ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アンドロメダ(宇宙戦艦ヤマト)


ヨミ: アンドロメダ
掲示板をミル!
42カキコ!

アンドロメダAndromeda)とは、宇宙戦艦ヤマトシリーズに登場する地球防衛軍艦隊旗艦である。


概要


な登場作品は「さらば宇宙戦艦ヤマト」「宇宙戦艦ヤマト2」「宇宙戦艦ヤマト2202」。

ガミラス帝国との戦役の後、イスカンダルよりもたらされた波動エンジンの技術を用いて建造された新戦艦戦艦強化版と言った特徴を持ち、艦首拡散波動砲2門・3連装ショックカノン4基12門(20インチとの説が有、初期波動砲並みの射程を誇る)を装備とした、ヤマトを上回る火力と防御を備えた戦艦。アンドロメダ級1番艦として建造され、就役後、直ちに地球防衛軍艦隊旗艦となる。

デザイン担当は宮武一氏で、艦デザインに悩んで松本零士氏に相談した所、戦艦に似た形状だった艦を覆う形で描き足してこの印的なデザインが生まれた。
松本くツイン波動砲二連である「ウインチスターM21」と「ウインチスターM1873」をイメージした物だと言う。

アンドロメダには宮川泰氏の手になる「新造戦艦アンドロメダ」という、固有の音楽が与えられており、同系列の曲のアレンジが多いヤマトシリーズの中では異を放つ。しかし勇壮で軽快なBGMとなっている。


作中での活躍



旧作


さらば」と「2」のいずれも最期は、白色彗星本体を相手に敗北・撃沈されてしまうが、前者においては連装拡散波動砲の威で、単独でバルゼー艦隊を撃破。後者においては土方の巧みな揮により、戦で数倍のバルゼー艦隊を、「波動砲を使わず」全滅に追い込んだ。「ヤマト」以外で敵に痛打を与えた、数少ない地球防衛軍戦闘艦。松本氏、西崎氏の「人間は最新機械に負けない」というコンセプトから、不遇な扱いを受けてしまったが、シリーズを通して屈戦闘力をもつ傑作戦艦と称しても、概ね差支えはないだろう。

な武装もさることながら、この艦の大きな特徴は、艦のコントロールが高度に自動化・化されている点である。真田志郎はその進んだ化に危険性を示唆し、「戦闘マシーン」「人間は座って、モニターを見ているだけ」と批判的であったが、これはガミラス戦役などで、人材の枯渇した防衛軍では、やむを得ない設計であったとも言える。奇しくも各種兵装の人化及び自動化は、「さらば「2」放映以降の各水上艦艇で実現されている。

余談ではあるが、「2」において防衛艦隊長官を務めた土方竜提督白色彗星帝国の圧倒的戦に抗するには、最低でも5隻のアンドロメダ級が必要」と、楽観論が強い防衛軍部を諌める場面が存在している。「2」では2番艦以降の建造中のカットがあったが、就役したかは不明である。


PS/PS2ゲーム版


PS/PS2ゲーム版シリーズではアンドロメダに加え同艦「ネメシス」(艦首波動砲が収束式に変更)。アンドロメダ」級「しゅんらん()」(山南艦長座乗、3連装拡散波動砲搭載)などが登場。どちらも性に違わぬ強な戦となってくれる。ちなみに「しゅんらん」の名はアンドロメダの初期設定が由来。

なお、アンドロメダの系譜は松本零士氏、宮武一氏の合作と言われている。


宇宙戦艦ヤマト復活篇


宇宙戦艦ヤマト復活篇」では「スーパーアンドロメダ」級という、初代の意を随所に残す設計となっている後継艦が多数存在する。これらの艦は地球艦隊の一を担い、ヤマトと共に船団護衛の任務を全うするなど、初代ほどの々しさはなかったものの、それなりに活躍している。
古代雪が艦長を務める艦が第一次移民船団の護衛艦の一隻として登場し、大きく損傷するも人でワープを行いアマールに辿り着いた。

DC版では通常のアンドロメダ級が残存救助艦隊の内惑星救助部隊の一隻として登場し、地球圏の民間人の救助にあたっていた。


宇宙戦艦ヤマト2202


宇宙戦艦ヤマト2202」では山南修艦長が艦長を務め、「アルデバラン」「アキレス」「アポロノーム」「アンタレス」の4隻の姉妹艦を伴って波動砲艦隊の徴として登場する。艦種は「前衛武装宇宙艦」。
後者の2隻は新たなデザイン空母となっており、艦上部が甲となった異色な外観となっている。
本作では異常完成さについての説明として「時間断層」なるギミックが登場し、終盤の展開に大きく関わる事となる。

重力子スプレッドと言った新たな装備を搭載し、波動砲拡散波動砲から収束波動砲へ切り替えが可など、チート戦艦の印が強まっている。ヤマト追撃の際には波動防同士で突し、都市帝国との戦いで波動砲口が大破するなどしい戦いを見せる。

土星戦の敗北後、大規模な修と修理を行い「アンドロメダ改」として再出撃した。ヤマトを思わせる配色が印的。「山南スペシャル」との称も。
波動砲口にドレッド戦艦と同様のエネルギー噴流分割整流(要するに仕切り)が追加されており、四連装拡散波動砲として機する。
高機動ノズルを各所に増設しており、最有人操艦も困難な自操艦を持つ高機動戦闘システムの試作となった。本来は人艦であったが、人運用の危険性の回避の為、山南艦長の意見を反映して艦長ただ一人と言う乗員が規定された。高機動戦闘に耐える為、乗員は強化宇宙の着用が必要となる。
の如き戦闘っぷりを見せ付け、艦っ二つになるなどボロボロになりながらしぶとく戦い、銀河の助けを得て彗星帝国重力の破壊に成功。
ヤマトロケットアンカーにて牽引して救助後、火星上で尽きた。

戦況が切羽詰って来た際には大量生産として「アンドロメダブラック」と言うタイプも登場し、名の通りカラーリングをしている。艦載機は止されたものの兵器は通常のアンドロメダ級と同様で、高機動ノズルの増設により魚雷艇並のしい機動を持つ。
艦種は「自戦闘艦」。ヤマト人艦隊と言う事でお察し下さい。

その他、空母タイプガミラス様式でライセンス生産した「ノイ・バルグレイ」他が登場し、よりガミラステイストが強くなった戦艦タイプマシマシな「アマテラス」、アンドロメダの船体に「銀河タイプの艦を載せた「アクエリアス」と言った生もチラッと出演する。


関連動画



■sm10157666[ニコ動]

■sm28842855[ニコ動]
■1493371684[ニコ動]
■sm32575199[ニコ動]


関連静画


■im1059721(静画)
■im5361371(静画)
■im7890853(静画)
■im8146399(静画)


関連商品


■azB0007TKR2U
■azB073JPN91K


関連項目



最終更新日: 19/03/10 00:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ