行けよ 行けばわかるさ

一休宗純の言葉の引用として認知度の高い『』は、清沢哲夫の著書『無常断章』からの引用である。「この道をいけばどうなるものか」から始まる言葉の全文が知りたい。良寛の言葉らしい。 | レファレンス協同データベース[外部]
http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000028008[外部]


関連動画



■sm950182[ニコ動]

■sm921194[ニコ動]

■sm417592[ニコ動]
■sm10097063[ニコ動]


関連商品



書籍


■az4766784367
■az4048718932
■az4594055427
■az4101297215


DVD


■azB00005HR4X
■azB00005HR4Y
■azB0007N38EU
■azB0007N38F4


関連コミュニティ


■co2966


関連チャンネル


■ch710


関連項目



関連外部リンク


公式サイト
アントニオ猪木オフィシャルサイト[外部]
http://www.igf.jp/inoki/[外部]

最終更新日: 13/09/06 04:49
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ