ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


アンブレラ


ヨミ: アンブレラ
掲示板をミル!
8カキコ!

アンブレラとは、

  1. を意味する英単
  2. バイオハザードシリーズに登場する架の会社

である。ここでは2.について記載する。


概要


バイオハザードシリーズに登場する巨大製企業で、シリーズ前半における敵組織。社名のアンブレラは「で人類を護する」という意味合いがあり、会社のマークをあしらったものになっている。

アンブレラ社は医薬品化粧品等を販売している大手製会社であり、バイオハザード世界では世界大企業としてもがその名前を知る存在となっている。しかしその裏では生物兵器の開発やウィルス兵器の開発を繰り返し、必要に応じてクライアントに売っている。そもそもアンブレラ設立の理由が、Tウイルスの有効利用なので裏業がある意味と言える。
政界や各に巨大なパイプを有し、競合他社にスパイを送り込むなど暗躍を続けている。

大企業であるため優秀な人材が多く、かつてはウィリアム・バーキンアルバート・ウェスカーもアンブレラに所属していた。また生物兵器(B.O.W.)を取り扱うやべー業務から、その生物兵器が問題を起こした際に出動するU.B.C.S.と、情報戦と破壊工作主任務とするU.S.S.という私設部隊を擁しており、さながら軍隊のような企業である。
一方、表の顔である製会社側では広く人材募集を行っており、人種柄で差別せず等に雇い入れているようだが待遇は劣悪らしい。酷い時はモルモットにされてしまうなど、やべー企業である。

世界各所に研究所を持っており、Tウイルス生物兵器実験・開発が行われている。中には常軌を逸したものや狂気に満ちたものもある。ラクーンシティにも地下研究所と郊外に工場があり、アンブレラからの出資では発展してきた。ところが地下研究所でTウイルスの流出事故が発生し、市民ゾンビ化。事態の収拾を図るためU.B.C.S.が投入されるも壊滅し、ラクーン市警も機を失った。

アンブレラ社が開発したT-ウィルスは人をゾンビに変える効果がある。
T-ウィルス以外にもG-ウィルス等を開発し、多くの生物兵器を製造していた。
それが一因となり、ラクーンシティは壊滅状態になり、滅菌作戦とともに消滅した。

アンブレラはラクーンシティの一件の後、1998年から2003年にかけ裁判が起き、
アンブレラは2004年倒産したが、アンブレラの製品は世界拡散。各地でバイオテロ等に利用された。


映画版では


原作同様、アンブレラ社は世界大企業として登場。基本的な設定は原作を踏襲している。
主人公アリスアバーナシーは元々アンブレラの情報部門に所属しており、地下研究施設ハイブの入り口「の館」を守る人員だった。

一作品バイオハザード」では製会社という表の顔を持つ一方、裏ではウイルス兵器生物兵器の開発・実験に腐心。ラクーンシティの地下にある研究施設ハイブでTウイルス実験が行われていたが、転売論んだスペンスによってTウイルスとワクチンが盗み出された上、拠隠滅としてわざとウイルスがばら撒かれ施設は壊滅した。職員498名はゾンビ化し、五時間後に来たアリスワン特殊部隊と交戦。
二作品バイオハザード アポカリプス」では、ハイブ壊滅の調をするため調隊が隔離シャッターを開くが、中から現れた大量のゾンビにより全滅。これがウイルス漏洩に繋がり、ラクーンシティは死のと化す。ところがこれを好機と見たアンブレラ社はネメシス計画を始動。追跡者を起動し、戦闘データ採集した。最後は拠隠滅と滅菌をするためラクーンシティ核ミサイルを撃ち込み、消滅させる。情報工作により表向きは原子力発電所の事故として発表された。

三作品バイオハザード」では、滅菌作戦もむなしくウイルスの封じ込めに失敗し、全世界ウイルスが波及。人類の大半がゾンビ化(劇中ではアンデッドと呼称)し、地球は荒した砂漠となった。
アンブレラ社の幹部は地下へと退避したが、地上がアンデッドに支配されているため各支部との連絡は通信のみという状況に追いやられていた。中には食料が不足して窮地に陥っている支部もあった。
アリス計画で、アリスクローン化に成功していたアンブレラ社・北支部は、Tウイルス全に適合したアリス(のクローン)から血清を採取し、アンデッド人間に戻す実験を行っていた。ところが主任アイザック博士死亡した事により頓挫した。


関連動画



■sm32686796[ニコ動]

■sm32795765[ニコ動]


最終更新日: 18/10/06 09:19
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ