ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アントワーヌ・オーギュスタン・クールノー


ヨミ: アントワーヌオーギュスタンクールノー

[画像を見る]

アントワーヌ・オーギュスタン・クールノーAntoine Augustin Cournot1801年〜1877年とは、フランス数学者、哲学者、経済学者である。


概要


世界で初めて需要曲線を定義しかつ描いた経済学者。さらに経済学において、極大問題の解決に微積分を初めて用いた人でもあった。

独占市場や寡占市場においての均衡理論を展開し、経済学部公務員志望の人が習う「寡占市場におけるクールノー均衡」のクールノーさんとはこの人である。クールノー均衡とは寡占市場(特に二企業による寡占)ではお互いがお互いの産出量と値段を見つつ、自らの産出量と値段を決定するというものである。

クールノーの著書は出版当初、世間からガン視されたため彼は落胆し25年間経済学の研究を止めてしまった。しかしそれでも後期の著作「富の理論の原理」と「経済学要綱」で読みやすくする為に数学の使用をやめてまで復帰したが、それでも哲学数学分野の功績にべれば生前クールノーが受けた経済学の名誉は乏しかった。

ルラスにも言えることだが、当時の経済学はあまり数学を使わないものであったので、数学経済の説明に用いたワルラスやクールノー視されてしまったのだ。しかし、クールノーの著作は彼の死後、他でもないワルラスを含めたジョボンズマーシャルの手によって再評価され限界革命に大きな貢献を果たした。


関連動画



■sm3353444[ニコ動]


関連商品


■az4003411013


関連コミュニティ


■co1633732


関連項目



最終更新日: 12/05/30 07:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ