ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アンドレア・イアンノーネ


ヨミ: アンドレアイアンノーネ
掲示板をミル!
1カキコ!

アンドレア・イアンノーネ[外部]は、イタリア・アブルッツォ州ヴァスト[外部]出身のオートバイレーサーである。

1989年8月9日生まれ。

2005年からMotoGPの参戦を始める。

2005年から2009年まで125ccクラスに参戦。
2010年から2012年までmoto2クラスに参戦。
2013年からは最大排気量クラスに移り、2013~2014年プラマック・ドゥカティ[外部]に在籍。
2015~2016年ドゥカティワークスから参戦。
20172018年スズキワークスから参戦。

2019~2020年アプリリアワークスから参戦する。


ゼッケン、ヘルメット、愛称


ゼッケンは29番を用している。ヴァレンティーノ・ロッシをリスペクトして黄色い蛍光色である[外部]
 
アンドレアにはアンヘルという兄貴がいて、兄弟そろってレースをしていた。
アンヘル誕生日は2日なので、ゼッケン2番を付けていた。
アンドレアの誕生日は9日なので、ゼッケン9番を付けていた。
そのあとアンヘルレースをやめたので、アンヘルのゼッケンを引き継いで29番を付けるようになった。

2018年からHJC[外部]ヘルメットを使用している。

2012年から現在までDainese[外部]ライダースーツを使用している。


2017年日本GPに「やるっきゃない」と書かれたヘルメット[外部]を授けられ、見事4位に入賞した。


ヘルメットやグローブに銃の照準みたいなマークを付けるのが好みである。これも黄色い蛍光色[外部]
「銃の照準」で検索するとよく似ていることが分かる[外部]

2013年イタリアGPでは、絆創膏で銃の照準マークを描いたデザインのヘルメットを被った[外部]
でもしていたのだろう。

分子構造模型[外部]のようなデザインが好きで、モーターホーム[外部]ヘルメット[外部]グローブ[外部]に採用している。
これはレース中に高まるアドレナリンの分子構造をイメージしている。

the Maniac(狂人)

ライダースーツの尻にthe Maniacとプリントしている[外部]
maniacとは「狂人、気狂い、精異常者」という意味である。
日本人には「好者」という意味で使われているが、本来の意味は「狂人」という意味。

ヴァレンティーノ・ロッシthe Doctor(お医者さん)という称を好み、
ライダースーツの尻にそのようにプリントしている[外部]

イアンノーネはロッシファンなので、ロッシのすることを真似ている。
狂人医者なので意味合いは正反対。

the Maniac Joe(気狂いジョー)

the Maniac Joeというのもお好みの称で、画像検索するといろいろファングッズが出てくる[外部]

サインボード[外部]ヘルメット[外部]に書かれることがある。

これの元ネタは、アメリカ伝説的なイタリアマフィアであるクレイジー・ジョー[外部]である。

レイジー・ジョーを簡単に紹介すると、本名はジョセフ・ギャロ(Joseph Gallo)で、
称はジョーイJoey)とかジョーJoe)であった。
ニューヨークまれのイタリア系で、マフィアに入団して様々な悪事を働き「crazy Joe」と呼ばれる。
crazyとは気狂いという意味で、欧人は相当ぶっ飛んだ存在を見たときにこの言葉を使う。

その生き様が映画音楽の題材とされた。ボブ・ディランの曲の元ネタになったり、
名作映画ゴッドファーザー』のお話の元ネタになったりしている。


ライディングスタイル、得意なサーキット


アクセルを開けてどんどんスピードを乗せていくタイプであり、高速コーナーの多いサーキットで強い。

ムジェロサーキットカタルーニャサーキットロサイル・インターナショナルサーキットといった
高速セクションから長いストレートへ入るサーキットでの成績が良い。

ブレーキングが極めて強というわけではなく、バトルに滅法強いと言うわけではない。
ブレーキングよりもアクセルを開けることに重きを置くライダーである。


マルコシモンチェリのような意図的な危険走行をするわけではなく、そこまでダーティではない。
ただ、「ブレーキングしきれずに追突」というシーンが多く、クリーンと認知されているとは言えない。

故意に接触することはないが、過失で接触することはある・・・そういうライダーである。

コバンザメ走法(後追いしてタイムを上げる走法)の常習犯で、あまり評判がよくない。
2017年マルク・マルケスピットの様子をい、マルクが出ると同時にピットアウトして、
きっちりしっかりマルクの後ろに付けるということも行っていた。
2017年のオーストラリアGPで、マルク・マルケスに裏をかかれたことがある[外部]


セッティングを出すことにあまりこだわりがない。
ケヴィン・シュワンツがドゥカティワークススタッフに尋ねたところ、
ドゥカティ時代は「アンドレア・ドヴィツィオーゾと同じセットにしてくれ」とばかり言っていたという。
この記事[外部]でそう書かれている。

2018年アレックス・リンスセッティングを流用したら結果が出た、とこの記事[外部]で言っている。


俺は悪くない


アンドレア・イアンノーネはヘルメットを被った途端に「は悪くない」と考えるようにできている。

イアンノーネのマネージャーであるカルロ・ペルナット[外部]がこのようにコメントしている。
イアンノーネは若い頃、家族経営のチームにいた。なにをしても許され甘やかされていた。
だからあんな具合に『自分が悪い』と考えない性格になってしまったんだ」


いくつか例を挙げていこう。

2009年サンマリノGP頭突き事件(125ccクラス)

2009年サンマリノGP(125ccクラス)が開催された。このレースが始まる前はこんな状況だった。

ランキング1位 185.0 リアン・シモン
ランキング2位 132.5 ニコラス・テロル
ランキング3位 131.5 ブラッドリー・スミス
ランキング4位 112.0 セルヒオ・ガデア
ランキング5位 109.5 アンドレア・イアンノーネ
ランキング6位 104.5 ポルエスパルガロ


レースはまずイアンノーネが飛び出し、シモンがそれに続く。ポルは中団だった。
残り12周でイアンノーネ&シモンと3番手ポルの間は2.5離れていた。
ところがイアンノーネとシモンが抜き合いをやってしまい、じわじわペースを落とす。
あきらめずに追いかけたポルは残り4周でトップ集団に追いついた。

残り3周ではポルシモンイアンノーネを抜き、一気に前に躍り出る。イアンノーネも食らいつく。

そして最終ラップイアンノーネとポルが競り合うが、わずかにポルが前に出る。
勝負所の14コーナーイアンノーネがインに入るが、並びかけるだけで前に出られない。
再びポルが抜き返し、前に出る。
残りのコーナー2つは抜きにくいコーナーなので、このままポルが勝つともが思った。
ポルが勝てば見事な追い上げ勝利になる。

ところがイアンノーネは最終16コーナー理矢理インを付こうとした。
やはり理だったようで、急にバランスを崩し転倒。外側のポルを巻き込んでしまった。

ポルは立ち上がって必死マシンを探すが、マシンが跳ね飛んでコースの外に出たことに気付き、
その場に崩れ落ちる。そして、当然のことながら激怒し、イアンノーネに抗議した。

ここでなんと加者側のイアンノーネは猛抗議してきたポルに対して怒り炸裂、ポルににじり寄って、
ヘルメットポルヘルメット一発ディングを食らわせたのだ。
このシーン映像でハッキリ捉えられた。(下の動画の7分27あたり


■sm8162120[ニコ動]



者側が謝りするのならともかく、逆ギレしてヘルメットでヘディングする・・・前代未聞であった。
加えて、レース直後に記者達の前で暴言を吐き、これまた際中継されている。

さすがにみんなに叱られたからか、レース後はポルに謝罪している[外部]

 

2010年カタルーニャGPペナルティ無視事件(Moto2クラス)


次へ»
最終更新日: 19/01/06 09:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ